ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリアン・アラフィリップはストラーデ・ビアンケのお気に入りはマチュー・ファンデルプールとワウト・ファンアールトだと言う

海外情報
Photo credit: Tambako the Jaguar on Visualhunt / CC BY-ND
この記事は約6分で読めます。

ストラーデ・ビアンケは急速にプロサイクリングで最も人気のあるレースの1つになりつつある。

トスカーナの白い砂利道でレースが行われるこのワンデイレースのイベントは、現在第15版になり、タフで楽しい1日のレースを定期的に開催している。

このレースでは、現在のクラシックの3大スターであるジュリアン・アラフィリップとワウト・ファンアールト、マチュー・ファンデルプールが今年初めて対戦する。

このレースで優勝していないのはマチュー・ファンデルプールのみ。コースには、金曜日の朝に雨が降っており、白い道ではなく少しだけ茶色の道となるかもしれない。

彼ら三人のコメントを見てみよう。

 

スポンサーリンク

ジュリアン・アラフィリップのお気に入り

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Deceuninck – Quick-Step Team(@deceuninck_quickstepteam)がシェアした投稿

 

土曜日には、ビッグ3が今シーズン初めてストラーデビアンケで対戦する。

ジュリアン・アラフィリップは、ストラーデ・ビアンケの最後の50キロを試走した。世界チャンピオンはグラベルレースへの愛情を隠すことはできない。

ここ数日、ファンデルプールのレースを見てきた。このレースはマチューにぴったりの美しいレースだ。

昨年見たように、ファンアールトは非常に力強く、彼の最初のレースであっても、彼は勝つことができる。私は、大きなモチベーションでスタートを切ることができてうれしい。私たちには強力なチームがあり、賢くなければならない。

 

アラフィリップはまた、2019年に優勝したレースへの愛情を表明した。

レースはモニュメントではないが、それに値するだろう。私にとって、それはカレンダーで最も美しいレースの1つだ。レースをする前はテレビで見ていた。こんなに激しいレースを終えて優勝できてとても嬉しかった。

ジュリアン・アラフィリップがライバルと見ているのはやはり、二人のシクロクロスチャンピオンとなる。

 

ジュリアンをアシストするのは、カスパー・アスグリーン、ゼネク・スティバル、ジョアン・アルメイダ、ダヴィデ・バッレリーニ、ピーター・セリー、ドリス・デヴェナインスと強力だ。

パンクで遅れても、引いてくれるライダーは多いのは心強い。

 

ワウト・ファンアールトは準備が出来ている

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Jumbo-Visma cycling(@jumbovisma_road)がシェアした投稿

 

ワウト・ファンアールトは今シーズンのロード初レース。シクロクロスで筋肉が増えて体重が2kg多かったが解消出来たようだ。

 

高度トレーニングがうまくできたと思う。良い感じ。特に先週の高度で、素晴らしい一歩を踏み出すことができた。私は準備ができていると思う。

アラフィリップとマチューは間違いなく注目しなければならない2人の男だが、このレースにはオープニングウィークエンドよりもはるかに強いライダーがいる。

これは私たちが長年見てきた中で最も強力な分野の1つなので、もっと多くの人に目を光らせておくのが賢明だと思っている。

おそらく1日のレースで最強のフィールドだろう。伝統的に、このレースには多くのクライマーがいる。今はフルサンやポガチャルが好きだ。とてもいいと思う。このレースがどれほど重要かを示している。

砂利道の状態は良く、去年の夏より少し良くなったと思う。少しスムーズ。その時はもっとたくさんの穴があった。

今もまだあるが、大丈夫だ。それが今のように乾いたままであるならば、それはまだ危険だ。今朝は少し雨が降った。ほこりがなくなるかどうかに少し依存する。

昨年の優勝者は間違いなく、主役の一人となるだろう。

 

マチュー・ファンデルプール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alpecin-Fenix(@alpecinfenix)がシェアした投稿

 

マチュー・ファンデルプールをアシストするのは、シクロクロスでも走れるライダーが揃っている。ただ、クールネ・ブリュッセル・クールネでシルヴァン・ディリエが鎖骨骨折したのは痛い。

貴重なライダーを欠いており、マチューを前半サボートするライダーが減っている。レース後半までチームメイトが生き残ることはとても厳しいだろう。

チームは、ル・サミンでマチュー・ファンデルプールのハンドルが破損したことを受けてCANYON Aeroadには乗らない。

マチュー・ファンデルプールの父、アンドリュー・ファンデルプールはExtra Time Koersのテレビ番組で、おそらく構造上の問題ではないと述べている。

クールネ・ブリュッセル・クールネでは、彼は同じハンドルで車にぶつかった。

そしてル・サミンで彼はひどい穴に入り、ハンドルバーが壊れた。それは構造的な問題ではないと思う。誰もがそのバイクに乗っているしね。

まあ、調査はして貰わないといけない。

ストラーデ・ビアンケでは、他の多くの有力ライダーが出場する。昨年中盤からアタックをかけたヤコブ・フルサン。

ツール覇者のタデイ・ポガチャルにエガン・ベルナルも出場する。2018年2位のロマン・バルデもレースデビューするし、イネオスからはトム・ピドコックも注目を集めている。

トレックのバウケ・モレマも好調だし、アルベルト・ベッティオル(EF Education – Nippo)にも注目したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました