ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ロマンディ第2ステージ 1級山岳を越えて勝利したライダーは?

海外情報
Photo credit: gali367 on VisualHunt
この記事は約12分で読めます。

第1ステージでは、サガンが貫禄のスプリント勝利。サガンは20歳の時に2010ツール・ド・ロマンディで勝利して以来、11年振りの勝利だ。

やはり3級山岳をこなしてからのスプリントには登れるスプリンターでないと残ることも出来ない。

コフィディスは、エリア・ヴィヴィアーニをエーススプリンターとして参加しているが、ゴールにたどり着けないと勝負にも絡めない。

その点、サガンは少しくらいの登りならばこなせるライダーだ。今日はサガンはお休みとなるだろうが、総合争いはクライマーの戦いとなる。

ツール・ド・ロマンディの最初の山岳ステージだ。

 

スポンサーリンク

第2ステージ ラヌーヴヴィル~サンティミエ 165.7km

第2ステージ photo tourderomandie.ch

 

ヌーシャテル湖とビール湖のちょうど中間からスタート。400mの標高から一気に上がっていく。

6つの登りがあり、とても厳しいコース。

  1. 2級山岳  プレル(4.6 km、8%)
  2. 2級山岳  ショーモン(3.4 km、6.9%)
  3. 2級山岳  レブグネネ(6.4 km、5.3%)
  4. 2級山岳  モンクロザン(5.2 km、8%)
  5. 2級山岳  レポンタン(4.1 km、8.4%)
  6. 1級山岳  ヴューデアルプ(7,8km、6.9%)

獲得標高は3,400mになる。最後の1級山岳 ヴューデアルプの最大勾配は9%。距離もながく最高到達地点は1,281mとなる。

ここで総合は大きく動かくだろうが、山頂ゴールではなく頂上から17km降下するので数秒のタイム差ならば追いつく可能性も高い。

さて、イネオスの牙城を崩すチームは現れるだろうか?

 

逃げは6人

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

スタートでは、ローハン・デニスとポイント賞ジャージを獲得したサガンが並んで談笑。

 

 

逃げは、いかにもスイスらしい牧歌的な景色の中を進んでいる。放送は残り75.3kmから。

すでに3つの3級山岳を通り過ぎており、残りは3つの山岳ポイントを残すのみとなっている。タイム差は2分50秒ほど。

  1. TOLHOEK Antwan (Team Jumbo-Visma)
  2. HAMILTON Chris (Team DSM)
  3. Hermann Pernsteiner(Bahrain – Victorious)
  4. Davide Villella(Movistar Team)
  5. Jonathan Klever Caicedo(EF Education – Nippo)
  6. Rein Taaramäe(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)

 

集団はイネオスが引いている。今日もローハン・デニスが最後尾。

 

先頭集団は、登り前の街中を進んでいる。時折沿道に人が立っているくらい。

 

イネオスは最後の山岳でどう動くのだろうか。最後までローハン・デニスを守るのかな。まさか、ゲラント・トーマスとリッチー・ボートが最後まで引くのだろうか。

ローハン・デニスの山岳の強さは昨年のジロでもわかるように凄く強い。他チームの攻めにもよるけど、最後は見ものだ。

 

逃げ集団に入っているエクアドルチャンピオンジャージのヨナタン・カイセドは豆タンクのような体形。

164cmで62kg。2020ジロ第3ステージの山頂ゴールを制している。

 

レイン・タラマエ(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)がラスト49.5kmでアタック。

これは何を狙っているのかな。ゲートを通過したけどスプリントポイントでもないし、なんだったんだろうか?

 

5番目の2級山岳を集団は登る。逃げとは1分38秒まで迫ってきた。

 

レイン・タラマエは結構いいペースで登っている。逃げ集団にすでに10秒以上のタイム差をつけた。

2020年Team Total Direct Energieで走っており、今年から2年契約でIntermarché – Wanty – Gobert Matériauxに移籍している。

 

レイン・タラマエは逃げ集団に1分11秒のタイム差をつけ、更にメイン集団にも2分13秒のタイム差をつけている。

最後の1級山岳頂上まで逃げ切れば山岳ポイントも獲得できる。こうなると最後まで逃げ切って欲しいな。

 

イネオスは、アンドレイ・アマドールが最後尾まで下がり、変わってエディ・ダンパーが先頭に。まだ後ろにはフィリッポ・ガンナもいる。

ユンボ・ヴィズマはトニー・マルティンが先頭を引く。

 

サガンは、1級山岳の登りが始まり集団から切れていく。隣のヨセフ・チェルニーと話をしていたがカメラに気づいてニッコリ。

 

レイン・タラマエの足が止まってしまった。これはもう捕まるタイミングだ。残り21.4kmで捕まってしまう。

 

集団からは、バラバラと逃げ出すライダーが出てくる。だが、イネオスが詰めてくる。

 

マイケル・ウッズがセップ・クス、ケニー・エリッソンドの3人で抜け出そうとするが捕まる。

  • マイケル・ウッズ(Israel Start-Up Nation)
  • セップ・クス(Team Jumbo-Visma)
  • ケニー・エリッソンド(Trek – Segafredo)

捕まえたのは~。

 

なんと、リーダージャージのローハン・デニスが自らが引いて先頭に立つ。これは良い作戦だ。これまで最後尾で休んでいたので力は十分残っている。

頂上近くまで引き続けるのではないかな。

 

結局、ローハン・デニスは先頭で1級山岳もクリアーしてしまう。あとは下るだけだ。

 

下りもずっとローハン・デニスが引く。このままゴールならばリーダージャージは変わらないけど。

 

ざっと30人程度が生き残っている。あとゴールまで3.7km。

 

ラスト2.8kmでもローハン・デニスが引いている。

 

AG2Rのベン・オコナーがアタックをかけるが、ローハン・デニスが捕まえてしまう。ローハン・デニスはラスト1kmまで先頭を引き続ける。

 

最後はBahrain – Victoriousがトレインを組む。ダミアーノ・カルーゾがソンニ・コルブレッリを引く。その後ろは、ISNのパトリック・ペヴィン。

 

 

ダミアーノ・カルーゾに発射された、ソンニ・コルブレッリがパトリック・ペヴィンと競り合う。

勝ったのはどっちだ?

 

勝ったのはソンニ・コルブレッリだ~。ソンニ・コルブレッリは第1ステージではサガンにまくられたが、今回は見事に勝利だ。

1級山岳をしっかりと越えてきたのが勝因だろう。Bahrain – Victoriousは最後まで残った37人の中に4人が残るという展開でゴールを狙うことも出来た。

2位となったパトリック・ペヴィンは、第1ステージ3位。中々勝利は難しい。

 

こちらはハイライト動画
Tour de Romandie 2021 | Stage 2 Highlights | inCycle

 

リザルト

第2ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious60504:21:42
2 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation2530,,
3 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates1018,,
4 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team 13,,
5 ULISSI DiegoUAE-Team Emirates 10,,
6 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe 7,,
7 VAN WILDER IlanTeam DSM 4,,
8 MASNADA FaustoDeceuninck – Quick Step 3,,
9 COSTA RuiUAE-Team Emirates 2,,
10 SOLER MarcMovistar Team 1,,

3位にはマルク・ヒルシが入っている。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 DENNIS RohanINEOS Grenadiers108:39:48
27▲5 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation 0:08
32▼1 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers 0:09
43▼1 PORTE RichieINEOS Grenadiers ,,
520▲15 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious ,,
69▲3 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates 0:11
78▲1 HERRADA JesúsCofidis, Solutions Crédits 0:14
810▲2 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step 0:15
912▲3 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe 0:16
1013▲3 VAN WILDER IlanTeam DSM ,,

総合トっプはローハン・デニスで変わらないが、2位にボーナスタイムを獲得したパトリック・ペヴィンが入ってきた。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
14▲3 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious80
21▼1 SAGAN PeterBORA – hansgrohe50
37▲4 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation50
411▲7 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates36
52▼3 DENNIS RohanINEOS Grenadiers30
63▼3 BOARO ManueleAstana – Premier Tech30
75▼2 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers25
86▼2 PORTE RichieINEOS Grenadiers22
912▲3 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step21
1023▲13 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe20

サガンは2位に後退。これはスプリントに参加出来ていないのだから仕方ない。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 SUTER JoelSwiss Cycling38
2  VILLELLA DavideMovistar Team34
3  TAARAMÄE ReinIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux26
4  TOLHOEK AntwanTeam Jumbo-Visma20
52▼3 BOARO ManueleAstana – Premier Tech19
63▼3 POWER RobertTeam Qhubeka ASSOS14
7  DENNIS RohanINEOS Grenadiers12
84▼4 ARENSMAN ThymenTeam DSM11
98▼1 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers10
10  PERNSTEINER HermannBahrain – Victorious8

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates8:39:59
22 VAN WILDER IlanTeam DSM0:05
33 ARENSMAN ThymenTeam DSM0:10
45▲1 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo0:16
56▲1 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team0:17
64▼2 TIBERI AntonioTrek – Segafredo0:56
79▲2 LEEMREIZE GijsTeam Jumbo-Visma1:08
811▲3 HÄNNINEN JaakkoAG2R Citroën Team1:21
913▲4 GALL FelixTeam DSM4:31
1010 COVI AlessandroUAE-Team Emirates7:39

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました