ロードバイクの情報を発信しています!

ミケル・ランダはツール・ド・フランスの表彰台を獲得出来るのか?

海外情報
photo Bahrain - McLaren instagram
この記事は約5分で読めます。

ミケル・ランダは自分の力のピークに達していると考えており、肉体的にも精神的にも成熟し、これまで以上に強くなったと感じていると主張している。

バーレーン・マクラーレンにチームを移籍する直前の12月に30歳になったランダは、そのことが自分のゲームの頂点に立っているという感覚につながっていると語っている。

アスタナ、チームスカイ、モビスターでは、他のビッグネームとリーダーシップを共有しなければならず、自分の利益を犠牲にしなければならないことが多かった。だが、バーレーン・マクラーレンでは、フルサポートでツール・ド・フランスの先頭に立つ。

スペイン国営スポーツチャンネル「Teledeporte」のインタビューに応じたランダは、自身のキャリアの中で “最高の瞬間 “にいるかどうかを尋ねられた。

 

スポンサーリンク

今が最高の瞬間

photo Mikel Landa instagram

 

そうかもしれない…とにかくそう願っているよ。実際のところ、肉体的にも精神的にも、より成熟したと感じている。

シーズンが終わるたびに、『くそっ、俺は何も知らなかったんだ』と言うんだ。でも、より強くなったと感じているし、自分のフォームを見つけてそれを維持するのが簡単になっている。

素晴らしい機会を与えてくれる新しいチームにいることを楽しんでいるし、自分のベストを尽くしていると思うよ。

とランダは、彼のキャリアの中で最高の瞬間を迎えているかどうかを尋ねられた時、こう答えている。

 

高地トレーニングで順応する

photo Bahrain – McLaren instagram

ランダは8月29日から9月20日まで開催されるツール・ド・フランスの主要ステージを見て回るため、木曜日にフランスアルプスに到着した。

来週にはアンドラでの高地キャンプに移動し、2週間にわたって多くのツールチームメイトと合流する予定だ。

 

私はチームに入ったばかりで、レース前にグループのことを知ることは重要だ。多くの状況や挫折が起こることもあるし、チームメイトを信頼していればすべてが楽になるから、この2週間を彼らと一緒に過ごすことは重要だ。

とランダは語った。

ランダは7月下旬のブエルタ・ア・ブルゴスでレースに復帰し、その後、母国バスク地方で開催される1日レースのCircuito de Getxo、そしてツール前のフランスで開催されるクリテリウム・ドーフィネに続く。

10月下旬と11月のブエルタに向かうかどうかは、ツールの後に決定されるが、彼は後ろにチームがあることを楽しみにしている。

 

最初の計画としては、勝つためのレースをして、もう少し保守的な方法で行きたいと思っている。それがうまくいって、彼らが与えてくれたチャンスを生かすことができればいいんだけどね。

僕がチームをリードしていて、良い時も悪い時も、どんな時も僕をサポートしてくれるチームがあれば、僕は上に行きたいと思っている。

これまでと違って、もっとアタックを見せてくれるはずだ。いや見てみたいランダのアタックを!

 

チームは来年も存続する

photo Bahrain – McLaren instagram

レースが中断される一方で、COVID-19パンデミックの影響でチームの安定性に打撃を受けているが、ランダはライダーたちが来年も継続するという保証を受けていると語った。

年明けに就任したマクラーレンは、従業員のかなりの部分をレイオフするなど、大きな財政難に陥っていることがわかっている。

 

サイクリングチームにどのような影響があるかは不明だが、選手たちはすでに賃金の繰り延べを受け入れなければならなかった。

 

 

チームからは、チームの存続が保証されていると伝えられている。チームはマクラーレンの前に存在していたし、来年も存在するだろう。

 私はまだマクラーレンと一緒にいると信じている。私は知らないが、チームは私たちにチームの継続が保証されていると言っている。

 

昨年のジロでは、チームメイトのリチャル・カラパスが勝利。ツールでもアタックを見せるが3人もリーダーがいては上手くいかない。今度こそ、ランダのためのチームなので実力を発揮しなければならない。

クライマーのアシストは十分にいるし、TTも少ないので、チャンスはあるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました