ロードバイクの情報を発信しています!

フルームは来シーズン、ドーフィネで発見されたFactorの新型バイクに乗る?

機材情報
photo factorbikes instagram
この記事は約3分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネでFactorの新型と思われるエアロロードが目撃された。

このバイクはFactorのエアロバイクONEと軽量クライミングバイクの02 VAMの良い部分を合わせたようなフレーム形状となっている。

各社共に、エアロと軽量を組みあらせたバイクが登場しており、Factorも同じ道をたどるようだ。

すでに、今月初めにUCIの承認したフレームとフォークリストに、オストロと呼ばれるモデルが登場している。

ファクター・オストロ(Factor Ostro)が来シーズンクリス・フルームが乗るバイクとなるだろうか?

 

スポンサーリンク

軽量でエアロに

photo bikeradar

上の写真が新しいエアロロードバイク、オストロと呼ばれるであろうバイクだ。

注目するべき点は、トップチューブにVAMと名前が入っていること。

VAMは「Velocità Ascensionale Mmedia」(平均上昇速度)を意味し、伝統的にFactorの軽量バイクVAMを表している。

高弾性カーボンファイバーを使用することで軽量化は可能だが、この例では他の方法でも軽量化が図られている。

 

photo bikeradar

例えば、シートステーは劇的に細くなっている。シートチューブとシートポストも、表面積と質量が減少しているように見える。

 

これまでのIsrael Start-Up Nationが乗るONEを再度みてみると

シートポストとシートステイが交わる部分も変更されているのがわかる。エアロ性能を保ちながら、少しずつ軽量化にこだわっている。まあ、実際の重量とかはわからないけど。

 

photo bikeradar

ハンドルバーは、O2 VAMのBlack Inc一体型ハンドルバーと非常によく似ている。当然ケーブルは内装化されている。

このバイクはディスクブレーキだが、フルームもついにディスクに乗るようになるのかな。

その他は、ブラックインク製チューブラーホイール、デュラエースR9150 Di2、セラミックスピードOSPシステムなど、現在Israel Start-Up Nationで使用されている純正パーツで構成されている。

このバイクの正式な登場は、ツール・ド・フランスとなるだろうと予測されており、Israel Start-Up Nationのメンバーはこれで走るはずだ。

そして、クリス・フルームもこのバイクで来シーズンは平地を走ることになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました