ロードバイクの情報を発信しています!

ファビォ・ヤコブセンの状態。ディラン・フルネーフェンはレース出場は当分なし

海外情報
Photo by Ricardo Gomez Angel on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・ポローニュ第1ステージでの事故後の続報が入っている。

ファビォ・ヤコブセンは8月7日にようやく人工昏睡状態から目覚めることが出来た。

入院しているポーランドの病院の副院長は回復に前向きで、「このような転落を乗り越えれば、彼は間違いなくスポーツに復帰するだろう。」と述べてくれている。

 

スポンサーリンク

Deceuninck – Quick Stepから続報

副院長がメディアに語ったことによると、意識があり、自立して呼吸をし、手足を動かすことができているそうだ。

心配された神経の麻痺などはないので一安心。だが、チームによると歯が折れ、顔の骨の骨折もあると言われている。

まだ、話たり、食事を取ることも出来ないので日常生活に戻るのが先決だ。長いリハビリが待っている。

だが、ある情報では2週間後に退院だという話もある。それが本当だと良いのだけど。

 

Team Jumbo-Vismaが声明文を発表

Team Jumbo-Vismaは今回のボーランドの落車事故について声明文を発表。

私たちは、クラッシュの結果にショックを受けています。ファビオ・ヤコブセンの回復を期待しています。私たちの考えはファビオとあり、彼が回復することを心から願っています。また、関係者の皆様の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

UCIが事件を引き渡した懲戒委員会の判断が下されるまで、ディランはレースに出場しないことを決定している。

 

詳しい全文は以下の公式サイトに書かれている。

 

 

追記

来年2月に父親になることを最近発表したディランは、今後数か月は自転車に触れないことを誓うと書かれている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました