ロードバイクの情報を発信しています!

機材情報

機材情報

SelleItaliaからオフロードバイク用に設計されたSelleItalia X-Bow登場

Selle Italiaの新しいX-Bowサドルは、オフロードでの安定性とサポートの向上を求めるライダーのために特別に開発された。 これは、砂利、トレイル、エンデューロ、および電動自転車のライダーを対象としており、レールをサドルに固定する...
機材情報

世界的な自転車とパーツ不足は、ワールドツアーチームにも影響を与える

世界的なバイクやコンポーネントの不足により、ユーザーは新しいバイクやお気に入りのブランドを手に入れるために、通常よりもずっと長い時間待つことを余儀なくされている。 このサプライチェーンの問題と製品不足は、いくつかのワールドツアーチームにも...
機材情報

Tailfinから、とても短いケージTailfin Mini Cage登場

Tailfinは、バイクパッキングに便利な、Mini Cage(ミニケージ)と呼ばれるとても短いケージを発表した。 使い方としては、上の写真のようにタイヤチューブを積載しても良いけれど、ダウンチューブなどに取り付けて使うのが良いだろう。 ...
スポンサーリンク
機材情報

SPD-SLおよびSPD用のクリップレスペダルアダプター Pocket Pedals

ロードバイクやマウンテンバイクに、SPDペダルやSPD-SLをつけている人は多い。 ただ、街中を運動靴などでカジュアルに乗りたい時には、ちょっとSPDペダルでは漕ぐのが難しい。 このPocket Pedalsは、簡単に取り付けてフラット...
2021.11.28
機材情報

Nex-Genから安価なV7 CFホイールセット登場

Nex-Gen Sportsは安価な、V7 CFホイールセットを発表。 同社は、TeXtremeInnegraスプレッドトウファイバーで作られたAeroV7グラベルホイールセットを販売していた。 今回のV7 CFホイール...
機材情報

幅の狭いハンドルで得られるエアロ効果は? デメリットは何だろうか?

プロの世界ではハンドル幅の狭いものを使うライダーが増えている。ハンドルがフレアになっているライダーのなんと多いことか。 逃げているライダーの中には、狭いハンドルに投影面積が小さくなったボジションで乗っていることが多い。 ...
2021.11.27
機材情報

Serottaから、チタングラベルバイクScappero登場

アメリカの伝説的なフレームビルダー、Ben Serottaは8年振りにブランドを再開し、新作チタングラベルバイクScapperoを発表している。 創設者のベン・セロッタ(Ben Serotta)にちなんで名付けられた同社は、1972年に設...
機材情報

世界最大音量の自転車ホーンHornit DB140 危険回避してくれて世界で4億円の売り上げ

ホーニット(Hornit)は、元弁護士でアイアンマンのトライアスリートであるトム・ド・ペレによって2012年に設立されたブランド。 ロンドンで7年間自転車通勤していた時に、革新的なサイクリング製品の市場にギャップがあることに気づいて様々な...
機材情報

THE SHOE DRがNIKEとコラボして、マーク・カヴェンディシュのカスタムシューズ作成

北アイルランドのデザイナー、シア・グリボン(Shea Gribbon)は、ナイキと協力して、今年のツール・ド・フランスでのマーク・カヴェンディッシュの歴史的な記録を祝うシューズをデザインした。 シア・グリボンは、プロとアマチュアのライダー...
機材情報

MAAPから、真夏のプロビブショーツ2.0が発売された理由とは?

サイクリングアパレルブランドのMAAPの拠点は、オーストラリアのメルボルンにある。 オーストラリアは、これから夏のシーズン。だから、夏のPro Bib 2.0のニュースが届いてきた。 これからの夏となるで、オーストラリア選手権は1月に行...
機材情報

Quintana Rooから軽量化されたQuintanaRoo V-PRトライバイク登場

Quintana Rooは1984年以来一貫してトライアスロン専門のバイクを作り続けてきたアメリカブランド。 V-PRは、空気力学、フィット範囲、バイクの納品方法を改善しながら、重量を2,169gと大幅に削減するまったく新しいデザインを特...
機材情報

Zwiftは最新のアップデートで、MakuriIslandsの世界にNeokyoが追加

Zwiftは、5月に日本文化にインスパイアされた「夢路」を発表していた。 Zwiftはまたも新しいコースを発表したのだけど、日本の東京をイメージしたようなNEOKYOのコースを新たに追加した。 NEOKYO ...
2021.11.21
機材情報

LIGHTWEIGHTから1230gの軽量Obermayer Evo ディスクホイール登場

ドイツのLIGHTWEIGHTから軽量なディスク対応のObermayer Evoが登場した。 このObermayer Evoホイールは、Lightweight社の共同設立者であり、発明者でもあるハインツ・オーバーマイヤーへのオマージュだ。...
2021.11.21
機材情報

Canyonは、Aeroadバイクの価格を大幅に値下げ しかし購入が~

ドイツのダイレクト販売のバイクブランド、CanyonがAeroad CF SL 8 Discの価格を大幅に下げている。 具体的には、4,149ポンドだったが、現在は3,699ポンド(約56万円)となっている。 現在は、パーツの在庫不足、...
2021.11.21
機材情報

トレックはSpeedConceptタイムトライアルバイクを更新 コナのコースで6分タイム短縮

トレックのSpeedConceptの新型バイクは、すでに6月のクリテリウム・ドーフィネで目撃されていたが、正式に発表となった。 7年振りのアップデートでは、45km/hで16W節約でき、トライアスロン、アンアンマンのコース180kmでは6...
機材情報

ブロンプトンがスチールより1.5kg軽量なP Lineバイクをリリース

英国の折りたたみ自転車ブランドのブロンプトン(Brompton)から、軽量となったP Lineバイクがリリースされた。 2015年にスーパーライトモデルが発売されていたけれど、これよりも1.5kgも軽量となって持ち運びに便利になっている。...
機材情報

SilcaからShiamano SPDペダル用のチタンクリート 重量半分で4倍の耐久性

Silcaは3Dプリントされた、チタンMTB / CX / Gravelクリートを作成した。 重量は従来の2分の1で、耐久性は真ちゅう製クリートの4倍になるという。 チタン製クリートの主なメリットは強度の向上であり、これらは標準の真ちゅ...
機材情報

Shimanoは、アームにひびが入ったという報告でも、Hollowtechクランクの問題を否定

クランクが折れたり、ヒビが入ったりするというのは通常は考えられないことだけど、私の身近でもお仲間がShimanoクランクを折っている。 シマノのクランクは中空構造のHollowtechになっているが、これが設計上の問題があるのではないかと...
機材情報

LOOKから、究極の空力効率を実現する最新のトラックフレームLOOK 895 VITESSE

フランスのブランドLOOKCyclingは、最新のトラックフレームセットである895 Vitesseを発表した。 フレームセットは、LOOKが「剛性、空気力学、美学を提供する」と信じている最先端のデザインを備えた完全なモノブロック構造。 ...
機材情報

サガンも使用する100%から、EastcraftとWestcraftのスタイリッシュなサングラスが登場

100%から、次世代のスポーツ・パフォーマンスサングラス、EastcraftとWestcraftの2種類が発表された。 この新しいコレクションは、豊かなレースの伝統をベースに、革新的なテクノロジーを駆使して、さまざまなスポーツ分野を超越し...
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました