ロードバイクの情報を発信しています!

Groupama-FDJはコロナウイルスでレース出来ない状態に 撤退チームが増加中

海外情報
Photyo Groupama-FDJ
この記事は約5分で読めます。

UAEツアーでのコロナウイルス発生でホテルにくぎ付けにされている4チーム。

 

このチームのうち、Groupama-FDJは、UAEツアーでの最近の検疫期間のために人員不足になったため、Strade Bianche、GP Larciano [Industria&Artigianato]、およびTirreno-Adriaticoに参加できないと発表した。

チームは3月14日までホテルで待機することになっている。

多くのチームがレースに参加しないことを発表しているので現時点での撤退チームも合わせてまとめてみることに。

 

スポンサーリンク

Groupama-FDJ

UAEでライダーとスタッフも拘束されているので、どうしようもないようだ。

残念ながら、アラブ首長国連邦での検疫期間もあり、十分なライダーとスタッフが不足しているため、チームは参加できません。

と発表している。

チームはエリートのローラーが持ち込まれたので、室内トレーニングをしているようだ。
これは、コフィディスも同様。ようやく室内トレーニングが出来ている。

 

FDJのラモン・シンケルダムはツイートで色々と発信してくれている。

最新ツイートでは散髪したり、レースに出れないので誰かプレイステーションを送ってくれとかメッセージを発している。

 

Mitchelton-Scott 

ミッチェルトン・スコットも男女チーム共に3月23日のブエルタ・ア・カタルーニャまでレースしないことを決定。

 

CCC-Liv Team

CCCの女子チームはストラーデ・ビアンケの参加を見送り。

男子チームは、イタリアへは出発していない。その後のレース出場についてはまだ報告はない。

 

参加見送りチーム

これまでに参加見送りとなっているチームは以下の通り。

チームイネオス

 

 

Team Jumbo-Vismaと女性チームのParkhotel Valkenburg

 

 

EF Pro Cycling 

 

 

追記

アスタナ

アスタナは3月20日までレースをしないと発表。

 

イタリア政府は4月までスポーツイベントの自粛を発表している。すべてのスポーツイベントは30日間中断される。措置は4月3日まで有効になる。

インドアのスボーツや接触するスボーツイベントは全て禁止。自転車レースの場合には屋外なので禁止対象にはなっていないけれども。

近日中にストラーデ・ビアンケのレース開催の可否が報告されるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました