ロードバイクの情報を発信しています!

ディラン・フルネーフェンの今シーズンの復帰はないかもしれない

海外情報
Image by freestocks-photos from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ツール・オブ・ポローニュでのクラッシュでファビオ・ヤコブセンが重傷を負い、他にも数名の選手が負傷した2日後、ディラン・フルネーフェンが初めて事件について詳しく語っている。

チームは、一方で、UCIがさらなる制裁を課すかどうかの判断を下すまでディランはレースから引き離されると声明を発表した。

 

非常に感情的なディランは、オランダの国営放送NOSのインタビューに答え、金曜日に放送されたインタビューの中で、彼の視点からスプリントについて説明した。

 

スプリントでは、最初にゴールラインを越えること以上のことは何も考えていない。頭の中にあるのはそれだけだ。誰かが来ているのを見て、自分のラインから外れてしまった。

すべてがとても速く、バリアが飛び交っていた。私がクラッシュして、床に落ちて、他の人がクラッシュした。それは騒乱だった。

涙を流して時折、彼の考えを収集するために停止した。

 

Photography by NOS

 

彼のチームメイトがファビオの周りに立っているのを見た。自分のしたことを反省している。タイムを折り返すのは簡単なことだが、スプリントだし、自分のラインを逸脱してミスをしてしまった。

スプリントは直線で走らなければならないのは明らかだ。自分の行動の結果がこのような結果になることを望んではいけない。今はファビオが早く回復することを願うしかない。

 

落車後、鎖骨骨折のために手術をうけたが、あの夜は眠れなかった。ファビオのことしか考えてなかった。家族とも話をしていない。

 

事故の後、Deceuninck-Quickstepのマネージャー、パトリック・ルフェーブルは怒りをあらわにしている。

ルフェーベルは、ソーシャルメディア上で怒りを表現した数多くの人々のうちの一人で、ディランの動きを犯罪行為と呼び、刑務所に行くべきだと提案し、ベルギー国営ラジオ2で殺人未遂とまで呼んでいる。

チームは現在、法的措置を検討している。

それは彼らの選択だ。今は誰もが非常に感情的になっている。私が故意にやったわけではないことは明らかだ。

ご理解の通り、私は今のところソーシャルメディアは見ていません。でも、ファビオに関するニュースはすべてフォローしています。

と語った。

 

チーム・ジャンボ・ビスマは金曜日に 声明を発表し、ディランの行動が間違っていたことを認めている。UCIの規律委員会が事件の調査を行うまで、彼をレースから遠ざける方針を出している。

 

彼は来年2月に父親になることを発表したばかりだが、来るべき多くの月のために自転車に触れないことを誓う。

スプリントを考えても、今はとても遠い存在だ。今後数ヶ月間はバイクに乗ることすら考えたくない。次はどうなるかな。ファビオが完全に回復して、将来的にはお互いにスプリントができることを願っている。

と語った。

ディラン・フルネーフェンの復帰については当分考えられそうもない。数カ月乗らない場合には自転車の再開も難しくなるのではないだろうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました