ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトはシクロクロスでマチュー・ファンデルプールとのライバル関係を復活させる

海外情報
Image by Alexander Lesnitsky from Pixabay
この記事は約5分で読めます。

ワウト・ファンアールトは今年大活躍したが、忘れてはいけない。昨年のツール・ド・フランスでの落車からの復帰をかけたシーズンだった。

ワウトは、2度の手術を乗り越えての完全復活を成し遂げた。シクロクロスでも復帰していたが、世界選手権は5位に終わっている。

ワウト・ファンアールトはロードでは完全復帰を果たしたが、シクロクロスでもマチュー・ファンデルプールとのライバル関係を復活させたいと考えているようだ。

 

スポンサーリンク

ワウト・ファンアールトの今年の成績

あまりにも見事だった、ワウト・ファンアールトの今年の成績を振り返ってみよう。

Wout van Aert
2020主な成績
  • Omloop Het Nieuwsblad Elite (1.UWT)11位
  • Strade Bianche (1.UWT) 優勝
  • Milano-Torino (1.Pro) 3位
  • Milano-Sanremo (1.UWT) 優勝
  • Critérium du Dauphiné (2.UWT)Stage1 優勝 ポイント賞獲得
  • National Championships Belgium – ITT (NC)優勝
  • Tour de France (2.UWT)Stage5・7 優勝
  • World Championships – ITT (WC) 2位
  • World Championships – Road Race (WC) 2位
  • Gent-Wevelgem in Flanders Fields (1.UWT) 8位
  • Ronde van Vlaanderen – Tour des Flandres (1.UWT)2位

 

初戦のオムロープ・ヘット・ニウスブラットこそ11位と沈んだが、ストラーデ・ビアンケで独走勝利。

 

 

ミラノ~サンレモではボッジオからの下りで、ジュリアン・アラフィリップに追いつきスプリントで勝利。これは素晴らしい勝利だった。

 

 

ツール・ド・フランスでは、ステージ2勝に山岳でもスーパーな働きを見せてくれる。特に先頭を引く時間が非常に長い。中級山岳であればゴール前まで先頭を引き続ける力を見せつけてくれた。

 

世界選手権では、TTとロード共に2位という結果に終わったが、ロードもマークされているからこその厳しい戦いをしいられている。

 

ヘント〜ウェヴェルヘムでは、マチュー・ファンデルプールと牽制しすぎてしまい、二人共先頭集団最後尾でゴールするという結果に。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wout van Aert(@woutvanaert)がシェアした投稿

 

そして、最終戦となったロンド・ファン・フラーンデレンでは、マチュー・ファンデルプールとの一騎打ち。この時にも、ワウト・ファンアールトは前半で落車しており、集団復帰で足を使っていた。

だが、マチュー・ファンデルプールに先行させての負けは、言い訳の出来ないゴールだ。

今シーズン、ロードではキャリアハイの成績を収めたワウト・ファンアールトはいよいよシクロクロスでマチュー・ファンデルプールと再び戦うことになる。

 

シクロクロスでの決意

 

10年来のシクロクロスのライバル関係の二人だが、最初はワウト・ファンアールトが3年連続シクロクロス世界王者としてマチュー・ファンデルプールに水をあけていた。

今では、2年連続してマチュー・ファンデルプールに王座を奪われてしまったけれど、今年はそのライバル関係を復活しようとしている。

 

これについてワウト・ファンアールトは

泥の中でマチューと対戦するのを絶対に楽しみにしている。シクロクロスでは、簡単なことではない。誰もが、マチューのバイクでの能力を知っている。

足の状態が良い彼に近づくのは難しいが、それは私が挑戦をあきらめるという意味ではない。

ここ数年は怪我やフォームが悪くてあまりシクロクロスで自分を発揮できていないが、それでも自分のベストを取り戻したいと思っている。

今年はロードシーズンから非常に良いスタートを切ったし、フィールドでの調子が悪くなるようなことは何もない。

1月の世界選手権では、マチューや他のライダーたちと再び競い合えるように、以前のレベルに戻ってベストを尽くしたいと思っている。

 

ワウト・ファンアールトとマチュー・ファンデルプールは、12月23日にX2Oトロフィーで最初の対決をすることになる。

復活したワウト・ファンアールトは、間違いなく異次元の走りを見せてくれるはずだ。今シーズンは、二人が他のライダーを寄せ付けない走りを見せるのではないかな。

世界選手権を楽しみにしておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました