ロードバイクの情報を発信しています!

e-bike

機材情報

工具不要で、どんな自転車も電動自転車になるeバイクコンバーターPikaBoost

これは中々面白い発案だ。 工具不要で、シートポストに取り付けて、タイヤを回すというアイディア。どれだれパワーがあるかは疑問だけど、面白いかも。 まだ、販売されてないけど、来月からKickstarterで先行販売される。 PikaB...
機材情報

アマゾンやアリババ、eBayなどで、疑わしい違法な電動自転車充電器が販売 火災につながることも

アマゾン、eBay、Wish.com、AliExpressで、違法で非常に危険な充電デバイスを販売していたことが明らかになった。 4つのウェブサイトで合計59件の違法で危険な電動自転車充電器が見つかったという。 充電器自体が、電動自転車...
機材情報

高級自動車ブランドARES Modenaから完全ステルスなエアロEロード Ares Aero登場

HPRと高級自動車会社ARES Modenaのコラボレーションによる初のeロードバイク、Ares Aeroが登場だ。 Ares Aeroは、チューブを現代的な万能エアロロードバイクに作り変えており、200W HPSモーターシステムは、ごく...
スポンサーリンク
機材情報

ブロンプトンから同社最軽量の電動折りたたみ自転車Electric P Line登場

英国の折りたたみ自転車ブランドのブロンプトン(Brompton)から、同社史上最軽量となる電動折りたたみ自転車Electric P Lineが発表された。 Electric P Lineは、「次のレベルの自由」を与え、「街中やその先をでき...
機材情報

これは面白い! ディスクブレーキ仕様の自転車をe-BIKEに変えるSkarperDiskDriveシステム

これは凄い! ディスクブレーキモデルの自転車が欲しくなる製品だ。 ディスクブレーキがついている自転車ならば、ホイールやフレームを変えることなくe-BIKEになってしまう製品の登場だ。 前にも、同じようなシステムで、Bimotal El...
機材情報

Hummingbirdから、亜麻繊維を使用した世界初の折りたたみ電動自転車Hummingbird Flax登場

Hummingbirdは、世界最軽量の折りたたみ自転車のメーカーとして名を馳せている。 ただし、今回の特徴は、フレーム素材が亜麻繊維であるということ。Hummingbird Flaxは、完全に亜麻繊維で作られた世界初の折りたたみ式フレーム...
機材情報

Scottから軽量化されたSCOTT ADDICT eRIDE登場

2年前の夏、Scottは250WhバッテリーとMahle X35ハブモーターをカーボン製のAddict eRIDEに搭載し、当時「世界最軽量のeロードバイク」と称されたバイクを完成させていた。 今回、マーレ(Mahle...
機材情報

Wilierから世界最軽量のMahle X20モーターを搭載したFilante Hybrid e-roadバイク登場

Wilierは、マーレの新しいX20モーターである「世界最軽量のペダルアシストシステム」を搭載したFilante Hybrid e-roadバイクを発売。 改善されたバッテリー管理と空気力学のための統合により、8%のエネルギー節約がもたら...
機材情報

電動自転車のバッテリーが発火して自転車ショップが消失

電動バッテリーが充電中に火災を起こすということで、たまにバッテリーのリコールがある。 該当するバッテリーを保有している場合には注意が必要だ。 だが、この電動バッテリーの充電中に発火して自転車店が火災してしまうという事態が起こってしまった...
機材情報

HONBIKE PROから世界初のシャフトドライブ搭載で折りたたみ可能なおしゃれな電動自転車HonBike HF01

HONBIKE PROがクラウドファンディングで公開している、全く新しいコンセプトの電動バイクHonBike HF01 e-bikeの紹介。 よくみると、フロントフォークも片側しかない。しかも、チェーンはシャフトドライブになっているので、...
2022.03.24
機材情報

2022年の最高の電動ロードバイクはどれだ?  ロードバイクと見分けがつかないステルスバイク

E-BIKEの人気は、いまさら説明するまでもないだろう。 今では、坂を上るママチャリのほとんどが電動だ。ロードではヤマハの電動ロードをみかけるが、米国にも進出している。 最近はリアハブモーターになっているので電動ロー...
機材情報

モーターバイクブランドのドゥカティからE-Roadバイク Ducati Futa登場

モーターバイクブランドのドゥカティからE-RoadバイクDucati Futatが登場。 FUTA(フータ)。この名前は、フィレンツェとボローニャを結ぶアペニン山脈を横断する道路で、ドゥカティの全製品のテストが行われるFuta峠にちなんで...
機材情報

チェーンもベルトもない電動自転車ドライブシステム「フリードライブ」が発表

これは新しい電動自転車の形となるのだろうか? ついに、チェーンもベルトも使わない電動自転車システムが、ドイツの産業用ベアリングメーカーのシェフラーと電動自転車駆動列メーカーのハイツマンから発表された。 チェーンもなしで、どうやって動くの...
機材情報

Z-Tritonから電動自転車で引っ張る水陸両用キャンプトライク Z-TRITON 2.0登場 

Z-Tritonは、2020年から進化したバージョンのZ-TRITON 2.0を販売開始。 電動自転車ながら、海は無理だけど、湖ならば走れるボートに変身。 二人が並んで寝ることが出来るテントの役割も果たしてくれる。 Z-TRITO...
機材情報

10,000人が時速50km/h出るVanMoof V電動自転車を予約

昨年、発表されたVanMoof V電動自転車の予約が10,000人を超えている。 日本でも2023年に発売される予定だけど、この電動自転車は時速50km/h出てしまう。 オランダのVanMoofは、発表と同時に欧州での電動自転車の制限速...
海外情報

ヤマハがHero Motorsとコラボしてハブドライブ市場に参入

ヤマハは電動ロードバイクYPJ-ERや、クロスバイクの電動自転車を発売している。 今後も、電動自転車の需要は高まり続け、生産台数も上がっていくだろう。 ヤマハはインドのHero Motorsとコラボレーションして電動自転車のハブドライブ...
海外情報

2022年にドバイで始まる新しい電動自転車レースシリーズ

2022年に新しいE-Bikeグランプリシリーズがドバイで始まり、全体で10ラウンドが予定されている。 E-Bikeグランプリシリーズ(EBK GP)には、10のフランチャイズチームが参加。 EBK GPは、e-bikeテクノロジーを活...
機材情報

完全密閉型のStorck x PodBike Frikar 電動自転車の未来の形か?

ドイツの自転車会社Storckとノルウェーのマイクロモビリティの新興企業Podbikeが協力して、完全密閉型のStorck x PodBike Frikarを開発した。 ペダルがあり、カウルで密閉出来るので雨の日でも乗車可能だ。ただ、真夏...
機材情報

世界最軽量の市販e-roadバイク ARESx HPS Super Leggera登場

イタリアのARESは、HPSと2年間の研究開発で頭を合わせて、重量がわずか9 kgのカーボンファイバー製eロードバイクARESx HPS Super Leggeraを製造した。 これまでの市販の最軽量e-rosdはRibble Endur...
機材情報

Urwahnから3DプリントされたシートチューブのないWald wiesel.Ee-bike登場

Urwahnバイクから、スチールフレームでありながら3Dプリントされたシート チューブのないWald wiesel.Ee-bikeが発表された。 Urwahnは、これまでもシートチューブのない、シティバイク、ロードバイク、グラベルバイクを...
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました