ロードバイクの情報を発信しています!

エガン・ベルナルとパヴェル・シヴァコフがジロ・デ・イタリアでイネオスを率いる

海外情報
Photo credit: campdarby on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

エガン・ベルナルは、3月のティレーノ・アドリアテッコ以来レースをしておらず、一時はケガの再発のためにジロへの出場はないのではないかと噂されていた。

それはツアー・オブ・アルプスも欠場したからだ。

だが、イネオスはジロ・デ・イタリアの出場メンバーを正式に発表。エガン・ベルナルはパヴェル・シヴァコフと共にチームを率いることが決定した。

攻撃的なベルナルが帰ってこなければジロ初制覇はないかもしれない。 

 

スポンサーリンク

イネオスのメンバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

INEOS Grenadiers(@ineosgrenadiers)がシェアした投稿

 

INEOS Grenadiers
スタートリスト
  • BERNAL Egan(エガン・ベルナル)
  • CASTROVIEJO Jonathan(ヨナタン・カストロピエホ)
  • GANNA Filippo(フィリッポ・ガンナ)
  • MARTÍNEZ Daniel Felipe(ダニエル・マルティネス)
  • MOSCON Gianni(ジャンニ・モスコン)
  • PUCCIO Salvatore(サルバトーレ・プッチョ)
  • SIVAKOV Pavel(パヴェル・シヴァコフ)
  • NARVÁEZ Jhonatan(ジョナタン・ナルバエス)

 

イネオス・グレナディアーズは7か月前に、ジロ・デ・イタリアをテイオ・ゲイガンハートで制している。

今年は、昨年のジロで活躍したローハン・デニスとテイオ・ゲイガンハート、リタイヤしたゲラント・トーマスはツール・ド・フランスに出場予定だ。

エガン・ベルナルとパヴェル・シヴァコフが共同エースを務めるが、第1エースは当然ベルナルとなる。

ただ、ジロの初日と最終日は個人タイムトライヤルが待っている。特に、最終21ステージは29.6kmの距離があり、数秒のリードでは勝つことが出来ない。

 

エガン・ベルナルもTTを改善しているが、今年のTTを見てみると

  • エトワール・ド・ベセージュ 35位 1分9秒遅れ 10.74km
  • トレーノ・アドリアテッコ 53位 55秒遅れ  10.1km

10kmの距離で約1分トップタイムから遅れている。単純に計算すると29.6kmでは3分近く遅れてしまうことも考えれる。

 

総合でTTが得意な選手は

  • ジョアン・アルメイダ(Deceuninck – Quick Step)
  • レムコ・エヴェネプール(Deceuninck – Quick Step)
  • アレクサンドル・ウラソフ(Astana – Premier Tech)

そこそこ強いのは、エマヌエル・ブッフマン(BORA – hansgrohe)、そしてマルク・ソレル(Movistar Team)もツール・ド・ロマンディで良いタイムを出している。

サイモン・イェーツ(Team BikeExchange)も20位以内で帰ってくるだろう。

 

やはり、イネオスのライバルとなるのは今回クイックステップの二人ではないかな。ベルナルは、山岳で相当のリードをしていないとジロ制覇は難しいのではないかと思う。

ジョアン・アルメイダとレムコ・エヴェネプールは間違いなく個人TTではトップ10に入ってくる。

場合によっては、現在フィリッポ・ガンナが調子を落としているので、レミ・カヴァニャと共に上位独占だってあるかもしれない。

まずは、初日の8.6kmのタイムトライヤルでエガン・ベルナルとパヴェル・シヴァコフは大きく遅れないことだ。今年のジロはTTが鍵を握りそうだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました