ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトの4回目のシクロクロス世界王者への道はない

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ワウト・ファンアールトは自宅近くで開催された、X2Oトロフィー第5戦ヘーレンタルスでも圧勝。

 

2位のトム・ビドコックに1分6秒もの大差をつけた。ピドコックが連日のレースで疲れているとはいえ、全く太刀打ちできなかったのだから、力の差は歴然と言っても良いかも。

だが、ワウト・ファンアールトはレース後のインタビューで、2022シクロクロス世界選手権には出場しないことを改めて明言した。

これは、前日のマチュー・ファンデルプールの離脱に続く発表で、世界選手権の優勝候補二人がいなくなったことを意味する。

 

スポンサーリンク

ベルギー選手権には出場

 

今シーズン9戦して8勝という素晴らしい成績。ワウト・ファンアールトはレース後のインタビューで以下のように答えている。

 

今日の勝利のジャスチャーは何ですか? (ボクシングのようなパンチのラッシュのボーズ)

事前に考えていたんだ。戦術は簡単で、トーン・アールツが先頭で走るので、すぐに速くなった。みんなが一瞬限界になったので、そのまま続けたんだ。

日曜日はベルギー選手権が待っている。”何事もなければ “いい状態だ。

 

今後のシクロクロスの予定はスケジュール通りですか?

日曜日のベルギー選手権は、この冬の最後のクロスとなる。熱意はもちろん素晴らしいものだったけど、ワールドカップに出場しないことが常に意識されていた。当初の計画に固執することにした。

もちろん、ここ数週間は足が良かったけど、決して楽ではなかった。このような素晴らしいレースをパスするのは常に難しい選択だが、私の目標は春にあり、今はそれに集中している。

 

4つ目の世界タイトルの可能性よりも、ツアー・オブ・フランドルやルーべでの勝利を優先するということですか?

理想は両方勝つことだ。シクロクロスは、私の初恋のものであり、だからこそ、この数週間、力を注いできたんだ。

世界大会のために特別な準備をしなければならないし、精神的なエネルギーも浪費してしまう。

しかも、アメリカなので、その後1週間は時差ボケに悩まされる。これで4週間、春に向けた準備ができる。

 

ワウト・ファンアールトとチームの決断により、世界選手権はパスされる。その代わりに、ワウトは2月26日から始まるオンループ・ヘットニュースブラッドが追加された。

このレースには、コフィディスから移籍してきたクリストフ・ラポルトも参加する。好調なワウトは最初のロードレースから良いコンデションで望めそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました