ロードバイクの情報を発信しています!

2022 グラン・プレミオ・ミゲル・インドゥライン  まさかのゴール展開に

海外情報
Photo credit: eso2 on VisualHunt.com
この記事は約10分で読めます。

スペインの英雄、ミゲル・インドゥラインにちなんで行われるワンデイレース、グラン・プレミオ・ミゲル・インドゥライン(Gran Premio Miguel Indurain)  UCIプロレース。

ミゲル・インドゥラインは、1991年から1995年にかけてツール・ド・フランス5連覇を達成。1992年・1993年のジロ・デ・イタリア総合優勝、1995世界選手権優勝など、数多くのタイトルを獲得している。

ツールでは、個人TTでタイムを稼いで山岳でキープするという現代流の勝ち方を行っていたライダーだ。ツール6連覇を目前にして、山岳で崩れてしまい翌年に引退している。

レースは、今年で31回目の開催となるが、レースの歴史は1951年にさかのぼる。最初は、バスク・ナバラ山選手権という名前で行われ、コースはスペインの山岳選手権を何度も務めてきた。

1999年以降から現在のレース名、グラン・プレミオ・ミゲル・インドゥラインとなっている。

 

過去優勝者は

  • 2021  アレハンドロ・バルベルデ
  • 2019  ジョナタン・イヴェール
  • 2018  アレハンドロ・バルベルデ
  • 2017  サイモン・イェーツ
  • 2016  ヨン・イサギレ
  • 2015 VICIOSO Ángel
  • 2014  アレハンドロ・バルベルデ
  • 2013    ŠPILAK Simon
  • 2012   MORENO Daniel
  • 2011   SÁNCHEZ Samuel

アレハンドロ・バルベルデは3度も優勝をしているが、今年の参加は残念ながらない。

 

スポンサーリンク

エステーリャ~エステーリャ 203.2km

コースプロフィール photo clubciclistaestella

 

スペインのナバーラ州のエステーリャでスタートする。アップダウンの連続で、1級山岳が2箇所。2級山岳が2箇所ある。

勾配自体は最大でも6%程度で距離も長くても4kmと、丘陵コースだ。

しかし、ゴール前には最大16%の厳しい登りがあり、パンチャー有利となるが、総合系のライダーがゴールを落とすことが多いレースでもある。

 

  1. スプリントポイント Puente la Reina
  2. スプリントポイント  Villatuerta
  3. スプリントポイント  Arroniz
  4. 2級山岳 Alto de Eraul
  5. スプリントポイント  Estella-Lizarra
  6. 1級山岳 Alto Guirguillano
  7. 2級山岳 Alto de Lezaun
  8. スプリントポイント   Estella-Lizarra
  9. 2級山岳 Alto de Eraul

 

注目されるライダーは

  •  Movistar Team エンリク・マス、ゴルカ・イサギレ
  •  Astana Qazaqstan Team セバスティアン・エナオ
  •  BORA – hansgrohe アレクサンドル・ウラソフ、エマヌエル・ブッフマン
  •  Bahrain – Victorious 新城幸也、ペリョ・ビルバオ、ジーノ・マーダー、ルイスレオン・サンチェス
  •  Cofidis ヘスス・エラダ、ヨン・イサギレ
  •  AG2R Citroën Team オレリアン・パレンパントル
  •  Israel – Premier Tech サイモン・クラーク
  •  UAE Team Emirates ジョアン・アルメイダ、ラファエル・マイカ、ダヴィデ・フォルモロ、マルク・ヒルシ
  •  Trek – Segafredo ジャンルーカ・ブランビッラ
  •  Team Arkéa Samsic ワレン・バルギル

 

9人の逃げ

最初に6人が逃げていて、後続から3人がジョイン。9人の逃げとなっている。前日に雪が降っており、とても寒く皆厚着。

  1. ポール・ラペイラ (AG2R Citroën Team)
  2. オスカル・カペド(Burgos-BH)
  3. スティーブン・バセット(Human Powered Health)
  4. ジョン・バレンテクスア(Caja Rural – Seguros RGA)
  5. イバン・コボ (Equipo Kern Pharma)
  6. アレックス・マーティン(EOLO-Kometa)
  7.  ミケル・ビスカラ (Euskaltel – Euskadi)
  8.  ラファエル・レイス (Glassdrive Q8 Anicolor)

 

集団はMovistar Teamが引いている。沿道には雪が残っている。

 

残り76.9kmでタイム差は3分19秒。あまり変わっていない。

 

集団は、Movistar Teamが引く展開に変わりない。まだ、タイム差を詰めようという感じも全くない。

 

逃げグループの、ジョン・バレンテクスア(Caja Rural – Seguros RGA)が服をサボートカーに渡していたら、落車してしまう。

すぐに追いついたけど、2022ブエルタ・ア・アンダルシアで山岳賞を獲得した選手なのにバランスを崩すとは~。

 

UAE Team Emiratesのダヴィデ・フォルモロは寒いのだろう。黒いウインドブレーカーを着こんだ。

 

ここは山岳ポイントではないけど、先頭は16%の勾配を登る。ここはゴールに向かう登り。

 

先頭は一度、ゴールラインを通過する。

 

残り56.7kmでタイム差は1分42秒と少しずつ縮まる。

 

集団はUAE Team Emiratesも先頭交代にメンバーを送る。

 

先頭から、Euskaltel – Euskadiのミケル・ビスカラがアタックをかけている。だが、しばらくすると後続に捕まる。

 

雪がドンドン降ってきた。これは寒い。

 

先頭は残り20.8kmで集団に飲み込まれた。

 

手前の登りで抜け出た、ダヴィデ・フォルモロがマルク・ソレルと共にゴールラインを通過。

 

二人は、Bahrain Victoriousのペリョ・ビルバオなどに追いつかれる。

 

Euskaltel – Euskadiのライダーがアタック。

 

これにAstana Qazaqstan Teamのハビエル・ロモ がジョイン。

  1. AZPARREN Xabier Mikel (Euskaltel – Euskadi)
  2. ハビエル・ロモ (Astana Qazaqstan Team)

二人の逃げはあまり続かない。

 

今度は、アレクサンドル・ウロソフが登りを引き、強力なメンバーが抜け出す。

 

6人が抜け出した。

  1. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  2. ルイスレオン・サンチェス  Bahrain Victorious
  3. ペリョ・ビルバオ Bahrain Victorious
  4. ゴルカ・イサギレ Movistar Team
  5. ヴィクトル・ラフェ Cofidis
  6. ジェフェルソン・セペダエルナンデス Caja Rural – Seguros RGA

 

残り12.2kmだが逃げ切るのは難しいかも。

 

残り8.8kmで8秒差とわずかなリード。

 

残り6.2kmで15秒とタイム差を開く。

 

だが、残り3.1kmで集団が凄い勢いで追いつめてくる。道路幅が広いので集団有利だ。

 

先頭は残り2.4kmで集団に飲み込まれてしまう。

 

それでも、ヴィクトル・ラフェは先頭で最後の登りを上がり始める。

 

ここで、UAE Team Emiratesのマルク・ヒルシが先頭に立った。

 

マルク・ヒルシをかわして、今度はTotalEnergiesのピエール・ラトゥールがアタックだ。

 

ビエール・ラトゥールとマルク・ヒルシが激しく争う。

 

最大16%となる勾配でマルク・ヒルシがペースをあげまくる。

 

マルク・ヒルシとピエール・ラトゥールが抜け出した。

 

残り1.6kmでピエール・ラトゥールが再度、トップに立つ。

 

ビエール・ラトゥール先頭でゴールに向かってくだる。二人のマッチ勝負となるか?

 

おっと、モーターバイクが近いぞ。

 

後ろから、アレクサンドル・ウラソフも追いついてきた。

 

ビエール・ラトゥールとマルク・ヒルシは完全に追いつかれる。

 

ここから、AG2R Citroën Teamのクレマン・シャンプッサンが先頭に立ちスビードをあげる。

 

なんと、モーターバイクにぶつかりそうになり声をあげる。

 

これは、まさかのスプリントとなりそうだ。

 

先頭からTotalEnergiesのアレクシー・ヴィエルモがスプリント開始。

 

これは誰が勝つのか?

 

 

アレクシー・ヴィエルモが後ろをみた瞬間に後ろから伸びてきたのは。

 

なんと、Team Arkéa Samsicのワレン・バルギルだ~!

 

見ていた時には、左側でスプリントしていたアレクサンドル・ウラソフが勝ったと思ったのだけど、右側でスプリントしたワレン・バルギルが速かった!

ワレン・バルギルは完全なるクライマーかと思っていたけど、スプリントが速かったとは~。

バルギルはティレーノ・アドリアテッコ第5ステージの勝利に続いて、今シーズン2勝目となった。

 

こんなスプリントで決着がつくとは思ってもみなかった。

 

スポンサーリンク

リザルト

ワレン・バルギルのコメント

タイトなスプリントだった。私は遅れていたが、スピードはあった。

父がいつも言っていたように、スプリンターは常にスプリントする必要がある。私はクライマースプリンターなので、いつもいくつか残っている。

とても幸せで、チームはとてもうまくやっている。自分自身を救うためにパックにとどまった。あまり勝てないけど、今シーズン2回目の優勝は嬉しいね。

 

RnkRiderTeamUCITime
1
 BARGUIL Warren
Team Arkéa Samsic2004:57:49
2
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe150,,
3
 CLARKE Simon
Israel – Premier Tech125,,
4
 VUILLERMOZ Alexis
TotalEnergies100,,
5
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team85,,
6
 LATOUR Pierre
TotalEnergies70,,
7
 IZAGIRRE Ion
Cofidis60,,
8
 HIRSCHI Marc
UAE Team Emirates50,,
9
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team40,,
10
 IZAGIRRE Gorka
Movistar Team35,,
11
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious300:03
12
 CRAS Steff
Lotto Soudal25,,
13
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA200:06
14
 VAN GILS Maxim
Lotto Soudal15,,
15
 ZAMBANINI Edoardo
Bahrain – Victorious100:11
16
 ADRIÀ Roger
Equipo Kern Pharma50:14
17
 DE BOD Stefan
Astana Qazaqstan Team50:18
18
 PARET-PEINTRE Aurélien
AG2R Citroën Team50:20
19
 LASTRA Jonathan
Caja Rural – Seguros RGA5,,
20
 ARRIETA Igor
Equipo Kern Pharma50:25

新城幸也は3分54秒遅れの85位でゴール。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました