ロードバイクの情報を発信しています!

エマヌエル・ブッフマンはジロ・デ・イタリアの前にBORA-hansgroheと延長契約発表

海外情報
Pexelsのenergepic.comによる写真
この記事は約3分で読めます。

今年初のジロ・デ・イタリアに挑戦するエマヌエル・ブッフマンがBORA-hansgroheと延長契約を発表した。

ジロを走るブッフマンは、東京オリンピックのロードレース金メダルも狙うことになる。

 

スポンサーリンク

2024年まで契約延長

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BORA – hansgrohe(@borahansgrohe)がシェアした投稿

 

エマヌエル・ブッフマンは、2019ツール・ド・フランス総合4位となり、2020年はツールの表彰台を狙っていた。

だが、8月のクリテリウム・ドーフィネ第4ステージで落車。それまで総合3位につけていたがリタイヤしてしまう。

落車の影響で、2020ツールは全く走れず総合38位。チームは早くから、エマヌエル・ブッフマンの2021ジロ・デ・イタリアへの参戦を表明していた。

 

ジロ・デ・イタリアのメンバーは

71.  Peter Sagan(ペーター・サガン)
72.  Giovanni Aleotti(ジョン・アレオッティ)
73.  Cesare Benedetti(チェザーレ・ベネティティ)
74.  Maciej Bodnar(マチュイ・ボドナール)
75.  Emanuel Buchmann(エマヌエル・ブッフマン)
76.  Matteo Fabbro(マッティオ・ファブロ)
77.  Felix Großschartner(フェリックス・グロスチャートナー)
78.  Daniel Oss(ダニエル・オス)

 

ジロ・デ・イタリアでは、エマヌエル・ブッフマンは総合上位には入るだろう。タイムトライヤルも、20位以内でゴールするはずだ。

だが、山岳でのアシストは、サガンのスブリントを狙うために限られている。

2020ブエルタ総合9位となった、フェリックス・グロスチャートナー。ティレーノ・アドリアテッコで総合5位となったマッティオ・ファブロが山岳でアシストすることになる。

サガンの発射台はダニエル・オスとなるだろう。まあ、サガンの場合にはトレインは必要ない場合が多いけど。

エマヌエル・ブッフマンの目標は、あくまでもツール・ド・フランスの表彰台だ。今後数年のうちに達成することを目標としている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました