ロードバイクの情報を発信しています!

Vini Zabùはドーピング違反により30日間の出場停止 ジロ・デ・イタリアのワイルドカードは変更となる

海外情報
Image by Gerd Altmann from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

Vini Zabùは12か月間で2度のドーピング違反を出しており、ジロ・デ・イタリアへの出場が危ぶまれていた。

チームは4月7日にレースへの出場停止を自主的に発表。

UCIは4月19日にVini Zabùに、チームの2人のメンバーが12か月以内にドーピング防止規則に違反したため、4月7日まで遡って30日間のレース出場停止を決定した。

レース出場停止は5月6日までとなる。

 

スポンサーリンク

ジロのワイルドカードは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vini Zabú – Pro Cycling Team(@vinizabu_procyclingteam)がシェアした投稿

 

Vini Zabùは、4月14日にジロ・デ・イタリアから撤退すると発表していた。

これにより、ワイルドカードが注目されていたが、ジロの主催者はAndroni Giocattoli-SidermecがVini Zabùの撤退によって空いたワイルドカードスポットを獲得すると発表している。

これでジロ・デ・イタリアのワイルドカードは

  1.  EOLO-Kometa
  2. Androni Giocattoli-Sidermec
  3.  Bardiani-CSF-Faizanè
  4. Alpecin-Fenix

イタリアのプロチームが3チーム出場する。Alpecin-Fenixは自動招待。

今年は、コロナによって財政的危機に陥っている自国のチームを救うために、グランドツアーのワイルドカードが3チームに増えている。

 

Androni Giocattoli-SidermecのGMは、ワイルドカードに落選した時にかなり憤慨していたが、これで納得だろう。

可哀そうなのは、Vini Zabùのメンバーだ。チームから二人のドーピング違反が出てジロにも出れず、5月6日までレースにも出れないのだから、多くの出場機会を逃してしまう。

昨年のジロでも、エースのジョヴァンニ・ヴィスコンティ(Giovanni Visconti)が逃げに乗ったりして、活躍していたのだけど。残念なことだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました