ロードバイクの情報を発信しています!

2022 X2Oトロフィー第5戦ヘーレンタルス ワウト・ファンアールト対トム・ピドコックの対決!

海外情報
Photo credit: Erf-goed.be on VisualHunt
この記事は約6分で読めます。

ヘーレンタルスの大会は、今年で2回目。

昨年は、マチュー・ファンデルプールがパンクしてワウト・ファンアールトがつき離して勝利している。

 

残念ながら、マチューは欠場。更に、今シーズンのシクロクロスシーンからも姿を消す。

 

スポンサーリンク

X2Oトロフィー第5戦ヘーレンタルス

コースマップ photo X2O badkamers

 

コースは昨年の3.5kmから2.7kmに縮小。林間の中を走るコースで、割と高速コース。ただ、スキーバーグの登りは死刑執行人と呼ばれておりライダーには厳しい。

途中陸上競技場のトラックを走る部分もある。

 

スタート前

Tiz-cyclingストリーミングより スクリーンショット以下同様

連勝記録は途切れたけれど、絶好調のワウト・ファンアールトは優勝候補ナンバーワンだ。今回の、ヘーレンタルスとベルギー選手権でワウトのシクロクロスシーズンは終わる。

 

Alpecin-Fenixのライダーのお尻の部分には、新しくスボンサーとなったDeceuninck の名前が入っている。

 

今週末からなので、今日はまだ見えないかな。泥ですぐに確認できなくなりそうだけど。

 

X2Oトロフィーはタイム制で、現在トップはトーン・アールツ。2位のエリ・イーゼルビットに1分20秒のタイム差をつけている。

 

昨日優勝のトム・ビドコックは端からスタート。

 

スタートダッシュを決めたのはワウト・ファンアールト。

 

ワウトは、フィールドにトップで走りだしていく。゜

 

2番手にトーン・アールツ。トム・ビドコックは4番手。

 

トーン・アールツとピドコックがトップに躍り出る。

 

スキーバーグの登りでトーン・アールツが先頭に。

 

3位にトム・ピドコックが上がってきた。3人が少し抜け出した感じか。

 

2周目

ワウト・ファンアールト先頭で3人のパックとなった。

 

3人が完全に抜け出した。2位グループに5秒以上の差をつけている。

 

登りからワウト・ファンアールトが仕掛ける。後ろの二人にプレッシャーを与える。

 

トム・ピドコックがトーン・アールツの前に出る。

 

3周目

ファンアールト好調だ。二人を少しずつ離していく。

 

直線でも、後ろにピドコックの姿が見えなくなってきた。

 

7秒差で二人が追う。

 

3位グループは混戦だ。マイケル・ファントーレンハウトとローレンス・ウィークが前を走る。だが、シリーズ2位のエリ・イーゼルビットの姿はない。

 

トーン・アールツが少し、トム・ビドコックを引き離す。

 

4周目

ピドコックが、再びトーン・アールツの背中を捕らえた。

 

一旦、ピドコックが前に出たが、またアールツに抜き返される。

 

5周目

トーン・アールツが先頭交代を促して、トム・ビドコックが前に出る。ワウトとは41秒も離れてしまった。遠くに4位のマイケル・ファントーレンハウトとローレンス・ウィークが見える。

 

ワウト・ファンアールトは、どこまでリードを広げるだろう。素晴らしいペースだ。

 

ビドコックはペースを上げて、トーン・アールツを引き離していく。

 

トーン・アールツも5秒差でピドコックを追う。これ以上離されると追いつくのが難しくなりそうだ。

 

6周目

Alpecin-Fenixのティム・メルリエが下りカーブで落車してしまう。現在13位あたりを走っている。

 

トーン・アールツは登りでピドコックに追いついてきた。ビドコックは昨日の疲れがあるのかな。

 

だが、ビドコックは追いつかせない。下りで引き離した。

 

7周目

5位で走っていた、ローレンス・ウィークがピットに入ってしまった。クリスマス前から痛めている、背中の問題のようだ。

 

情報では、ピドコックは英国選手権には出ない。イネオスのキャンプを優先するようだ。

 

8周目

今シーズンのワウト・ファンアールトを止めるライダーは誰もいない。アクシデントだけが、彼の足を止めるだけだ。

 

9周目

登りで再び、トーン・アールツがトム・ビドコックの背中を捕らえる。

 

だが、ピドコックが最後にペースをあげる。

 

ワウト・ファンアールトは、右に左に手を上げて派手なガッツポーズを決める。2位のピドコックに1分6秒のタイム差をつけて圧勝した。

これで9戦中8勝を上げることになった。

 

トム・ピドコックは3位のトーン・アールツを振り切って2位でゴール。トーン・アールツは1秒差で表彰台を確保。リーダーの座も死守している。

 

スポンサーリンク

リザルト

  1. ワウト・ファンアールト(Team Jumbo-Visma) 1:02:45
  2. トム・ピドコック(INEOS Grenadiers) +01:06
  3. トーン・アールツ (BALOISE TREK LIONS) + 01:0730
  4. マイケル・ファントーレンハウト(Michael – Pauwels Sauzen – Bingoal)+2:02
  5. ラース・ファンデルハール(BALOISE TREK LIONS) +0:33
  6. イェンス・アダムズ(HOLLEBEEKHOEVE CYCLING TEAM) +2:17
  7. トム・メーウセン(Group Hens–Maes Containers) +2:46
  8. ジャンニ・フェルメルシュ(Alpecin-Fenix) +3:31
  9. エリ・イーゼルビット(Pauwels Sauzen-Bingoal) +3:44
  10. コルネ・ファンケッセル(TORMANS CYCLO CROSS TEAM) +4:27

コメント

タイトルとURLをコピーしました