ロードバイクの情報を発信しています!

コルナゴは2022年のバイクでブロックチェーン技術を使用

機材情報
photo Colnago
この記事は約4分で読めます。

コルナゴは、2022年からフレーム全体でブロックチェーン技術の使用を開始する。

信頼性を実証し、所有権の証明を提供するデジタルパスポートを提供。これにより、盗難により、オークションにかけられた場合でも、所有者を特定することが可能となる。

このテクノロジーを搭載したバイクは、2021世界選手権でタディ・ポガチャルが最初に使用。このバイクは、あとでオークションにかけられる。

コルナゴはこれまでもC64デジタルアートワークを作成しており、所有権について進んだ取り組みをしている。

 

スポンサーリンク

コルナゴV3R

こちらはタディ・ポガチャルが使用するアイス&ファイア仕上げのコルナゴV3R

 

Colnagoの技術パートナーであるMyLimeは、自転車のフレームに密接にリンクされ、ブロックチェーンにリンクされたスマートフォンアプリを介して自転車のデジタルパスポートへアクセスを許可すRFID(無線周波数識別)タグを開発した。

 

タグが電子パスポートに photo Colnago

 

フレームが新しい所有者に売却された場合、所有権の譲渡はMyLimeの認定プロセスで管理できる。上の写真のタグが電子パスポートの役割を果たす。

MyLimeのブロックチェーンソリューションによって提供される透明性は、絶対的なトレーサビリティを提供し、長期にわたって自転車の価値を保証してくれる。

 

photo Colnago

 

Colnagoによると、ブロックチェーンに保存されているデータは、一度登録すると偽造したり変更したりすることはできず、所有権の最終的な証拠となると言う。

もちろん、独自のRFIDセキュリティチップ/タグを任意の自転車に追加して、盗難にあった場合にリンクして戻すことも可能だ。

UCIロード世界選手権のタデイポガチャルのコルナゴV3Rは、「アイス&ファイア」仕上げが特徴。

 

photo Tadej Pogačar instagram

 

タディ・ポガチャルは、次のように述べている。

バイクをデザインしたのは初めてで、コルナゴのエンジニアやデザイナーとはの仕事とエキサイティングだ。

レース中は頭が氷のように冷たいという考えだが、足は常に燃えている。コルナゴV3Rは、この二つを表すために、燃えるレッドとアイスで表現した。

 

photo Colnago

 

12スピードのCampagnolo Super Record EPS Discグループセット、Campagnolo Bora Ultra WTO 45 DBホイール、VittoriaCorsaクリンチャータイヤを備えている。

Deda Elementi Alanero DCRカーボンファイバーハンドルバー、Prologo Scratch M5 Nackサドル、Colnagoのカーボンボトルケージが装備。

2022年の新しいColnagoWebサイトとアプリの立ち上げ時にオークションにかけられる。

相当な高値でオークションは取引されるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました