ロードバイクの情報を発信しています!

BORA – hansgroheの2022 ツール・ド・フランスの出場メンバー グリーンジャージは眼中にない?

海外情報
Photo credit: Nathalie05 on VisualHunt.com
この記事は約6分で読めます。

BORA – hansgroheのツールメンバーには、2020グリーンジャージを獲得したサム・ベネットがいない。

2021年に膝の不調からツール・ド・フランス出場を取り消され、マーク・カヴェンディシュが代わりにグリーンジャージを獲得した。

 

それ以来、サム・ベネットは今年も最高のシーズンを送れていない。チームはアレクサンドル・ウラソフの総合だけを狙うのではない。

スプリンターのダニー・ファンポッペルと、リードアウトのマルコ・ハーラーも連れていく。

サム・ベネットにとってはリードアウトのために獲得したダニー・ファンポッペルがエーススプリンターとしてツールに出場するのを見るのは複雑な心境だろう。

 

スポンサーリンク

BORA – hansgroheのツールメンバー

 

アレクサンドル・ウラソフ
レナード・ケムナ
パトリック・コンラッド
マルコ・ハーラー
フェリックス・グロスチャートナー
ニルス・ポリッツ
マキシミリアン・シャフマン
ダニー・ファンポッペル

 

アレクサンドル・ウラソフ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Aleksandr Vlasov(@aleksandr_vlasov)がシェアした投稿

 

Astana Qazaqstan Team から移籍して、エースとして十分な走りを見せている。

ツール・ド・スイスでは、総合トップに立ちながらコロナでリタイヤとなったけど、それがなければ間違いなく総合優勝は間違いなかったはず。

 

今シーズンの成績は

 

とくに、ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナでは、グラベルロードで抜け出して優勝したのは特筆すべきだ。

 

ツールでは第5ステージに石畳のステージが控えている。グラベルと石畳では走りが違うが、ある程度は対応できるのではないだろうか。

ただ、UAEツアーで、タディ・ポガチャル、アダム・イェーツと直接対決した時には、登りでついていけていない。シーズン序盤ということはあったが、ツールの山岳ではどうなるか。

表彰台の一角に食い込む走りを期待したい。

 

レナード・ケムナ

 

昨シーズンは、ボルタ・ア・カタルーニャ第5ステージで優勝を飾り、ヴォルタ・アン・アンガルヴェを走り切ったあとから走れない日々が。

 

長い失意の日々を過ごしたが、ブエルタ・ア・アンダルシア第5ステージで不死鳥のように復活。

 

強いレーナード・ケナムの復活だ。ツアー・オブ・アルプス第3ステージで今シーズンの2勝目。

 

ジロ・デ・イタリアでの活躍は言うまでもないだろう。第1ステージからゴール前に逃げて調子の良さをみせつけた。更に第3ステージで優勝。

 

総合2位を第8ステージまでキープした。そして第20ステージでは、3度目の逃げに入っていたが、自分の走りを犠牲にして、ジェイ・ヒンドレーを待った。

無線で聞いていただろうけど、実に絶妙なタイムミングでジェイ・ヒンドレーのアタックの後に、彼を引いてリチャル・カラパスとの差を一気に広げた。

まさに、ジロを決定づけた瞬間だった。

レナード・ケムナは、ジロを総合19位でフニッシュ。直前のドイツ選手権タイムトライヤルで優勝。そして、再びツール・ド・フランスの舞台に立つ。

ダブルツールとなって疲れが心配だが、これは昨年の経験があるので調整方法も分かっているのでは。ツールでは、アレクサンドル・ウラソフの山岳アシストとして働くのがメインとなるはず。

たまには、逃げを見せて貰いたいけど、総合上位を狙う今回のチームではないだろう。2020年のように逃げて勝利が見られると面白いけど。

 

マキシミリアン・シャフマンは、アレクサンドル・ウラソフがツアー・オブ・スイスをコロナでリタイヤとなったあと総合10位でフニッシュ。

ツールでは、フェリックス・グロスチャートナーと共に山岳アシストだ。逃げて勝利を見せてくれるのは、ニルス・ポリッツ。

昨年と同じように、丘陵ステージでの逃げ切りを期待したい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました