ロードバイクの情報を発信しています!

グレッグ・ファン・アーベルマートがシーズン終了後に移籍を明言

海外情報
photo Greg Van Avermaet twitter
この記事は約4分で読めます。

チーム存続の瀬戸際にたっているTeam CCC。スポンサー探しに奔走している。

 

チームのエースであるグレッグ・ファン・アーベルマートは「このチームには選択肢がなくなった」としてシーズン終了後の移籍を明言した。

BMC時代から、ずっとチームに在籍していたが将来の見えないチームでは走り続けることも出来ないと判断したようだ。

 

スポンサーリンク

選択枝がない

グレッグ・ファン・アーベルマートは、CCCチームでの将来について「選択肢がない」と認めた後、2021年に向けてチームを変更することを明らかにした。

可能な限り最高の契約を確保するために他のチームとの真剣な交渉を開始するために、すでに代理人に許可を与えている。

CCCチームのGMジム・オチョビッチは、メインスポンサーのCCCが継続できないことを確認したあと、数ヶ月前から新しいタイトルスポンサーを探している。

 

これまで噂のあったスポンサーは

マヌエラ・ファンダシオンとの取引が成立したのかは不明だが、ミラン-サンレモの前夜に、グレッグ・ファンアーベルマートは移籍することを確認した。

チームのスポンサーについては、8月29日ツール・ド・フランス前にはいずれかの発表がある予定だ。

 

マネージャーには他のチームを探す許可を出した。このチームにはもう何の選択肢もないんだ。

今のところ、このチームが続くようには見えない。ジム・オチョビッチは探しているが、待つことができない。今は他の可能性を詳細に検討する必要がある。数週間以内に完成することを願っている。

経済的にも、スポーツ面でも、最高のものを手に入れられるように頑張るよ。

新たに、スポンサーを獲得したAG2R La MondialeやIsrael Start-Up Nationも獲得を検討している噂がある。

経済的に最高なものとなるとISNか??

 

ミラノ~サンレモについて

ミラノ~サンレモでは、マッテオ・トレンティンと共にチームを率いる。チーム編成は6人となっており、ルートも内陸部に変わっている。

 

 

レースの状況も時間も違うが、ミラノ・サンレモは毎年のように狙っている。コースは100%自分に向いているとは言えないが、チャンスがあれば行くつもりだ。

何度か接戦になったことはあるが、簡単に勝てるレースではないが、自信はある。

先週よりも少し涼しくなったが、長いレースなので、暑さも影響しているだろう。願わくは、小さなグループが逃げ切ることができれば、何が起こってもおかしくない。

グレッグは、最後のポッジオの登りでアタックを期待しているようだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました