ロードバイクの情報を発信しています!

ナセル・ブアニにフェンスに押し付けられたジェイク・スチュワートはなんと骨折してた!

海外情報
Photo by Kate Hliznitsova on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

Groupama-FDJのジェイク・スチュワートは、フランスのワンデイレース、ショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールのゴールでナセル・ブアニ(Team Arkéa Samsic)にフェンス際に追いこまれてブレーキをかけて落車を逃れた。

だが、ジェイク・スチュワートは、ブアニとの衝突の結果、第2中指が骨折していることが判明した。

これにより、ジェイク・スチュワートは、予定されていたロンド・ファン・フラーデレンも出場出来ない。

 

スポンサーリンク

レースは当分走れない

 

ジェイク・スチュワートは、ツイッターで

私たちはそれが表面的なものだと思って期待していたが、今朝のX線写真では、日曜日のショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールの後に骨折した第2中手骨が示された。

今週はロンドを欠場することは控えめに言っても過言ではないが、今は回復してバイクに戻ることに全力を注いでいる。

とコメントしている。

このように相手が骨折してレースに出場できない状態となると、ナセル・ブアニの処分は、3位のゴールの剥奪だけでは済まなくなる。

すでにUCIは翌日に懲戒委員会に紹介することを発表しているが、出場停止などの処分は間違いないかもしれない。

ナセル・ブアニは謝罪しているが、これだけでは済まないだろう。

 

期待の若手

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jake Stewart 🇬🇧(@tjakestewart)がシェアした投稿

 

ジェイク・スチュワートは3週間走れなくなる。ここまでの彼の成績は素晴らしい。

2020年10月1日にEquipe continentale Groupama-FDJ開発チームから昇格して、今シーズンの走りは驚異的だ。

 

Jake Stewart
2021レース成績
  • エトワール・ド・ベセージュ ヤングライダー賞獲得
  • オンループ・ヘットニュースブラッド 2位
  • ノケレ・コールス 6位
  • ブレーデネ・コクサイデ・クラシック 12位

21歳という若さで、クラッシックでここまでの成績を残すのは凄いことだ。すでにアンダーの枠に収まっている選手ではない。

足の状態が良かっただけに、3週間レースに出れないことにより春のクラシックを欠場してしまうのは勿体ないことだ。

ブアニは、故意にしていないとはいえ、これは大きな問題となるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました