ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネ第1ステージ まさかの波乱の幕開け!

海外情報
Photo credit: Manolo Blanco on Visualhunt.com
この記事は約10分で読めます。

フランスのステージレース、クリテリウム・ドーフィネが開幕。

ツール・ド・スイスと並んでツール・ド・フランスの前哨戦として総合系のライダーが出場するレースだ。

今年は、1年振りに個人タイムトライヤルも復活しており、選手の仕上がり具合のわかるコース設定となっている。

ただ、ツール・ド・フランス総合優勝候補のプリモッシュ・ログリッチとタディ・ポガチャルが出場しない。彼らは、高地トレーニングで更なるレベルアップをはかっている。

なお、EF Education-Nippoから中根英人が出場。よくチェックしておきたい。

 

スポンサーリンク

第1ステージ イソワール~イソワール 182km

第1ステージ photo criterium-du-dauphine.f

 

70kmの大きな周回の後に、37kmのローカルラップを3周する。3級山岳と4級山岳を3回登らないといけない。

  1. 3級山岳 3.2km・6.8%
  2. 4級山岳 1.6km・5.1%

最後の4級山岳の頂上からゴールまで12km。下っているので逃げ切れるか?

あまり、厳しい登りではないので、最後は集団でゴールに向かうことになるかな。

 

4人の逃げ

photo cycling dodayストリーミングのスクリーンショット 以下同様

スタートでは、ゲラント・トーマス、アレハンドロ・バルベルデ、グレッグ・ファンアーヴェルマートが前列に並ぶ。

 

スタート直後から、4人の逃げ。だが、イアン・ガリソンは切れてしまい放送開始では3人となっている。

  1. パトリック・ガンバー (BORA – hansgrohe)
  2. ブレント・ファンムール (Lotto Soudal)
  3. イアン・ガリソン (Deceuninck – Quick Step)
  4. GAUTIER Cyril (B&B Hotels p/b KTM)

 

ブレント・ファンムール (Lotto Soudal)は、全ての山岳ポイントで前に出る。

 

集団は、UAE-Team EmiratesとBahrain Victoriousが引く展開。残り46kmでタイム差は3分9秒。逃げ切れる感じではない。

 

残り26.6kmになって、ようやくイネオスが集団先頭に。タイム差が2分27秒と微妙になってきたので出てきた感じか。

 

ちなみに今回のイネオスのメンバーは

 

  • ケラント・トーマス
  • アンドレイ・アマドール
  • テイオ・ゲイガンハート
  • ミハウ・クフィアトコフスキ
  • リッチー・ポート
  • リチャル・カラパス
  • ディラン・ファンバーレ

ツール覇者に、ジロ覇者がいるメンバー。このチームのライバルチームはいるのかな。

 

UAE-Team Emiratesのブランドン・マクナリティが集団に復帰中。アシストはいないぞ。

 

今回クイックステップのエースナンバー、フロリアン・シェネシャルが切れている。

 

先頭集団からは、ブレント・ファンムール (Lotto Soudal)がアタックだ。二人はついていけない。

 

タイム差は残り15.4kmで1分24秒。ちょっと微妙な感じか。

 

集団からは、ショーン・ベネット(Team Qhubeka ASSOS)がアタック。

 

結局、ブランドン・マクナリティは集団からも切れてしまう。これは何があったのか? エースではなかったのだろうか?

 

逃げていたパトリック・ガンバー (BORA – hansgrohe)が吸収される。

 

なんと、クリス・フルーム集団最後尾当たりで切れそうだ。2kg減量して調子が良くなったのではないのか?

 

ブレント・ファンムールは、最後の4級山岳を越えた。残りは下るだけだが、タイム差は50秒。

 

下りなので速い!   残り5.9kmだけど、タイム差はかわらず50秒。これは逃げ切ったか?

 

これは追いつかない。残り2.7kmでタイム差は50秒で変わらない。

 

あと1.8kmだ。間違いなく逃げ切ったぞ。

 

イネオス先頭で追い込むが届かない。

 

ブレント・ファンムールは、大金星だ~。

プロに入って初優勝がワールドツアーとは素晴らしい。2018年からテスト生でロットに。正式採用は2019年6月3日から。

今年はティレーノ・アドリアテッコ第6ステージで2位があるが、この大舞台で最後まで逃げ切るとは思わなかった。

4級山岳から下っており、集団はブレント・ファンムールの独走力を知らなかったのではないかな。まあ、若手ライダーの特徴までは知らないだろう。

TTは得意で、2018世界選手権U23の個人タイムトライヤルでは2位となっている。明日からはリーダージャージで集団をコントロールする立場だ。

実は、一つ前のレースのロンド・ファン・リンブルフでゴール前に逃げていたのに、係員の指示ミスで間違った方向に進んでしまい勝利を不意にしている。これでようやく帳消しだ。

エースのティム・ウェレンスも引いてくれるだろう。

 

集団は、25秒遅れてソンニ・コルブレッリ(Bahrain Victorious)が2位となっている。

クリテリウム・ドーフィネは、第1ステージから逃げ切りの決まる波乱の幕開けだ。だが、これは中々面白い展開だ。

 

こちらはハイライト動画

 

 

リザルト

第1ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 VAN MOER BrentLotto Soudal60504:13:00
2 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious25300:25
3 VENTURINI ClémentAG2R Citroën Team1018,,
4 STUYVEN JasperTrek – Segafredo 13,,
5 GROVES KadenTeam BikeExchange 10,,
6 POLITT NilsBORA – hansgrohe 7,,
7 KWIATKOWSKI MichałINEOS Grenadiers 4,,
8 ASGREEN KasperDeceuninck – Quick Step 3,,
9 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech 2,,
10 VALVERDE AlejandroMovistar Team 1,,

中根秀登人は、135位の12分遅れでゴール。

総合

RnkRiderTeamUCITime
1 VAN MOER BrentLotto Soudal104:12:49
2 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious 0:30
3 VENTURINI ClémentAG2R Citroën Team 0:32
4 GAMPER PatrickBORA – hansgrohe 0:33
5 STUYVEN JasperTrek – Segafredo 0:36
6 GROVES KadenTeam BikeExchange ,,
7 POLITT NilsBORA – hansgrohe ,,
8 KWIATKOWSKI MichałINEOS Grenadiers ,,
9 ASGREEN KasperDeceuninck – Quick Step ,,
10 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech ,,

ポイント賞

RnkRiderTeamPoints
1 VAN MOER BrentLotto Soudal29
2 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious22
3 VENTURINI ClémentAG2R Citroën Team20
4 STUYVEN JasperTrek – Segafredo18
5 GROVES KadenTeam BikeExchange16
6 POLITT NilsBORA – hansgrohe14
7 KWIATKOWSKI MichałINEOS Grenadiers12
8 GAMPER PatrickBORA – hansgrohe10
9 ASGREEN KasperDeceuninck – Quick Step10
10 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech8

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1 VAN MOER BrentLotto Soudal10
2 GAUTIER CyrilB&B Hotels p/b KTM2
3 GAMPER PatrickBORA – hansgrohe1

ブレント・ファンムールは、全部とっちゃいましたからね。

ヤングライダー賞

RnkRiderTeamTime
1 VAN MOER BrentLotto Soudal4:12:49
2 GAMPER PatrickBORA – hansgrohe0:33
3 GROVES KadenTeam BikeExchange0:36
4 VERMAERKE KevinTeam DSM,,
5 GOLDSTEIN OmerIsrael Start-Up Nation,,
6 CRAS SteffLotto Soudal,,
7 VAN WILDER IlanTeam DSM,,
8 PARET-PEINTRE AurélienAG2R Citroën Team,,
9 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo,,
10 CHEVALIER MaximeB&B Hotels p/b KTM,,

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました