ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第21ステージ 最終個人タイムトライヤルを制したライダーは誰か?

海外情報
Photo credit: Richard Ricciardi on VisualHunt
この記事は約15分で読めます。

長かったジロ・デ・イタリアも最終日。

昨日のステージでは、最も期待されたサイモン・イェーツがまさかの失速。疲れがあったとも言っているけど、山岳での冷たい雨は、確実に彼の太陽エネルギーを奪ったのではないかな。

天気が良くて山岳でも、もう少し気温が高ければ調子は違っていたように思うのは私だけかな。

最終的には、イネオスのチーム力にベルナルは救われた形となった。実際にジロが終われば背中の状態についても話をしてくれるだろう。

さて、表彰台の順位は変わらないかもしれないが、総合10位までは変わりそうだ。要注目はクイックステップのアルメイダと、ユンボ・ヴィズマのトビアス・ファスだ。

第1ステージと同様の力を発揮できると大きく総合順位を上げそうだ。

 

スポンサーリンク

第21ステージ セナーゴ~ミラノ 30.3㎞

コースマップ photo giroditalia

 

スタート地点は、ミラノ北西部のセナーゴでジロでは初めてスタート地点となる。スタート直後こそ、カーブが連続しているが、後半には長い直線もありタイムトライヤルスペシャリスト向きだ。

中間タイム計測はスタートから9km地点。次の計測は更に10km進んだ地点で行われる。ゴール前も3回のカーブがあるので落車のないように願いたい。

 

第21ステージ photo giroditalia

 

コースは全くのフラット。なだらかに下っており、スタートからゴールでは50mほど標高が違う。登りが全くないので、クライマーは大きくタイムを失いそうだ。

 

エリア・ヴィヴィアーニ

photo Tiz-cyclingストリーミングスクリーンショット 以下同様

 

エリア・ヴィヴィアーニは、このジロではトップ10フニッシュはするのだけど、勝利には全く絡めなかった。第2ステージと第5ステージの3位が最高位。

Cofidis, Solutions Créditsに移籍して、今年は初めての1勝をあげたがその後が続かない。

 

ゴールではVサイン。ツール・ド・フランスでは勝利をつかむことが出来るかな。

 

フィリッポ・ガンナ

トップガンナことフィリッポ・ガンナ登場。第1ステージの優勝に続いて勝利なるか。

 

フロントホイールのハブのエンド キャップがUCIから違反だと言われているけど、見てもわからん。ホイールは一緒なので、エンドキャップだけ変えているみたい。

 

そして、こちらの画像でもわかるように腕に縦のラインが見える。これは、スキンスーツの下のベースレイヤーで、エアロストリップが付いている。これは流石にUCIも禁止しないだろう。効果のほどはわからないけど。

 

なんと、ガンナはラスト3kmでパンクでバイク交換。これは大きなタイムロスだ。

 

ガンナは、34分49秒。53.592km/hでホットシートに座る。ガンナの右膝のテーピングが気になる。少し膝を痛めているのだろうか?

後続では、レミ・カヴァニャのタイムが気になる。ゴール後はパンクのために少し不機嫌。

 

サガン

サガンは、マリア・チクラミーノジャージでスタート。TTバイクもフレームはカスタムペイントされているようだ。

ただ、ガンナと同じ時に走っているのでバイクは全く写らず。ロートバイクはみせてくれている。

 

サガンは無事にゴール。これでマリア・チクラミーノ獲得。ジロでは初めての獲得となった。ツール・ド・フランスではサム・ベネットと対決することになる。

 

エドアルド・アッフィニ

第1ステージ2位となっていたエドアルド・アッフィニ。第1中間地点は10分34秒で通過。ガンナから16秒遅れている。

 

最後に追い込んできて34分1秒でゴール。av53.439km/h。暫定2位で後ろのライダーを待つことになる。ガンナからは12秒遅れ。

 

ジョフリー・ブシャール

山岳賞を見事に獲得。2019ブエルタでの山岳賞につづいて2度目の山岳賞だ。

このジロの間、私はなんとか順位を上げることができた。主な挑戦者はエガン・ベルナルだったが、彼は主にジロの勝利に関心があり、他の優先事項もあった。

20ステージも少し運が良かったが、このジャージのために一生懸命戦かった。やったよ!

 

レミ・カヴァニャ

レミ・カヴァニャは第1中間計測を10分32秒の暫定3位で通過。ガンナから14秒遅れている。後半ガンナはパンクしているので、ここからどうなるかだ。

 

 

ただ、レミ・カヴァニャはゴール手前でカーブを曲がり切れずに落車してしまう。
 

レミ・カヴァニャは落車したが、ゴールタイムは34分。av53.452km/hでガンナから12秒遅れの暫定2位。

ゴール後にレミ・カヴァニャは背中を押さえていた。落車がなければもう少しタイムは縮まっていたか、カヴァニャのほうが速かったかもしれない。

レミ・カヴァニャの今年のTTは何度かアクシデントに見舞われている。

 

ヴィチェンツァオ・ニバリ

 

メッシーナのサメ、ヴィチェンツァオ・ニバリは手首の骨折から強硬して出場。ジロでも2度は落車している。

2度のジロ制覇をしたニバリにとって、総合18位は不本意だろう。ツール・ド・フランスでは復活出来るかな。

 

ロレンツォ・フォルトゥナート

第14ステージのゾンコランの登りでEOLO-Kometaに待望の1勝をプレゼントしたロレンツォ・フォルトゥナート。

総合でも14位と登りの強さは素晴らしいものがある。第20ステージからアルベルト・コンタドールのブラントのAURUM MAGMAのカスタムペイントバイクに乗っている。

 

ジャンニ・モスコン

 

ジロでは良いアシストを見せていたジャンニ・モスコン。なんとTTでも9位でゴール。総合24位となっている。

問題行為は多いけれども実力は間違いない。

 

ジョアン・アルメイダ

アルメイダは、TTの力を発揮して、ステージ5位となる。ガンナから27秒遅れで収めており、総合では2つ順位をあげて、6位となった。

前半戦遅れずに、レムコ・エヴェネプールのアシストとならなければ、もっと良い順位だったのは間違いない。来シーズンはどこに移籍となるかな。

 

ロマン・バルデ

 

第20ステージは、優勝する気満々だったのだが、最後はダミアノーノ・カルーゾの走りに圧倒された。総合では、5位から7位に落ちてしまう。やはり、課題はTTだ。

ツールには出場せず、ブエルタに照準を合わせている。当然、オリンピックも狙ってくるだろう。

 

アレクサンドル・ウラソフ

  

アレクサンドル・ウラソフがスタート。TTはそれほど不得意ではない。目標は総合順位のキープとなるだろう。

 

 

アレクサンドル・ウラソフは、ステージ19位とあまり良い走りはできなかった。だが、総合4位はがっちりとキープ。

昨年のジロは、腹痛のためにリタイヤしており雪辱が果たせたのではないかな。

 

サイモン・イェーツ

サイモン・イェーツも前半戦の天候にやられた一人だ。

 

2018年のジロのように21位まで崩れることはなかった。前半の体調不良がなければ、ベルナルに対してもっとプレッシャーをかけれていただろう。

そのまま、ツール・ド・フランスにも出場するが、こちらではステージ狙いだろうか?

 

ダミアノーノ・カルーゾ

昨日のステージで素晴らしい走りをみせたダミアノーノ・カルーゾ。計画にない走りだったが、下りからのペースアップで抜け出したのはリスクはあったが、見事に成功した。

 

ダミアノーノ・カルーゾのTTは速い。スペシャリストではないが、このステージではどこまでベルナルとのタイムを縮められるのか注目された。

 

   

ゴールではガッツボーズ。スタート前1分59秒だったタイム差を1分29秒まで30秒も縮めることが出来た。

彼にとってこれはキャリア最大の成績であり、アシストという立場だが、実力はエース級であることの証明となった。

今後の出場レースの予定は、決まってないがグランドツールのエースを任せても良いではないかな。それくらい安定している。

 

エガン・ベルナル

落車しなければ、エガン・ベルナルの総合は間違いない。

 

この細い身体のどこに、パワーが秘められているのか。TTは背中の痛みのために練習出来ていないというが、この姿勢は背中には良くないだろう。

 

ベルナルのスペアバイクもピンクに染まっている。

 

ベルナルは、ステージ24位と素晴らしい走り。勝利を確信してバンザイゴールとなった。

2019ツール・ド・フランスの勝利から2度目のグランツール制覇だ。次の予定はブエルタだが、この時には背中の問題も万全となっているだろう。

前半戦のような戦い方が出来れば、見ている側は面白いけど、身体の問題もあるので無理は良くない。後半は疲れと、背中の痛みもあったはずだ。

完全な状態にして、守るベルナルでなく、攻撃的なベルナルの姿をブエルタでは見せて貰いたい。

 

こちらはハイライト動画
Giro d'Italia Stage 21 Highlights

 

リザルト

第21ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTimeAvg
1 GANNA FilippoINEOS Grenadiers100800:33:4853.787
2 CAVAGNA RémiDeceuninck – Quick Step40500:1253.471
3 AFFINI EdoardoTeam Jumbo-Visma20350:1353.444
4 SOBRERO MatteoAstana – Premier Tech12250:1453.418
5 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step4180:2753.080
6 WALSCHEID MaxTeam Qhubeka ASSOS 150:3352.926
7 BETTIOL AlbertoEF Education – Nippo 120:3452.900
8 TRATNIK JanBahrain – Victorious 100:4252.696
9 MOSCON GianniINEOS Grenadiers 80:4452.645
10 KEISSE IljoDeceuninck – Quick Step 60:4752.569

ガンナは、レミ・カヴァニャの落車に助けられた感じもするけど、ガンナもパンクしているので、お互い様かな。TTに強いガンナは当分続きそうですね。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
11 BERNAL EganINEOS Grenadiers85040086:17:28
22 CARUSO DamianoBahrain – Victorious6802901:29
33 YATES SimonTeam BikeExchange5752404:15
44 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech4602206:40
56▲1 MARTÍNEZ Daniel FelipeINEOS Grenadiers3802007:24
68▲2 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step320190,,
75▼2 BARDET RomainTeam DSM2601808:05
87▼1 CARTHY HughEF Education – Nippo2201708:56
99 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma18016011:44
1010 MARTIN DanIsrael Start-Up Nation14015018:35

ダニエル・マルティネスはジロのMVPと言ってもよいかも。最後も得意のTTで順位を上げてきた。彼もこれまでの最高順位だ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 SAGAN PeterBORA – hansgrohe136
22 CIMOLAI DavideIsrael Start-Up Nation118
33 GAVIRIA FernandoUAE-Team Emirates116
44 VIVIANI EliaCofidis, Solutions Crédits86
55 BERNAL EganINEOS Grenadiers80
66 DE BONDT DriesAlpecin-Fenix71
77 PASQUALON AndreaIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux61
88 CONSONNI SimoneCofidis, Solutions Crédits60
912▲3 AFFINI EdoardoTeam Jumbo-Visma59
1010 BETTIOL AlbertoEF Education – Nippo57

サガンは息子と一緒に表彰台に。ゆっくり休んでツール・ド・フランスだ。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 BOUCHARD GeoffreyAG2R Citroën Team184
22 BERNAL EganINEOS Grenadiers140
33 CARUSO DamianoBahrain – Victorious99
44 MARTIN DanIsrael Start-Up Nation83
55 YATES SimonTeam BikeExchange61
66 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step54
77 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo53
88 FORTUNATO LorenzoEOLO-Kometa52
99 BARDET RomainTeam DSM49
1010 STORER MichaelTeam DSM46

最終ステージは、山岳でも切れていたけどベルナルには追いつかれなかったですね。

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 BERNAL EganINEOS Grenadiers86:17:28
22 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech6:40
33 MARTÍNEZ Daniel FelipeINEOS Grenadiers7:24
44 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step,,
55 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma11:44
67▲1 VALTER AttilaGroupama – FDJ45:30
76▼1 FORTUNATO LorenzoEOLO-Kometa47:31
88 STORER MichaelTeam DSM1:49:05
910▲1 TEJADA HaroldAstana – Premier Tech2:01:12
1011▲1 COVI AlessandroUAE-Team Emirates2:03:30

ここに、レムコ・エヴェネプールの名前がないのは少し残念だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました