ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルはクリテリウム・ドーフィネには出場しない。代わりのレースは?

海外情報
Photo credit: loic4467 on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

タデイ・ポガチャル(UAE-Team Emirates)は、2年連続のツール・ド・フランス制覇に向けて今シーズンも絶好調だ。

だが、ポガチャルは通常ツールを目指すライダーが調整レースとして利用するクリテリウム・ドーフィネに出場しないという。

昨年はクリテリウム・ドーフィネでは総合4位でツールに望み、第20ステージでプリモッシュ・ログリッチを大逆転したのは皆さんもご存じの通り。

では、タデイ・ポガチャルはツールまでにどのレースで調整するのだろうか?

 

スポンサーリンク

高度トレーニングで調整

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tadej Pogačar(@tadejpogacar)がシェアした投稿

 

今シーズンのタデイ・ポガチャルの成績を見てみると

Tadej Pogačar
2021年の成績
  • 2/27 UAEツアー 総合優勝
  • 3/6 ストラーデ・ビアンケ 7位
  • 3/16  ティレーノ・アドリアテッコ 総合優勝
  • 4/5 イツリア・バスクカントリー 総合3位
  • 4/21 フレッシュ・ワロンヌ DNS
  • 4/25  リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 優勝

ここまでは抜群だ。

初めてのツール・ド・フランス制覇にモニュメント制覇も追加している。

ツール・ド・フランスは6月26日に開幕するが、タデイ・ポガチャルが調整レースとして選んだのは、6月9日から始まるツール・ド・スロベニアの5ステージ。

5月は全くレースをしないことになる。5月はアメリカに渡りシエラネバダ山脈で3週間過ごすようだ。

更に、フランスアルプスのティーニュでツール前に高度トレーニングを行う。高度トレーニングはグランドツールの成功に不可欠であると考えられており、トレーニングキャンプの管理された環境を好むライダーは増えている。

昨年のプリモッシュ・ログリッチのようにクリテリウム・ドーフィネでケガを負ってしまっては元も子もない。

高度トレーニングに取り組むのは、エガン・ベルナル、プリモッシュ・ログリッチも同じだ。

タデイ・ポガチャルは、チームのホームグランドであるUAEで一度トップフォームにコンデションを調整して上げている。

その後、春のキャンペーンに参加し、素晴らしい成績をおさめたが疲れも取らないといけない。タデイ・ポガチャルの目標はツール・ド・フランスとオリンピックもあり特別な配慮が必要だ。

タデイ・ポガチャルはツール・ド・スロベニアには3回出場しているが、表彰台に立ったことはない。2018年の4位が最高順位だ。

ケガをすることなくレースの望むことも重要だし、高地トレーニングでコンデションを高めるのも必要だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました