ロードバイクの情報を発信しています!

SD Worxが2022年シーズンに乗るSpecialized TarmacSL7を公開

機材情報
photo SDWorx
この記事は約4分で読めます。

2020年からワールドツアーチームとなった、SD Worx。

HRサービスプロバイダーのSD Worxが、2021年から2024年までスボンサー契約を結んでおり、更にチーム力が強化されていく。

SD Worxは、スペシャライズドのバイクサボートを受けており、2022年シーズンのバイクを発表。チームユニフォームが鮮やかにデザイン変更となったのに合わせてバイクカラーも一新されている。

 

スポンサーリンク

Specialized TarmacSL7

こちらは新しくなったユニフォーム
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team SD Worx(@teamsdworx)がシェアした投稿

 

SD Worxのユニフォームは2022年からより鮮やかになった。これは、UCI Women’s WorldTourのリーダージャージに似ているからという理由からだ。

スペインのコンチネンタルチームBizkaia-Durango女子チームがデザインを変更したのと同じですね。

 

これに合わせてバイクのカラーデザインも変更。パープルカラーとなっている。

Photo: Courtesy SD Worx

 

チームのコンポーネントは、SRAM。兄弟会社のZippはチームのホイールとコックピットコンポーネントを引き続き担当する。

Tacxはトレーナー、ウォーターボトル、ボトルケージを提供し、親会社のGarminはGPSユニットとウェアラブルデバイスを提供。

 

Photo: Courtesy SD Worx

 

SD WorxカラーのSpecialized TarmacSL7はカッコいいですね。SRAM AXS Red eTapを使用しているのでケーブルも見えずすっきり。

 

Photo: Courtesy SD Worx

 

ハンドルはZipp。こちらは統合されたコクピットではない。

 

SD Worxのエイミー・ピータース(Amy Pieters)だが、落車により昏睡状態が続いていた。

1月6日木曜日にオランダに飛行機で搬送された。まだ、意識は戻っていないけど、自発的に呼吸することが出来るようになっている。無事に回復してくれることを願ってやまない。

 

SD Worx S-Works TarmacSL7 spec

Photo: Courtesy SD Worx

 

  • フレームセット: S-Works Tarmac SL7
  • フロントブレーキ: SRAM Red HRD
  • リアブレーキ: SRAM Red HRD
  • ブレーキ/シフトレバー: SRAM Red eTap AXS HRD
  • フロントディレイラー:  SRAM Red eTap AXS
  • リアディレイラー: SRAM Red eTap AXS
  • カセット: SRAMレッド 
  • チェーン:  SRAM Red12
  • クランクセット: Quarqパワーメーターを内蔵したSRAM Red eTap AXS
  • ホイールセット: Zipp 303 Firecrest
  • タイヤ:SpecializedターボRapidAirチューブレス
  • ハンドルバー: Zipp
  • バーテープ: Zipp
  • ステム: Zipp SL Speed / S-Works
  • コンピューターマウント: N / A
  • ペダル: Time Xpro 10 Carbon
  • サドル: S-Works Power Mimic
  • シートポスト: S-Works
  • ボトルケージ: Tacx Deva
  • サイクリングコンピューター: Garmin Edge 830

コメント

タイトルとURLをコピーしました