ロードバイクの情報を発信しています!

2023 クリテリウムシンガポール  タデイ・ポガチャル、フィリップセン、カブが激突!

海外情報
UnsplashMeriç Dağlıが撮影した写真
この記事は約6分で読めます。

第2回クリテリウムシンガポールが開催。

2020・2021ツール覇者のタデイ・ポガチャル、2023ブエルタ・ア・エスパーニャ制覇のセップ・クス、レジェンド、マーク・カヴェンディシュがスタートラインにならんだ。

初代王者はヨナス・ヴィンゲゴー。果たして第2回の勝者は?

 

スポンサーリンク

2023 クリテリウムシンガポール

コースマップ photo singaporecriterium

 

コースは3kmを20周のクリテリウム。60kmと結構長い。

 

出場者は

  • Alpecin-Deceuninck ジャスパー・フィリップセン、ジョナス・リカールト、ジャンニ・フェルメルシュ ドリース・デポンド
  • UAE Team Emirates タディ・ポガチャル、イヴォ・オリヴィラ、アルバロホセ・ホッジ、ダヴィデ・フォルモロ
  • Jumbo-Visma セップ・クス、アッティラ・ヴァルテル、ヤン・トラトニク
  • Cofidis ヴィクトル・ラフェ、アクセル・ザングレ、トーマス・チャンピオン、シモン・ゲシュケ
  • INEOS Grenadiers エガン・ベルナル、ブランドン・リベラ、ジョシュア・ターリング、レオ・ヘイター
  • Bahrain Victorious ペッリョ・ビルバオ、マテヴジュ・ゴヴェカル、新城幸也、カミル・グラデク
  • レジェンドチーム:マーク・カヴェンディッシュ、クリス・フルーム、ジュリオ・チッコーネ、ペーター・サガン

メンバーを見るとゴールシーンが想像できそうな~。少し事前情報とはメンバーが違うところもあるかもれしないけど、ご容赦を。

 

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

前日の3輪車競争はジャスパー・フィリップセン、タディ・ポガチャル、ジュリオ・チッコーネのチームが優勝。

 

レジェンドばかりが大集合だ。

ロードの前のチームTTはUAE Team Emirates、Cofidis、Bahrain Victoriousの順位。

 

サガンもサインに忙しい。

 

先頭には、フルーム、マーク・カヴェンディシュ、サガン、タディ・ポガチャル、ジュリオ・チッコーネ、セップ・クスなどが並ぶ。

 

とにかく超豪華メンバー。

 

まずは、地元の選手を追ってクリス・フルームが追走に。

 

4人の逃げ

クリス・フルームを含む4人の逃げ。

 

残り19周

10秒の差で通過。

 

フルームは、先頭グループを主導しないといけない。

 

残り18周

クリス・フルーム先頭で通過。9秒差。

 

残り50km。凄いメンバーが並んでいる。

 

残り48.9kmでフルームは捕まってしまう。

 

タディ・ポガチャルとサガンがアタックに。

 

残り16周 スプリントポイント

1回目のスプリントポイントをサガンがトップ通過。

 

4人が逃げに。

  1. タディ・ポガチャル UAE Team Emirates
  2. サガン TotalEnergies
  3. ヤン・トラトニク Jumbo-Visma

 

一人地元の選手が入っている。

 

隣を走るファンが凄く速い。

 

残り14周

サガン先頭で残り14周に。

 

残り40km。

 

集団先頭はBahrain Victoriousの新城幸也。

 

残り12周 スプリントポイント

ここもスプリントポイントをサガンがトップ通過。

 

集団はCofidisとBahrain Victoriousの新城幸也が引いている。

 

これでサガンはスプリント賞トップの計10ポイント。

 

残り32.4km。タディ・ポガチャルがペースを上げる。

 

サガンとタデイが少し離れるが、また一緒になる。

 

タイム差は9秒とタイト。

 

新城幸也が最後尾に。

 

ちよっとフルもがきして集団につく。

 

ジュリオ・チッコーネも先頭を引く。

 

残り26.3kmで、先頭の4人が捕まる。

 

残り8周

残り8周のスプリントポイントも座間がトップ通過。

 

新たな逃げが出来た。INEOS Grenadiersからブランドン・リベラがのっている。

 

タデイ・ポガチャルとジャスパー・フィリップセンは、元チームメイト同士で仲良し。

 

Cofidisからは、ヴィクトル・ラフェがのっている。

 

スプリントとなるとフィリップセンかな。

 

集団はUAE Team Emiratesが引いている。

 

残り5周

残り5周に。

 

残り14kmで逃げは捕まる。

 

INEOS Grenadiersは、イーサン・ヘイターで狙う。

 

残り4周

ここもサガンがスプリントポイントを獲得。完全制覇だ。

 

今度はタディ・ポガチャル、ジュリオ・チッコーネ、セップ・クスという豪華な逃げが。

 

残り3周

わずかなタイム差で通過。

 

ジュリオ・チッコーネが先頭を引く。

 

残り2周

ほとんど前で泳がされているだけみたい。

 

セップ・クスが先頭を引く。ジロには来年は出ないと。まあ、タイムトライヤルが長すぎ。

 

捕まるタイミングでタデイ・ポガチャルがアタック。

 

残り2.8kmで4秒差。

 

残り2kmで4秒差。

 

残り1.3km。タデイ・ポガチャルは粘る。

 

最後まで諦めない。

 

後続はAlpecin-Deceuninckが追ってくる。

 

タデイ・ポガチャルが捕まった。

 

サガンがマーク・カヴェンディシュをリードアウト。

 

マーク・カヴェンディシュがカーブを先頭で曲がってきた。

 

ジャスパー・フィリップセンがまくりにはいる。

 

マーク・カヴェンディシュと、ジャスパー・フィリップセンの対決だ。

 

だが、マーク・カヴェンディシュが、カーブ前からリードアウトした形となってしまった。

 

ジャスパー・フィリップセンがフルもがき。

 

ジャスパー・フィリップセンが貫禄の勝利だ。どのような展開でも勝てる力を持っている。来年のツールもスプリント王の最有力候補となりそうだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ジャスパー・フィリップセンは2023ツール・ド・フランスのスプリント王の実力を発揮。レジェンドチームのトレインを見事に活用した。

 

2位はマーク・カヴェンディシュ。3位にはタデイ・ポガチャルが粘って入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. Ineosファン より:

    今回のイネオスのヘイターは弟のレオですよ!

  2. 毎日読者K より:

    ポガチャルのツール制覇は2020年&2021年ですよー。

    この展開で3位に粘るポガチャル強すぎませんか。
    サガンのロード引退はもったいないですね〜

    • ちゃん より:

      そうでしたね。ポガチャルは2022年から連覇でしたね。
      タデイ・ポガチャルは、なんとしても優勝したかったのでしょうね。それにしても強すぎ。
      レジェンドチームは4人で役割分担を決めてきっちりと走ってましたね。

タイトルとURLをコピーしました