ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス全選手スタートリスト ゼッケンナンバー入り

海外情報
Photo credit: Cycling Man on VisualHunt
この記事は約22分で読めます。

2023ツール・ド・フランスが7月1日に開幕。

今年の見どころは、ヨナス・ヴィンゲゴーとタデイ・ポガチャルの対決。そして、記録ではマーク・カヴェンディシュがエディ・メルクスと同じツール最多34勝から積み上げるのかが注目される。

今年の世界一のグランドツアーの優勝者は誰になるだろう。

 

多分、ゼッケンナンバーは当日にならないと最終版とはならないのはいつものことだ。一応、2回くらい確認したけど、違ってたら教えて下さい。

 

Jumbo-Visma

 

1.ヨナス・ヴィンゲゴー
2.テッシュ・ベノート
3.ウィルコ・ケルデルマン
4.セップ・クス
5.クリストフ・ラポルト
6.ワウト・ファンアールト
7.ディラン・ファンバーレ
8.ネーサンファン・フーイドンク

 

UAE Team Emirates

 

11.タデイ・ポガチャル
12.ミッケル・ビョーグ
14.フェリックス・グロスチャートナー
15.ヴェガールステイク・ラエンゲン
16.ラファウ・マイカ
17.マルク・ソレル
18.マッテオ・トレンティン
19.アダム・イェーツ

 

選手は13をつけると逆さまにしたり、上から違うナンバーを貼ったりしてたけど、ゼッケン13は不吉な番号なのでないのかな。

昨年はステファン・クライスヴァイクが13を逆につけて走っていたけど第15ステージで落車してリタイヤ。13がない理由は説明されていない。

INEOS Grenadiers

 

21.エガン・ベルナル
22.ヨナタン・カストロピエホ
23.オマール・フライレ
24.ミハウ・クフィアトコフスキ
25.ダニエル・マルティネス
26.トム・ピドコック
27.カルロス・ロドリゲス
28.ベン・ターナー

 

エースナンバーはエガン・ベルナル。総合はダニエル・マルティネスか、カルロス・ロドリゲスか、トム・ピドコックが狙うのだろうか。これはレースが始まってみないとわかりそうもない。

 

Groupama – FDJ

 

31.ダヴィ・ゴデュ
32.ケヴィン・ゲニッツ
33.シュテファン・キュング
34.オリヴィエ・ルガック
35.ヴァランタン・マデュアス
36.クエンティン・パチャー
37.ティボー・ピノ
38.ラース・ファンデンベルフ

 

今シーズンで引退のティボー・ピノは2023ジロ総合5位。山岳賞獲得して最後のツールも走る。

 

EF Education-EasyPost

 

41.リチャル・カラパス
42.アンドレイ・アマドール
43.アルベルト・ベッティオル
44.エスデバン・チャベス
45.マグナス・コルトニールセン
46.ニールソン・ポーレス
47.ジェームス・ショー
48.リゴベルト・ウラン

 

Soudal – Quick Step

 

51.ジュリアン・アラフィリップ
52.カスパー・アスグリーン
53.レミ・カヴァニャ
54.ティム・デクレル
55.ドリース・デヴァイナンス
56.ファビオ・ヤコブセン
57.イヴ・ランパールト
58.ミケル・モルコフ

 

ジュリアン・アラフィリップが山岳賞でも狙ってくると面白いのだけど。

 

Bahrain Victorious

 

62.ミケル・ランダ
63.ニキアス・アルント
64.ヒィル・バウハウス
65.ジャック・ヘイグ
66.ペッリョ・ビルバオ
67.マテイ・モホリッチ
68.ワウト・プールス
69.フレッド・ライト

 

エースナンバーの61番がない。これは亡くなったジーノ・マーダーに対してチームが敬意を示しているため。

 

BORA-hansgrohe

 

71.ジェイ・ヒンドリー
72.エマヌエル・ブッフマン
73.マルコ・ハーラー
74.ボブ・ユンゲルス
75.パトリック・コンラット
76.ヨルディ・メイウス
77.ニルス・ポリッツ
78.ダニー・ファンポッペル

 

Lidl-Trek

 

81.ジュリオ・チッコーネ
82.トニー・ガロパン
83.マティアス・スケルモースイェンセン
84.アレックス・キルッシュ
85.フアン・ロペス
86.マッズ・ピーダスン
87.クイン・シモンズ
88.ジャスバー・ストゥイヴェン

 

エースナンバーはジュリオ・チッコーネ。好調なマティアス・スケルモースイェンセンと、どちらが総合上位を目指す保護されたライダーとなるだろう。

 

AG2R Citroën Team

 

91.ベン・オコナー
92.クレマント・ベルテ
93.ブノワ・コヌフロワ
94.スタン・デウルフ
95.フェリックス・ガル
96.オリバー・ナーセン
97.オレリアン・パレパントル
98.ナンズ・ピーターズ

 

Alpecin-Deceuninck

 

101.マチュー・ファンデルプール
102.シルヴァン・ディリエ
103.ミヒャエル・ゴグル
104.クイントン・ヘルマンス
105.セーアン・クラーウアナスン
106.ジャスパー・フィリップセン
107.ジョナス・リカールト
108.ラモン・シンケルダム

 

Intermarché – Circus – Wanty

 

111.ビニヤム・ギルマイ
112.リリアン・カルメージャヌ
113.ルイ・コスタ
114.ルイス・メインチェス
115.アドリアン・プティ
116.ディオン・スミス
117.マイク・テウニッセン
118.ゲオルク・ツィンマーマン

 

Cofidis

 

121.ギヨーム・マルタン
122.ブライアン・コカール
123.シモン・ゲシュケ
124.ヨン・イサギレ
125.ヴィクトル・ラフェ
126.アントニー・ぺレス
127.アレクシー・ルナール
128.アクセル・ザングレ

 

Movistar Team

 

131.エンリク・マス
132.ルーベン・ゲレイロ
133.アレックス・アランブル
134.ゴルカ・イサギレ
135.マッティオ・ヨルゲルソン
136.グレゴール・ミュールベルガー
137.ネルソン・オリヴィラ
138.アントニオ・ペドレロ

 

エンリク・マスはブエルタに照準を合わせているようで、ツールでの調子は未知数。マッティオ・ヨルゲルソンが逃げて勝利を狙ってくるはず。

 

Team dsm – firmenich

 

141.ロマン・バルデ
142.ジョン・デゲンコルプ
143.マシュー・デーナム
144.アレックス・エドモンソン
145.ニルス・エークホフ
146.クリス・ハミルトン
147.ケヴィン・ファルマーケ
148.サム・ウェルスフォード

 

Israel – Premier Tech

 

151.マイケル・ウッズ
152.ギョーム・ボワヴァン
153.サイモン・クラーク
154.ユーゴ・ウル
155.クリスツ・ニーランズ
156.ニック・シュルツ
157. コービン・ストロング
158.ディラン・トゥーンス

 

Team Jayco AlUla

 

161.サイモン・イェーツ
162.ローソン・クラドック
163.ルーク・ダーブリッジ
164.ディラン・フルーネウェーヘン
165.クリス・ハーパー
166.クリストファー・ユールイェンセン
167.ルカ・メズゲッツ
168.エルマール・ラインデルス

 

Team Arkéa Samsic

 

171.ワレン・バルギル
172.イエンセ・ビエルマンス
173.クレマン・シャンプッサン
174.アントニー・ドゥラプラス
175.シモン・グリエルミ
176.マティス・ルーヴェル
177.ルーカ・モッツァート
178.ローラン・ピション

 

Bianchiのバイクもスペシャルカラーに。

 

Lotto-Dstny

 

181.カレブ・ユアン
182.ヴィクトール・カンペナールツ
183.ジャスパー・デブイスト
184.パスカル・エーンクホーン
185.フレデリック・フリソン
186.ジャコポ・グアルニエーリ
187.マキシム・ファンジルス
188.フロリアン・フェルメルシュ

 

Astana Qazaqstan Team

 

191.マーク・カヴェンディシュ
192.ケース・ボル
193.ダビ・デラクラス
194. エフゲニー・フェドロフ
195.アレクセイ・ルチェンコ
196.ジャンニ・モスコン
197.ルイスレオン・サンチェス
198.アロルド・テハダ

 

マーク・カヴェンディシュのNetflixドキュメンタリーのためにも、ツール最多勝35を達成するのがチームの目標となる。ジロのように最終ステージで達成だと本当にドラマチックなのだけど。

 

Uno-X Pro Cycling Team

 

201.アレクサンダー・クリストフ
202.ヨナス・アブラハムセン
203.アントン・チャーミグ
204.トビアスハラン・ヨハンネセン
205.ラスムス・ティレル
206.トースタイン・トレーエン
207.ソーレン・ヴァーレンショルト
208.ヨナス・グレゴー

 

ツール初出場で勝利に手が届くだろうか。

 

TotalEnergies

 

211.ピーター・サガン
212.エドヴァルド・ボアッソンハーゲン
213.マチュー・プルドゴー
214.ステフ・クラス
215. ヴァランタン・フェロン
216.ピエール・ラトゥール
217.ダニエル・オス
218.アントニー・テュルジス

 

サガンも最後のステージとなる。スプリントで1勝出来るだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました