ロードバイクの情報を発信しています!

ショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールでナセル・ブアニの失格とエリア・ヴィヴィアーニの復活

海外情報
photo holetpaysdelaloire.fr
この記事は約4分で読めます。

フランスのワンデーレース、ショレ=ペイ・ド・ラ・ロワール(Cholet – Pays de la Loire)で、ゴール後にナセル・ブアニ(Team Arkéa Samsic)が失格となった。

見ていて、危ないと思ったのだけどやはりと言った感じだ。

問題のゴールシーンを見てみよう。

 

スポンサーリンク

ショレ~ショレ 201.8km

コースマップ  photo procyclingstats

 

前半から小刻みなアップダウン。そして、最後はシュレの市街を6周回してゴールするコース。

 

phtoto Tiz-cyclingストリーミングより

レース序盤から逃げていた逃げは、残り24kmで飲み込まれる。その後も、抜け出しをはかろうとするライダーが何人もチャレンジしていく。

 

何回もアタックがかかって見ていて面白い展開だったが、フランスの放送は後ろから映してくれないのでライダーのゼッケンが中々確認出来ない。

上は最後の抜け出しの場面。AG2Rはメンバーチェンジして逃げを続ける。

 

3人はかなり良いペースで逃げる。10秒程度のタイム差しかないけど。

 

何故か、3人は最後は少し息切れしたのか、少し足を止め加減だったのが少し気になった。

ラスト1kmで7秒のタイム差があったので、もう少し頑張れば逃げ切れていたと思ったのだけど~。

 

3人は残り300mで捕まる。

 

ゴールは、ファビオ・サバティーニのアシストを受けたエリア・ヴィヴィアーニと、ナセル・ブアニ(Team Arkéa Samsic)の対決。

ファビオ・サバティーニはクイックステップからエリア・ヴィヴィアーニと共に移籍している。

ナセル・ブアニはトマ・プタのアシストを受けていた。上の写真を見てもわかるが良い位置につけていた。

だが、ナセル・ブアニは左隣のGroupama-FDJのジェイク・スチュワート(Jake Stewart)によりかかってしまう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Elia Viviani(@eliaviviani)がシェアした投稿

 

ジェイク・スチュワート(Groupama – FDJ)はなんとか落車しなかったが、危ないところだった。

ゴールは、そのままエリア・ヴィヴィアーニが獲得。実に2年振りの勝利だ。コフィディスに移籍してようやく勝利をチームにプレゼントすることができた。

 

問題のゴールシーン

問題のゴールシーンはツイートで見てみよう。

ほとんどこけてもおかしくない場面だ。ジェイク・スチュワートは良くこけなかったものだ。

 

上記ツイートより

 

ジェイク・スチュワートは、以下のようにコメント。

やあナセル、私が今何を考えているのか聞いてみたいですか? あなたが脳細胞を持っていないことは明らかです。

皮肉なことに、フィニッシュ後にあなたは私に敬意を払わないと言ったのです。これは「敬意なし」がどのように見えるかについての教育ビデオです。

ジェイク・スチュワートがかなり怒っている。

ジェイク・スチュワートは、オンループ・ヘットニュースブラッドでも2位に入り、ノケレ・コールスでも6位に入っている21歳の有望な若者だ。今回もこれがなければ、トップ3に入っていただろう。

UCIはこの事件について、まだコメントしていない。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました