ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア全選手スタートリスト ゼッケンナンバー入り

海外情報
Photo credit: Miradortigre on Visualhunt.com
この記事は約28分で読めます。

第104回目となるジロ・デ・イタリアが5月8日に開幕する。

今年はコロナの為に経済的苦境にたっているプロチームのために、ワイルドカードは4チーム参加となっている。

Alpecin-Fenixは自動招待。Androni Giocattoli – SidermecEOLO-Kometa、Bardiani-CSF-Faizanèがワイルドカードで招待された。

今年は、2年連続で新城幸也(Bahrain – Victorious)が出場するので、これも楽しみの一つですね。

 

ゼッケンナンバーがわからないと、私は無料ストリーミングで見ているので選手の名前がわからないんですよね~。

プロチームは特に逃げていても誰だかわかりにくいですからね。

 

 INEOS Grenadiers

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

INEOS Grenadiers(@ineosgrenadiers)がシェアした投稿

 

BERNAL Egan(エガン・ベルナル)
CASTROVIEJO Jonathan(ヨナタン・カストロピエホ)
GANNA Filippo(フィリッポ・ガンナ)
NARVÁEZ Jhonatan(ジョナタン・ナルバエス)
MOSCON Gianni(ジャンニ・モスコン)
MARTÍNEZ Daniel Felipe(ダニエル・マルティネス)
7 PUCCIO Salvatore(サルバトーレ・プッチョ)
SIVAKOV Pavel(パヴェル・シヴァコフ)
 

エガン・ベルナルとパヴェル・シヴァコフがエースを務めるが鍵となるのは最終タイムトライヤルだ。

特にベルナルは背中の痛み次第というように完全な状態とは言えない。

 

 

 

11.GALLOPIN Tony(トニー・ギャロパン)
12. BIDARD François(フランソワ・ビダール)
13.BOUCHARD Geoffrey(ジョフリー・ブシャール)
14. CHAMPOUSSIN Clément(クレモン・シャンプッサン)
15. GOUGEARD Alexis(アレクシー・グジャール)
16.Lawrence Naesen(ローレンス・ナーセン)
17 VENDRAME Andrea(アンドレア・ヴェンドラーメ)
18.WARBASSE Larry(ローレンス・ワーパス)

 

ロマン・バルデ、ピエール・ラトゥールを放出したAG2Rは、どうしても総合ではなくステージ狙いとなる。フランスチームとして勝利することがマストだ。

 

Alpecin-Fenix

 
21. Tim Merlier(ティム・メルリエ)
22.  Dries De Bondt(ドリース・デポンド)
23.  Jimmy Janssens(ジミー・ヤンセンス)
24.  Alexander Krieger(アレクサンダー・クリガー)
25.  Senne Leysen(センヌ・レイセン)
26.  Oscar Riesebeek(オスカル・リーグベール)
27.  Gianni Vermeersch(ジャンニ・フェルメールシュ)
28.  Louis Vervaeke(ルイス・フェルファーク)
 
チームは、ティム・メルリエでスプリント勝利を狙う。Zwiftアカデミーからプロになったジェイ・ヴァインとか出場すると面白かったのだけど、流石にそれはないか。
 

 Androni Giocattoli-Sidermec (wildcard)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Androni Sidermec(@androni_sidermec)がシェアした投稿

 

31. Jefferson Cepeda(ジェファーソン・セペダ)
32.  Simon Pellaud(シモン・ペラウド)
33.  Andrii Ponomar(アンドリー・ポノマル)
34.  Simone Ravanelli(シモーネ・ラバネッリ)
35.  Eduardo Sepúlveda(エドゥアルド・セブルベタ)
36.  Filippo Tagliani(フィリッポ・タグりアーノ)
37.  Natnael Tesfatsion(ナットネル・テスファション)
38.  Nicola Venchiarutti(ニコラ・ヴェンチアルッティ)

 

Vini Zabùがドーピング違反者を二人出したために、急遽ワイルドカードの変更で出場。若いメンバーを揃えていた。逃げには必ず乗るだろうからチェックが必要だ。

 

Astana-Premier Tech

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Astana – Premier Tech(@astanapremiertech)がシェアした投稿

 

41.  Aleksandr Vlasov(アレクサンドル・ウラソフ)
42.  Samuele Battistella(サムエーレ・バティステッラ)
43.  Fabio Felline(ファビオ・フェリーネ)
44.  Gorka Izagirre(ゴルカ・イサギレ)
45.  Vadim Pronskiy(ワジム・プロンスキー)
46.  Luis Léon Sánchez(ルイスレオン・サンチェス)
47.  Matteo Sobrero(マッテオ・ソブレロ)
48.  Harold Tejada(アロルド・テハダ)

アレクサンドル・ウラソフは、昨年のジロ第2ステージで腹痛のためにリタイヤ。今年はリベンジをかけて戦う。TTもそこそこ速いのでトップ5に食い込みたいところ。

 

Bahrain Victorious

 

51.ミケル・ランダ(Mikel Landa)
52.新城幸也(arashiro yukiya)
53.ペッリョ・ビルバオ(BILBAO Pello)
54. CARUSO Damiano(ダミアーノ・カルーゾ)
55 MÄDER Gino(ジーノ・マーダー)
56. MOHORIČ Matej(マテイ・モホリッチ)
57 TRATNIK Jan(ヤン・トラトニク)
58.VALLS Rafael(ラファル・パレス)

何と言っても2年連続出場の新城幸也の活躍が見てみたい。出来たら逃げが見たいですね。

 

Bardiani-CSF-Faizanè (wildcard)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bardiani – CSF – Faizanè(@bardiani_csf_faizane)がシェアした投稿

 

61.  Giovanni Visconti(ジョヴァンニ・ヴィスコンティ)
62.  Enrico Battaglin(エンリコ・バッタリン)
63.  CARBONI Giovanni(カルボニー・ジョン)
64.  Filippo Fiorelli(フィリッポ・フィオレッリ)
65.  Davide Gabburo(ダビデ・ガブロ)
66.  Umberto Marengo(ウンベルト・マレンゴ)
67.  Filippo Zana(フィリッポ・ザナ)
68.  Samuele Zoccarato(サミュエル・ゾッカラート)

 

エースのジョヴァンニ・ヴィスコンティはVini Zabù – KTM からBardiani-CSF-Faizanèに移籍している。残っていたら今年出れていなかったですね。

今年も山岳や逃げでは、活躍してくれるでしょう。

 

 

BORA-hansgrohe

 

71.  Peter Sagan(ペーター・サガン)
72.  Giovanni Aleotti(ジョン・アレオッティ)
73.  Cesare Benedetti(チェザーレ・ベネティティ)
74.  Maciej Bodnar(マチュイ・ボドナール)
75.  Emanuel Buchmann(エマヌエル・ブッフマン)
76.  Matteo Fabbro(マッティオ・ファブロ)
77.  Felix Großschartner(フェリックス・グロスチャートナー)
78.  Daniel Oss(ダニエル・オス)

 

総合を狙うのはエマヌエル・ブッフマン。ジロ前に契約更新となっているので気分は良いでしょう。

スプリントでは、サガンが狙う。サガンは2年連続のジロ出場だけど、昨年のスプリントでは全て2位。逃げ切り勝利で、昨シーズンの1勝をあげている。

今年は既に2勝しているので気分も軽く望んでくれるのではないかな。

 

Cofidis, Solutions Crédits

 

81.  Elia Viviani(エリア・ヴィヴィアーニ)
82.  Natnael Berhane(ナトナエル・ベルハネ)
83.  Simone Consonni(シモーネ・コンソンニ)
84.  Nicolas Edet(二コラ・エデ)
85.  Victor Lafay(ヴィクトル・ラフェ)
86.  Rémy Rochas(レミー・ロシャス)
87.  Fabio Sabatini(ファビオ・サビティーニ)
88.  Attilio Viviani(アントニオ・ヴィヴアーニ)

 

エーススプリンターのエリア・ヴィヴアーニが勝利を狙う。今年ようやく移籍して初めての勝利をあげているので期待出来そうだけど、トレインはちゃんと作れるかな。

 

Deceuninck-Quick-Step

 

91.  Remco Evenepoel(レムコ・エヴェネプール)
92.  João Almeida(ジョアン・アルメイダ)
93.  Rémi Cavagna(レミ・カヴァニャ)
94.  Mikkel Honoré(ミッケルフレーリク・ホノレ)
95.  Iljo Keisse(イーリョ・ケーイセ)
96.  James Knox(ジェームス・ノックス)
97.  Fausto Masnada(ファウスト・マスナダ)
98.  Pieter Serry(ビーター・セリー)

 

ジョアン・アルメイダは昨年のようにマリアローザ着用となるだろうか? レコムとどちらが最終的に総合を狙うのかは走り出してみないとわからない。レムコは五輪がメインだと言っているけど。

初日のTTで力関係がわかるかも。

 

EF Education-Nippo

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EF Education–NIPPO(@efprocycling)がシェアした投稿

 

101.  Hugh Carthy(ヒュー・カーシー)
102.  Will Barta(ヨナタン・カイセド)
103.  Simon Carr(サイモン・カー)
104.  Ruben Guerreiro(ルーベン・ゲレイロ)
105.  Jens Keukeleire(イェンス・クークレール)
106.  VAN DEN BERG Julius(ジュリアス・ファンデルベルフ)
107.  Alberto Bettiol(アルベルト・ベッティオル)
109.  Tejay van Garderen(ティージェイ・ヴァンガーデレン)

 

108番はWouter Weylandt氏を偲んでの配布なし

エースは、昨年のブエルタで活躍したヒュー・カーシー。ルーベン・ゲレイロは昨年に続いて山岳賞を狙うだろう。

 

 EOLO-Kometa (wildcard)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EOLO-KOMETA Cycling Team(@eolokometacyclingteam)がシェアした投稿

111.  Manuel Belletti(マヌエル・ベッレッティ)
112. Vincenzo Albanese(ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ)
113.  CHRISTIAN Mark(クリスティアン・マーク)
114.  DINA Márton(マルトン・ディナ)
115.  Lorenzo Fortunato(ロレンツォ・フォルトゥナート)
116.  GAVAZZI Francesco(フランチェス・コガヴァッツィ)
117.  Edward Ravasi(エドワード・ラヴァシ) 
118.  RIVI Samuele(リヴィ・サムエレ)

 

今年プロチームに昇格したばかりでジロ出場とは凄いこと。アルベルト・コンタドールとイヴァン・バッソがサボートカーから指示することになるのかな。

アルベルト・コンタドールとイヴァン・バッソのブランドAURUM MAGMAにも注目だ。

 

 Groupama-FDJ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Équipe Cycliste Groupama-FDJ(@equipegroupamafdj)がシェアした投稿

 

121.  Rudy Molard(ルディ・モラール)
122.  Matteo Badilatti(マッテオ・バディラッティ)
123.  Antoine Duchesne(アントワーヌ・デュシェーヌ)
124.  Simon Guglielmi(シモン・グリエルミ)
125.  Tobias Ludvigsson(トビアス・ルドヴィグソン)
126.  Sébastien Reichenbach(セバスティアン・ライヒェンバッハ)
127.  Attila Valter(アッティラ・ヴァルテル)
128.  Lars van den Berg(ラース・ファン・デン・バーグ)

 

エースのティボー・ピノは結局腰の状態が悪くジロ欠場。しかも、ツールも出ないという。

ダヴィ・ゴデュはツールに出場なので、FDJはルディ・モラールのスプリントでステージ優勝を狙うしか方法がない。

 

Intermarché-Wanty-Gobert

131.Jan Hirt(ジャン・ハート)
132.HERMANS Quinten(クインテン・ハーマンズ)
133. Wesley Kreder(ウェスレイ・クリーダー)
134. Riccardo Minali(リカルド・ミナリ)
135. Andrea Pasqualon(アンドレア・パスカロン)
136. Simone Petilli(シモーネ・ペティリ)
137. Rein Taaramäe(レイン・タラマエ)
138. Taco van der Hoorn(タコ・ファンデルホールン)

 

ワールドチーム昇格1年目でジロに爪痕を残すことが出来るだろうか。

 

Israel Start-Up Nation

 

141.  Daniel Martin(ダン・マーティン)
142.  Patrick Bevin(パトリック・ペヴィン)
143.  Matthias Brändle(マティアス・ブランドル)
144.  Davide Cimolai(ダヴィデ・チモライ)
145.  Alessandro De Marchi(アレッサンドロ・デマルキ)
146.  Alex Dowsett(アレックス・ダウセット)
147.  Krists Neilands(クリスツ・ニーランズ)
148.  Guy Niv(ガイ・ニープ)

 

チームはジロだけの特別ジャージで登場する。エースはダン・マーティン。ツールは、マイケル・ウッズがエースとなるだろう。

 

Team Jumbo-Visma

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Jumbo-Visma cycling(@jumbovisma_road)がシェアした投稿

 

151.  George Bennett(ジョージ・ベネット)
152.  Edoardo Affini(エドアルド・アッフィニ)
153.  Koen Bouwman(クーン・ボウマン)
154.  David Dekker(ディビット・デッカー)
155.  Tobias Foss(トビアス・ファス)
156.  Dylan Groenewegen(ディラン・フルネーフェン)
157.  Paul Martens(バウル・マルテンス)
158.  Jos van Emden(ヨス・ファンエムデン)

 

ジョージ・ベネットがエースを務める。ディラン・フルネーフェンは9か月振りのレースがいきなりジロだが、スプリントを狙うのか?  ディビット・デッカーのアシストをする?

 

Lotto Soudal

 

161. Caleb Ewan(カレブ・ユアン)
162. Jasper De Buyst(ジャスパー・デブイスト)
163.  Thomas De Gendt(トーマス・デヘント)
164.  Kobe Goossens(コービー・ホーセンス)
165.  Roger Kluge(ロジャー・クルーゲ)
166.  Tomasz Marczynski(トーマス・マルチンスキー)
167.  Stefano Oldani(ステファノ・オルダーニ)
168.  Harm Vanhoucke(ハーム・ファンフック)

カレブ・ユアンがステージ何勝するかが焦点。トーマス・デヘントはジロでは集団牽引役でしょう。ツール・ド・ロマンディ山岳賞を獲得したコービー・ホーセンスが逃げに乗るかも。

 

Movistar Team

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Movistar Team(@movistar_team)がシェアした投稿

 

171. Marc Soler(マルク・ソレル)
172.Dario Cataldo(ダニオ・カタルド)
173.JORGENSON Matteo(マッテオ・ヨルゲンソン)
174. Nelson Oliveira(ネルソン・オリヴェイラ)
175 PEDRERO Antonio(アントニオ・ペドレロ)
176.RUBIO Einer Augusto(エイネルアウグスト・ルビオ)
177. TORRES Albert(アルベルト・トレス)
178.  VILLELLA Davide(ダヴィデ・ヴィレッラ)

 

エースナンバーは、マルク・ソレル。直前のツール・ド・ロマンディでは逃げを決めて一時はリーダージャージとなっている。上位トップ10には入るでしょうね。

 

Team BikeExchange

 

181.  Simon Yates(サイモン・イェーツ)
182.  Michael Hepburn(マイケル・ヘッブバーン)
183.  Christopher Juul Jensen(クリストファー・ユールイェンセン)
184.  Tanel Kangert(タネル・カンゲルト)
185.  Cameron Meyer(キャメロン・マイヤー)
186.  Mikel Nieve(ミケル・ニエベ)
187.  Nick Schultz(ニック・シュルツ)
188.  Callum Scotson(カラム・スコットン)

 

優勝候補の一人サイモン・イェーツ。山岳での強さは申し分ない。昨年のジロでコロナ陽性となってしまいリタイヤしているので、今年はリベンジを兼ねている。

総合優勝は、最終タイムトライヤルまで、どれだけタイムを稼げるかにかかっている。

 

Team DSM

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team DSM(@teamdsm_)がシェアした投稿

 

191.  Jai Hindley(ジェイ・ヒンドレー)
192.  Nikias Arndt(ニキアス・アルント)
193.  Romain Bardet(ロマン・バルデ)
194.  Nico Denz(ニコ・デンツ)
195.  Chris Hamilton(クリス・ハミルトン)
196.  Max Kanter(マックス・カンター)
197.  Nicolas Roche(ニコラス・ロッシュ)
198.  Michael Storer(マイケル・ストーラー)

エースナンバーは、昨年総合2位のジェイ・ヒンドレー。ロマン・バルデは全く精彩を欠いているけど大丈夫なのかな。山岳ではニコラス・ロッシュも活躍するはず。

 

Team Qhubeka ASSOS

201.  Giacomo Nizzolo(ジャコモ・ニッツォーロ)
202.  Victor Campenaerts(ヴィクトール・カンペナールツ)
203.  Kilian Frankiny(キリアン・フランキーニー)
204.  Bert-Jan Lindeman(ベアトヤン・リンデマン)
205.  Domenico Pozzovivo(ドメニコ・ボッツォヴィヴォ)
206.  Mauro Schmid(マウロ・シュミッド)
207.  Maximilian Walscheid(マキシミリアン・ヴァルシャイド)
208.  Lukas Wisniowski(ルーカス・ヴィシニオウスキー)

スプリンターステージでは、ジャコモ・ニッツォーロが勝利を狙う。総合ではベテランドメニコ・ポッツォヴィヴォが頑張るだろう。

バイクはこの日に合わせて新しくカスタムペイントされている。

ヴィクトール・カンペナールツは、今年TTには力を入れてないので是非、逃げに乗って貰いたい。

 

Trek-Segafredo

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trek-Segafredo(@treksegafredo)がシェアした投稿

 

211.ヴィンチェンツォ・ニバリ(NIBALI Vincenzo)
212.ジャンルーカ・ブランビッラ(BRAMBILLA Gianluca)
213. ジュリオ・チッコーネ(CICCONE Giulio)
214. クーン・デコルト(DE KORT Koen)
215. エマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(GHEBREIGZABHIER Amanuel)
216. MOLLEMA Bauke(バウケ・モレマ)
217. MOSCA Jacopo(ジャコポ・モスカ)
218. マッテオ・モスケッティ(MOSCHETTI Matteo)

 

エースのニバリは、手首骨折で万全の状態ではない。

バウケ・モレマも調子はイマイチだし、ジュリオ・チッコーネが2年振りの山岳賞を貰うという手もあるかも。総合は無理でもステージ勝利を狙うのが得策だ。

 

UAE-Team Emirates

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

 

221.  Davide Formolo(ダヴィデ・フォルモロ)
222.  Valerio Conti(ヴァレリオ・コンティ)
223.  Alessandro Covi(アレッサンドロ・コーヴィ)
224.  Joe Dombrowski(ジョセフロイド・ドンブロウスキー)
225.  Fernando Gaviria(フェルナンド・ガビリア)
226.  Juan Sebastián Molano(フアン・モラノ)
227.  Maximiliano Richeze(マキシミリアーノ・リケーゼ)
228.  Diego Ulissi(ディエゴ・ウリッシ)

エースは、ダヴィデ・フォルモロ。心臓病の問題を克服したディエゴ・ウリッシがアシストとなる。

スプリントではフェルナンド・ガビリアが挑む。昨年は膝の痛みで途中リタイヤとなったので、今年はリベンジとなる。発射台はトラック競技でも仲良しのマキシミリアーノ・リケーゼだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました