ロードバイクの情報を発信しています!

Bassoから2021年モデルのDiamante SVが登場

機材情報
photo basso
この記事は約4分で読めます。

イタリアのブランドBassoから同社のフラッグシップモデルがアップデートされてDiamante SVとして登場。

最近の傾向を反映して内部ケーブルルーティングとタイヤクリアランスの向上、シートクランプ機能の内装化もしている。

 

スポンサーリンク

2021 Basso Diamante SV

こちらはプロモーションビデオ。
The new Diamante SV 2021 – Not only Super Veloce but also Super Versatile

SVフレーム自体の全体的な形状は、2017年のDiamanteSVとほとんど変わっていない。

だが、新しいOpenFlowフォークのデザインは変わり、フォーク、タイヤ、ホイールのインターフェース全体を完全に再設計した。

余分なスペースを確保して、空気の流れをスムーズにし、全体的な空力抵抗の削減を達成している。

 

photo basso

フォークのクラウンを薄くしてダウンチューブから引き離すことで、タイヤのクリアランスを向上させた。

Diamante SVは、最大32mm幅のタイヤに適合し、より広い用途に対応。これもバイクに多様性を持たせるトレンドを反映している。

 

photo basso

ディスクブレーキ専用となったために、ブレーキアーチがなくなり、リアホイールのカットアウトをより角度のある形状に調整して空気の流れをスムーズに。

 

photo basso

シートクランプはシートチューブの後ろ側に3ボルトの内蔵クランプとすることでエアロにも貢献。シートクランプの廃止も、最近のバイクのトレンドだ。

 

photo basso

ケーブル内装となったため、フレームにはケーブル配線用の穴はなくなった。かなりスッキリした外観と若干のエアロ化に貢献。

 

photo basso

ハンドルは完全な統合ではない。

 

photo basso

エアロバーは5つの幅(38-46cm)とステム長は5つの長さ(90-130mm)で利用可能。詳しい画像はないが、ステムにケーブル穴が開いているはずだ。

Dedaの調整可能なハンドルとステムのコクピットVINCIと同じような構造だ。

 

 

photo basso

Bassoはフレームの塗装も変更。塗料中の新しいセラミックナノ粒子の3D構造が、従来の塗料よりも均一で、多孔性が低く、よりコンパクトな仕上げを生み出すと主張。

新しい塗装は、耐久性と共に撥水性も備えている。

 

photo basso

フレームサイズは、48 cmフレームから63 cmの7サイズを用意。

ブラックカメレオン、シルバー、パステルホワイトの3つのカラーが選択でき、Campagnolo、Shimano、SRAMのコンポが選択できる。

完全な内部ルーティングを使用しているが、電動だけでなく機械式コンポも使用可能だ。

価格について、公式サイトにもまだ掲載されていない。

 

コメント

  1. 無し より:

    購入したいけど、車輌本体価格が非常高くて手が出ないはぁ。

タイトルとURLをコピーしました