ロードバイクの情報を発信しています!

トム・デュムランは膝に金属片が埋まっている?

海外情報
https://twitter.com/tom_dumoulin
この記事は約4分で読めます。

ジロを左膝負傷でリタイヤしたトム・デュムランは、クリテリウム・ドーフィネでレースに復帰。

現在、ドーフィネを走ってますが、ここまでは逃げにも入っているし、左膝の状態は少しは良くなっている様子。

しかし、どうも左膝のケガの中に小さな金属片があることが確認された模様。

膝の中に金属片が入っていて良く走れるもんですねえ~。

 

スポンサーリンク

クリテリウム・ドーフィネでの走り

https://twitter.com/tom_dumoulin

デュムランの左膝の周りには、まだ目に見える腫れがあります。

しかし、デュムランはドーフィネの最初の3日間を無事に走り切った。第1ステージはメイングループでゴール。

 

http://www.cyclingnews.com/news/dumoulin-not-holding-back-in-dauphine-tt-despite-metal-splinter-in-knee/

第2ステージでアタック

続く第2ステージは、逃げ集団の中に入って、そこからアタックをかけ4人の先頭集団を形成。

しかし、メイン集団につかまってしまいまい、8分50秒遅れの72位でフニッシュ。

第3ステージは、サム・ベネットが勝利。デュムランは同タイムで無事に集団ゴール。ここまでは、大きく遅れてはいるけれど、膝の痛みをかかえながらも無難に走り切っている。

 

第4ステージは個人タイムトライヤル

https://www.criterium-du-dauphine.fr/en/stage-4

第4ステージ

第4ステージは、ロワンヌでの個人タイムトライヤル26.1キロ。

このタイムトライヤルは、ツール・ド・フランスのボーで行われる第13ステージのタイムトライヤルと良く似ている。距離も27キロとほとんど一緒。

 

ツールの前哨戦として、ライバルの仕上がり具合を計るのにはちょうど良いコース。

前半の11.5キロまで少しずつ勾配を増して613mの最高地点まで上がっていく。

スタート地点が291mだから、322m上がることになる。その後は、ゴールに向かって下っていくコース。

 

 

ここでは、デュムランの回復具合が試されるだろう。

「私はそれを試してみたい。それは良いテストになるだろう。

ツールのタイムトライアルまで、まだ時間がある。ジロ以来タイムトライアルバイクに乗ってないんだ。良い結果を願っているが、確認する必要がある」

とデュムランはCyclingnewsに語った。

 

膝の異物について

 

デュムランが言うには、

  • 膝の問題でエネルギーを浪費している
  • ドーフィネが終了してから、除去手術するか決める
  • レースの終わりまで完璧な状態ではないだろう
  • 体調が悪いわけではないが最高ではない
  • 悪化しなければレースは続ける
  • 苦痛だが、乗り越えたい
 
なんとか、頑張って欲しいですが、膝は長引くので走りながら回復は難しいかもしれない。本人もチームも辛い所です。
 
Sunvevのツール・ド・フランス暫定リストが出ています。現在7名であと一人決定してないようです。
Sunvev ツール・ド・フランス
暫定リスト
  • トム・デュムラン(DUMOULIN Tom)29歳 オールラウンダー
  • マイケル・マシューズ(MATTHEWS Michael)29歳 スプリンター
  • ウィルコ・ケンデルマン(KELDERMAN Wilco)28歳 オールラウンダー
  • ニコラス・ロッシュ(ROCHE Nicolas)35歳 クライマー
  • ソーレン・クラークアンデルセン(KRAGH ANDERSEN Søren)25歳 ルーラー
  • レナード・ケムナ(KÄMNA Lennard)23歳 TTスペシャリスト
  • ニキアス・アルント(ARNDT Nikias)28歳 スプリンター

 

ツール・ド・フランスまでは、まだ時間があるので膝の調子を早く治してもらいたい。

デュムランも万全でないとなると、あのチームに対抗するのは誰がするの~ という感じになりますよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました