ロードバイクの情報を発信しています!

アダム・イェーツはボルタ・ア・カタルーニャでイネオスが表彰台を独占するとは思っていなかったと

海外情報
Image by ar130405 from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

終わってみれば、ボルタ・ア・カタルーニャはイネオスが表彰台を独占するという結果になっている。

アダム・イェーツは、総合優勝を飾り、2人のチームメイトとともに表彰台に上ったことで、自身とチームにとって完璧な一週間となった。

アダム・イェーツは、第3ステージのヴァルテ2000の山頂ゴールを1位でフニッシュし、首位に立つ。

UAEツアーでの総合2位に続き、アダム・イェーツにとって、イネオスでの初の総合優勝となった。

 

スポンサーリンク

独占は誰も考えてなかった

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Adam Yates(@adamyates7)がシェアした投稿

 

2020ツール・ド・フランスでは、4ステージに渡ってイエロージャージを着用したアダム・イェーツ。

今回の勝利はキャリアで4回目の総合優勝となるが、これほど圧倒的な勝利はない。当然、イネオスの強力なチーム力があってこそだ。

2018年のツール・ド・フランス優勝のゲラント・トーマスに、2019年のジロ・デ・イタリア優勝のリチャード・カラパスという2人のグランツール優勝者がアシストしてくれるのだから、こんなチームはないだろう。

更に、元世界TTチャンピオンのローハン・デニスに、2020ツール・ド・フランス総合3位のリッチー・ポートもいるのだから、どのチームも対抗出来るはずがない。

 

アダム・イェーツは

シーズン序盤での勝利は本当に特別な気分で、チームメイトの2人と表彰台を共にするのはさらに特別な気分だ。これ以上、何を言っても無駄でしょう。

完璧な一週間だった。レースに勝ちたいという大きな目標を持ってスタートしたが、1-2-3位で表彰台に上れるとは誰も思っていなかったでしょう。

クライマーだけでなく、フラットの選手たちのハードワークが、私たちをトラブルから守り、見守ってくれたことを示している。全体的に完璧な一週間だった。

アダム・イェーツが第2ステージの個人タイムトライヤルで7位に入ったことも今回大きな収穫だった。

この記録はゲラント・トーマスよりも7秒速く、リッチー・ポートから1秒遅いだけの素晴らしいタイムだ。

第3ステージ以降、無難にリーダーをキープ出来たのは、チームの手厚いアシストがあったからに他ならない。最終日も、モビスターの急速なペースアップにもアシストを使い切って対応した。

これが、他のチームだったらアシストなしの丸裸になっていたことだろう。アダム・イェーツのブエルタ制覇も十分に可能だろう。

 

ゲラント・トーマスは早い表彰台に驚く

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Geraint Thomas(@geraintthomas86)がシェアした投稿

 

一方、ゲラント・トーマスも、予想していたよりもずっと早い時期に表彰台に上ったことで、自分自身に驚いている。

この夏、2018年のツール・ド・フランス優勝の再現を目指しているトーマスは、次のように述べている。

ワールドツアーのレースで表彰台に戻ってくることができた。

正直なところ、年初の時点では、こんなに早く好調になることは目標ではなかった。懸命に努力してきて、レースごとにどんどん良くなってきた。

士気も高く、みんなと一緒にレースを楽しんでいるし、3人で優勝できるなんて本当に信じられない。良い結果を得ることは自信につながる。

確かに、イネオスは強かった。

だが、最大のライバルとなるプリモッシュ・ログリッチ(Team Jumbo-Visma)とタディ・ポガチャル(UAE-Team Emirates)がいなかったことを忘れてはいけない。

ベストメンバーで望んでくるツール・ド・フランスでは、最後は個々の力の差で勝負がつくかもしれない。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました