ロードバイクの情報を発信しています!

エガン・ベルナルのジロ・デ・イタリア制覇は腰の状態次第 爆弾を抱えながら走ることになる

海外情報
Pexelsのcottonbroによる写真
この記事は約4分で読めます。

エガン・ベルナルは強力なメンバーと共にジロ・デ・イタリアに初出場する。

だが、本人自身のコメントでジロ・デ・イタリアで総合を狙うのは「すべては背中の反応に依存する」とコメントしている。

やはり、完全には治ってないというか、万全の状態ではないということなのだろうか?

 

スポンサーリンク

昨年のようになるか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

INEOS Grenadiers(@ineosgrenadiers)がシェアした投稿

 

昨年のジロはイネオス・グレナディアーズにとっておとぎ話のようになった。

ゲラント・トーマスのリタイヤからチームは崩壊かと思われる。だが、フィリッポ・ガンナは、タイムトライヤル全てに勝ち、逃げてステージ勝利も収め1人で4勝もしてしまう。

更に、ジョナタン・ナルバエスがステージ優勝。

そして、チームメイトのテイオ・ゲイガンハートはステージ2勝に、最終ステージの個人タイムトライヤルで逆転総合優勝を果たした。

チームで7勝を上げたのだから凄いことだ。ここからチームの戦略も変わった。リードを守ってロボットのように走るのではなく、攻撃して勝つというスタイルに変貌しつつある。

今年のジロでも同じように戦えるだろうか。

 

約束は出来ない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Egan Bernal(@eganbernal)がシェアした投稿

 

だが、ジロのエースとなるエガン・ベルナルには疑問符がつきまとう。脚の長さの不一致と脊椎の慢性脊柱側弯症のために、手術もできずトレーニングのみによって鍛えている。

根本的に完治出来るものかも良くわからない。いつ爆発するかわからないのだ。

 

これについてエガン・ベルナルは

私の(後ろの)状況は改善していると思う。ティレーノ・アドリアテッコの後、コロンビアの高度でうまくトレーニングが出来た。ここ数日、集中的に取り組んだ。

少し背中に違和感を感じたが、最近は状況が改善し、トレーニングの負荷が少なくなるにつれて良くなっている。

すべてが大丈夫であり、それがジロに耐えられることを願っている。

 

やはり、負荷が高くなると背中に不安を感じるようだ。だが、レースはトレーニングとは違う。

トレーニングで再現できないような、負荷がかかることが勝負所ではあるだろう。レースは、最強のライダーが最高のコンデションの時に勝てるもの。

また、昨年のツールのように途中リタイヤとならなければ良いのだけど。

 

すべては背中がどのように反応するかに依存する。すべてがうまくいくなら、ミラノでマリアローザを勝ち取るための戦いに焦点を当てる。

2か月間レースをしていないので、毎日状態を確認する。間違った約束をするのは無意味だ。

ベルナル本人でさえ、神頼みの様相だ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Egan Bernal(@eganbernal)がシェアした投稿

 

ベルナルは2016年コロンビアからイタリアに渡り、Androni Giocattoli-Sidermecに所属。アルプスの麓にあるクルニエに2年間住み、イタリアには馴染みがある。

2019年に鎖骨骨折していなければ、ツールに出ることなくジロをそのまま走っていたはずだ。

今回の第1ステージのスタート地点はイタリアに住んでいた場所から車で1時間くらいのところ。是非、知り合いの前で走りたいところだろう。

ジロには出場するが、最後までマリアローザ争いが出来るのかは誰にもわからない。本人でさえ、神頼みなのだから、突然遅れることもあるだろう。

その時の為にパヴェル・シヴァコフの走りも重要となる。強い攻撃的なベルナルが帰ってくるのかは、彼の背中の痛みにかかっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました