ロードバイクの情報を発信しています!

トム・デュムランはワウト・ファンアールトのモン・ヴァントゥ勝利を見てウズウズすると

海外情報
Image by Claudio_Scott from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

トム・デュムランは無期限の休養宣言から、ツール・ド・スイスで復帰。オランダ選手権タイムトライヤルでは優勝している。

Team Jumbo-Vismaのチームメイトがツール・ド・フランスを戦っている間に、トム・デュムランは東京オリンピックに向けて準備をしている。

トム・デュムランはインタビューで、ツール1週目の慌ただしさ、クラッシュ、神経質さについて語っているので見てみよう。

 

スポンサーリンク

ワウトの優勝は痒みを感じる

 

Team Jumbo-Vismaは、エースのプリモッシュ・ログリッチを失って苦労してます。現状をどう見てますか?

我々のチームにとって、最初は本当に悲観的な状況だったが、その後、メンバーが回復力を見せてくれたのは嬉しい。

モン・ヴアントゥを2回通過したステージでワウト・ファンアールトが勝っているのを見ると、かゆくなってくるんだ。ウズウズしてくるね。

また、この時期のツールは、キャンピングカーで道端に立っている人たちの休日感があって好きなんだ。私はいつもそれが特別なことだと思っている。

 

チームメイトのヨナス・ヴィンゲコーについてどうですか?  彼は2週間後に総合上位につけてます。

彼はすぐにチャンスを掴む。今年、彼がまた大きな一歩を踏み出したことは喜ばしいことだ。

彼が非常に優れたライダーであることは知っていたが、モン・ヴァントゥでポガチャルを解放することができるのは、別の話だ。

ポガチャルは他とは全く違うレベルになるだろうと誰もが考えていたので、それはチャンスでもある。でも、今ツールで初めて、”ああ、やっぱり何かできるかもしれない “と思った。

 

ロードとタイムトライヤル出場するオリンピックについてはどうですか。

5月にターゲットトレーニングを開始してからの進歩にとても満足している。リヴィーニョでの高地トレーニングのおかげで、登り方がよくわかった。

オリンピックでの黄金のカムバック? この瞬間、私もブロンズで宙を舞っている。リオの銀メダル以上に大切にしていることがある。金メダルは素晴らしいし、もちろん狙っているけど、とても難しいでしょうね。

 

トム・デュムランもチームメイトの活躍には、内心ウズウズしているのは間違いない。このツールに出ていれば、チームメイトの助けになったはずだとも感じているようだ。

まずは、東京オリンピックが終わってどう思うのか。再び、チームと合流してロードレースを続けるのか。

ファンとしては、再びロードで活躍するトム・デュムランの姿を心待ちにしておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました