ロードバイクの情報を発信しています!

レムコ・エヴェネプールはエディ・メルクスの批判に噛みつく

海外情報
Photo by mali desha on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

いよいよ世界選手権男子エリートのロードレースが迫っている。

日曜日の決戦に向けて記者会見が開かれ、レムコ・エヴェネプールも現れた。記者会見では、エディ・メルクスの批判についてまずは聞かれている。

エディ・メルクスは、先週の新聞で、レムコは主に自分のために走っている。オリンビックでも自分のために走った。もしリーダーが一人しかいないならばレムコを選ぶべきではなかった、とまで言っている。

 

スポンサーリンク

エディ・メルクスの批判に対して

photo 記者会見ビデオより

 

ワールドカップ前の記者会見でレコムは、エディ・メルクスの批判に対して反応した。

 

いつも何かがある。彼はいつも何かを言わなければならない。それは残念なことだ。

私は彼を尊敬しているが、どうやらそれはお互い様ではないようだ。私が息子のアクセル・メルクスのチームでレースに参加しないことが、まだ気に入らないのかもしれない。

大事な場面の前にそんなことを言われてはたまらない。どうでもいいことだが、残念だ。

私は、彼のパルマや実績を見て尊敬しているが、いつもコメントがある。惜しいですね。私たちはベストを尽くしている。私はセレクションに何かをしに来たわけではない。

 

世界チャンピオンになれますか?

私が世界チャンピオン? 私たちの計画は一つだ。レースでは分からないが、スタート時にはそのような計画は立てないだろう。

 

役割分断はどうなってますか?

役割分担? 2日後に見てみましょう。私たちはまだ何も知らない。ただ、私たちにはすべてのことをしなければならない究極のリーダーがいる。さらに、彼の本当の役割を誰も知らない。(笑)

ティム・デクレル以外は、たぶん。ワウトをフィニッシュまで導くことは、理想的なシナリオだ。しかし、現時点では何も予見できない。

長いレースで、途中にいくつかの登り坂がある。私たちに有利なのは、沿道の多くのファンの応援だ。

 

日曜日のタイムトライアルで銅メダルを獲得しましたね。今回のワールドカップでベルギーは最強のチームではないですか?

彼は長い間、躊躇してから。

“Yes “と “No “がはっきりしている? そうですね、私たちはみんな勝てる男だが、他の人たちはまだ深刻なブロックを抱えていますからね。

ストレスによる問題はほとんどなく、現在はいい感じだ。倒れる前よりもいいかもしれない。だからこそ、多くの不安を取り除くことができている。

 

レムコはエディ・メルクスの再来と言われているが、彼からは何度も批判的なコメントを受けている。

まあ、エディ・メルクスも何か聞かれたら、答えないといけないので仕方ないかも。

結果は日曜日にすぐにわかるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました