ロードバイクの情報を発信しています!

Vini Zabù – KTMがジロ・デ・イタリアに出場出来ない危機に

海外情報
Photo by Nastya Dulhiier on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

2021ジロ・デ・イタリアにワイルドカードで出場が決定しているVini Zabù – KTM。

今年のジロ・デ・イタリアは、コロナにより経済的に厳しいチームが多いために22チームから23チームに出場チームが増加する。

昨年のジロでも、エースのジョヴァンニ・ヴィスコンティ(Giovanni Visconti)が逃げに乗ったりして、活躍していたのだけど。

ワイルドカードが決定しているのに、出場が出来ない事態になりそうな理由とは?

 

スポンサーリンク

12か月以内に2回目

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Matteo Spreafico(@msprea93)がシェアした投稿

 

問題となっているのは、2020ジロ・デ・イタリアに出場したマッテオ・スプレアフィコ(Matteo Spreafico)が2月16日に競技外テストでEPOでドーピング違反となったこと。

サンプルBの分析を要求する権利を持っているが、これでも陽性だった場合には4年間のレース出場禁止の処分となる。

問題となるのは、マッテオ・スプレアフィコが2020ジロ・デ・イタリアでもドーピングで処分されていることだ。

2020年10月22日、UCIはマッテオ・スプレアフィコに、2020年10月15日と16日のジロ・デ・イタリアで収集された2つのサンプルで薬物オスタリンのドーピング違反となっている。

これはアナボリックステロイドと同等の効果を持つ薬物で、サプリメントなどにも含まれており、ネットで購入することも出来るもの。

うっかりドーピングだったということも考えられなくもないが、EPOまで検出されては常習犯だった可能性は高い。しかも、2021年は全くレースにも出ていないのだから。

 

マッテオ・スプレアフィコは、これで12か月以内に2回目の違反となる。

UCIのアンチドーピング規則のセクション11.3.1に基づき、2人のライダーまたはスタッフのメンバーがアンチドーピング規則違反を犯した場合、チームは15日から45日の競技停止になる。

45日となると、ジロ・デ・イタリアに重なってしまう。

UCIはコメントしていないが、懲戒委員会に照会し処分を決定する。サンプルBが陽性の場合には、チームのジロ出場はかなわないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました