ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス Alpecin-Deceuninckのメンバー マチュー・ファンデルプールはイエローとなるか?

海外情報
Photo credit: Martino Photography on Visualhunt.com
この記事は約8分で読めます。

マチュー・ファンデルプール一人のチームから大きく変貌をしているAlpecin-Deceuninck。

スプリンターでは、ジャスパー・フィリップセン、そしてTeam BikeExchange-jaycoから移籍したカーデン・グローブスも、今シーズン4勝をあげる活躍。

シーズン序盤こそ、勝利がなく不安視されたが、現在は17勝。そして、UCI獲得ポイントも8位まで順位をあげている。

 

スポンサーリンク

Alpecin-Deceuninckのメンバー

 

101.マチュー・ファンデルプール
102.シルヴァン・ディリエ
103.ミヒャエル・ゴグル
104.クイントン・ヘルマンス
105.セーアン・クラーウアナスン
106.ジャスパー・フィリップセン
107.ジョナス・リカールト
108.ラモン・シンケルダム

 

マチュー・ファンデルプール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MVDP(@mathieuvanderpoel)がシェアした投稿

 

2023世界選手権シクロクロスをライバルのワウト・ファンアールトを破って5度目の制覇。

 

その後、十分な休養をとってストラーデビアンケとティレーノ〜アドリアティコのステージレースをこなす。ただ、ロードで力を発揮するには数レースが必要なことはマチューも知っている。

 

十分な助走から、ミラノ~サンレモで見事に勝利してみせた。ボッジョの登りでの抜け出しは誰もついていけるスピードではなかった。史上最速のスピードなのだから当然だ。

 

以下では、アタックの瞬間の別角度から撮られた映像も見られるが、凄いスピードだ。後ろのタデイ・ポガチャルとのスピード差がわかるものだ。

 

E3サクソクラシックでは、ワウト・ファンアールトにスプリントで惜敗。

 

ロンド・ファン・フラーンデレンでは、タデイ・ポガチャルの登りでのアタックに追従出来ず2位。クラシック3強とも言って良い、マチュー、タディの戦いが見られた。

 

そして、パリ~ルーベでは圧巻の走りを披露。ただ、ワウト・ファンアールトのパンクがなければ、レースの結果は違っていたかもしれない。

 

マチューはモニュメント2冠を達成するという快挙だ。バロワーズベルギーツアーでも、第4ステージの逃げ切り勝利と共に総合優勝も獲得。

 

だが、本人が熱望していたオランダ選手権のタイトルはJumbo-Vismaのディラン・ファンバーレとオラフ・コーイに阻まれた。流石に、ここはチーム力に負けてしまう。

マチューは、昨年のツールではジロとのダブルで力を発揮することなくリタイヤ。何事もやり過ぎは良くない。今年は、完全にレースを絞って調整しており、ツールへの備えも万全だ。

誰もが狙う第1ステージの登りゴール。マチュー・ファンデルプールが先頭に立って飛び込んでくる姿が見られるだろうか。

主催者は、第1ステージの途中のボーナスタイム8秒を土壇場で削除した。こうすることで、ゴールを制したライダーがイエロージャージとなる。

 

ジャスパー・フィリップセン

 

今年のツールでプロトン最強のスプリントコンビとなりそうなのがマチュー・ファンデルプールとジャスパー・フィリップセンの組み合わせだ。

ジャスパー・フィリップセン自身、パリ~ルーベで見せたように石畳もこなすことが出来る、シクロクロスもこなすファイター。

昨年のツールでは、第15ステージと第21ステージで勝利。第4ステージの2位で間違ってガッツポーズをしたのは愛嬌と言っても良いかも。Netflixでも取り上げられてましたね。

今シーズンは、ティレーノ〜アドリアティコ第3ステージと第7ステージで勝利。第3ステージではマチューの渾身の引きが実っている。

 

ベルギーでおこなわれたスプリンターズクラシックのミネルヴァ・クラシック・ブルージュ・デ・パンネが凄かった。

雨の中、パンクしても単独で追いつき、アタックを連発。最後は4人の逃げからオラフ・コーイを寄せ付けないスプリント勝利。しびれるレースを見せてくれた。

 

フィリップセンの勝利は止まらない。非公式スプリンターズ世界選手権とも言われているシュヘルデプライスも制する。

 

続く、パリ~ルーベではマチュー・ファンデルプールを引きまくり、鬼神の走りをみせてスプリントではワウト・ファンアールトを破って2位に輝く。ファイターであるところを存分に見せつけてくれた。

 

エルフステッドロンデ・ブルージュでは、カレブ・ユアン、ファビオ・ヤコブセンとツールで対戦するライダーを打ち破っている。

 

バロワーズ・ベルギーツアー第1ステージでも勝利しており、今シーズン6勝。ツールでは、最強のスプリンターの座をかけて戦うが、最速と思われるリードアウト、マチュー・ファンデルプールと組むと最強のコンビとなる。

フィリップセンは、昨年のステージ2勝を上回る勝利をチームにもたらすだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました