ロードバイクの情報を発信しています!

CANYONはジロ・デ・イタリアに向けてCANYON Speedmax CFRを発表

機材情報
photo canyon
この記事は約3分で読めます。

CANYONがついに新しいCANYON Speedmax CFRを発表した。

すでにモビスターのマルク・ソレルがレースで使用していたので、発売は近いと噂されていたのだけど。

このタイムトライヤルマシンは、トライアスロン用に発売されていたUCIの基準に合致しないバイクを改良したものだ。

ジロ・デ・イタリアではMovistar TeamAlpecin-Fenixが使用すると思われる。

新しいバイクは、サボートチームであるTeam Arkéa Samsic、女子チームのCANYON-SRAMのライダーでテストされ、共同開発している。

 

スポンサーリンク

CANYON Speedmax CFR

photo canyon

 

UCIのルールに適合するように全体的に修正が加えられ、フォークレッグ、ダウンチューブ、ボトムブラケット、ヘッドチューブの接合部に使用される浅いチューブ形状が変更されている。

トライアスロン用のBOXとかは、全て削除されてロードレースのTTバイクとして生まれ変わっている。

フレーム重量は1,030gで、小、中、大の3つのサイズのみが利用可能となっている。

 

photo canyon

バイクの重量は、8.62kg。

みての通り、シングルチェーンリングのコンポーネントとなっており、タイムトライアル専用設計となっている。

フロントディレーラーを除去したことによる重量軽減に加えて、ワンバイコンポーネントは信頼性が高く、変速エルゴノミクスもより直観的なものになる。

SRAM Redグループセットに統合されたQuarqスパイダーベースのパワーメーターが付属している。

 

photo canyon

フォーク重量は500gで、とても薄く幅広になっている。ブレーキキャリバーは風から守られている。

ホイールはZIPP 808 Firecrest。コンチネンタルグランプリTTタイヤが装着されている。

 

photo canyon

コクピットは、タイムトライアルに最適な幅を選択し、390mmのベースバーを採用。

前方投影面積は小さく、CFD解析を繰り返し、フレームに対して理想的な形状に最適化されている。さらに、Zipp Vuka Shiftエクステンションが採用されており、追加のブリップボックスも不要だ。

ディスクブレーキ専用で、価格は1,099,000円。

ジロ・デ・イタリアのタイムトライヤルではじっくりと見ておこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました