ロードバイクの情報を発信しています!

ローハン・デニスがチームイネオスにサイン!

https://www.teamineos.com/article/rohan-dennis-joins-team-ineos海外情報
Photo teamineos.
この記事は約4分で読めます。

ローハン・デニスのチームイネオスへの移籍発表がようやくあった。

デニスは、謎と議論の雲の中でツール・ド・フランスを辞めた 2か月後の9月13日の時点で、フリーエージェントとなっていた。

シーズン半ばの動きの可能性を最初に調査した後、デニスと彼のエージェントであるアンドリュー・マックエイドは、 2020年に新しいチームを見つけることに着手した。

 

スポンサーリンク

チームイネオスとは2年契約

ローハン・デニスのビデオもちゃんと用意されていた。バイクから装備まで全てだ。

Rohan Dennis: The first interview

デニスは今週、マヨルカ島での12月のトレーニングキャンプで初めてチームメイトに加わり、新年にはオーストラリアのホームロードでチームイネオスカラーでデビューする予定となっている。

オーストラリアでのレースは、特に私のレースを見ることのない家族にとっては特別です。したがって、彼らの前でチームイネオスで初めてレースをすることは特別なことです。

 

デニスはトラックで競技を始めた後、2013年にガーミンシャープでプロのロードキャリアを開始。

彼はTour of Alberta (2.1)とAmgen Tour of California (2.HC)のステージで優勝したが、契約を破ってパートナーシップが不調和に終わったシーズン中旬に2014年にBMCレーシングに移籍。

デニスは、BMCでの最初のフルシーズンで、ツアーダウンアンダー、アメリカプロチャレンジ、ツール・ド・フランスでの初日のタイムトライアル優勝、そして世界選手権でのチームタイムトライアルで優勝したチームの一員となった。

2016年と2017年は成功した年だったが、世界選手権やオリンピックなどの主要なイベントでは物事がうまくいかなかった。

しかし、2018年イタリアのジロでマリアローザを獲得。スペインのブエルタで2つのタイムトライアルを獲得した後、彼は初めて世界選手権個人TTタイトルを獲得。

BMCレーシングが消滅し、最終的にCCCチームになったとき、デニスはバーレーン・メリダと契約した。

デニスは、新しいチームで落ち着いたスタートライフを持​​っていたが、ツール・ド・スイスでステージ優勝と総合2位でスタート。

しかし、ツール・ド・フランスのタイムトライアルステージの前夜のステージ12の途中でバイクから降りたとき、物事はすぐに取り返しのつかないほどの損傷を受けることになった。

チームの誰もがデニスがレースを去った理由について説明しなかった。そして、バーレーン・メリダが起こったことの「調査」を発表したとき、ミステリーの感覚はさらに複雑になる。 

後に、デニスが機器関連の多くの問題、特に彼のスキンスーツとタイムトライアルバーに関してチーム管理と衝突したことを明らかにした。

 

世界選手権の前夜まで、ライダーとチームから沈黙があった。

そこでは、デニスが黒塗りのBMCバイクに乗って再登場し、世界タイトルを獲得。結局のところ、彼はすでにフリーエージェントであり、彼の契約は9月13日に終了していた。

そのニュースは、男子ワールドロードレースの終了時にバーレーンメリダによって発表された。

デニスの2020年の計画は、東京オリンピックでのタイムトライアルを中心に展開する可能性がある。

署名はついに発表された。

これはプロに転向して以来、私の夢でした。

遠くから見て、私は常にチームの大ファンだった。初期の頃からずっとこのチームで走ることが私の目標だった。最終的にその夢を実現することは素晴らしい気持ちであり、大きな名誉だ。

私はすでにこのチームとのつながりを感じています。特にタイムトライアルにおいて、イノベーションを本当に信じているチームです。これは明らかに私が非常に情熱を注いでいるものです。

 ここでの時間の中で誇りを持ってチームの一員になれることを願っています。

とデニスはチーム・イネオスの発表で述べている。

ローハン・デニスは、このチームと相思相愛だった訳ですね。すでにチームバイクもスキンスーツも問題のタイムトライヤルバーもすでに3Dスキャンで彼専用のバーに仕上がっている。

これならば、何も問題はないでしょう。まずは彼の地元でのレースの走りに注目しておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました