ロードバイクの情報を発信しています!

2021年最高の軽量ロードバイクはどれだ?

機材情報
Photo credit: Len Radin on Visualhunt
この記事は約8分で読めます。

かつて、ロードサイクリストが新しい自転車を購入する際には、最高の軽量ロードバイクを見つけることが唯一の条件だった。

私もその一人だ。登りでは軽いに越したことはないと思っている。

逆に、空力を重視する現代のトレンドは、軽量バイクを一見時代錯誤のように思わせるかもしれないが、実際には、次のバイクに軽量バイクを検討すべき理由がいくつもある。

しかし、UCIが最低重量を6.8kgと定めたことで、重量を増やさずに空力特性と乗り心地を向上させるためのデザインが進歩し、最高の軽量バイクがより楽しく、より簡単に所有でき、平坦な場所でより速く走れるようになったのも事実。

エアロバイクは、乗り心地、フィット感、使いやすさを妥協して全速力を追求する必要があるが、軽量ロードバイクはロードサイクリングの万能選手になる傾向があり、開発はこれらの重要性に重点を置いている。

データによると、フラットで起伏のあるコースではエアロバイクが速いことがわかっている。だが、正直に言うと、本当に重要なのはやはり坂だ。平坦ばっかり走るのならば問題ないけど。

重要なStravaセグメントは、一般的に、平坦で起伏のある道路のセクションではなく、坂道であり、厳しい登りでは、軽量化が空力に勝る。

比較的最近の動きとしては、最高の軽量バイクにディスクブレーキが搭載されるようになった。重さの違いから、長い間リムブレーキが好まれてきたが、その差はかなり縮まっている。

油圧ディスクブレーキのパワー、一貫性、モジュレーションの向上を実感できるのは、フルガスでKOMを目指した後、心拍数が目盛りを超えて20%の坂を下ってきたときかもしれない。

また、ディスクブレーキは、特にコンディションが悪化したときに、より優れたブレーキ性能を発揮することがほぼ認められている。

 

スポンサーリンク

Cannondale SuperSix Evo Hi-Mod Dura-Ace Di2 Disc

Image credit: Cannondale

 

SuperSix EVOは、軽量で剛性が非常に高いことで有名で、クライミングに最適なロードバイクの1つと長い間考えられてきた。

リムブレーキバージョンでは、クライマーがパーツの軽量化をして使っていることが多い。

 

最新のSuperSix EVOは、トランケートされた翼型チューブ、洗練された統合コックピット、システム設計のホイールを備えた完全な設計のオーバーホールをもたらした。

SuperSix EVOは、優れたペダリング効率、軽量、非常にシャープなハンドリングを維持し、ドロップシートステーとなり快適性が向上。

油圧式ディスクブレーキによりブレーキ制御とタイヤクリアランスが向上している。

SuperSix EVOは、純粋なクライミングバイクよりも間違いなくオールラウンダーとなり、UCIの重量制限を数百グラム上回っているが、空力の向上により、急な上り坂ではこれが相殺される可能性がある。

 

Specialized S-Works Tarmac SL7

Witness the Tarmac SL7

 

スペシャライズドの大人気モデルTarmacの最新バージョンは、SL6の素晴らしい効率性とハンドリングを維持しつつ、スペシャライズドのエアロバイクVengeを消滅させるほどの空力的な影響力を持っている。

実際のところ、空力的な差は依然としてVengeが有利で、2.5Wの差がある。しかし、ハンドリング、加速、そしてもちろん重量など、すべての指標を加味した結果、スペシャライズドのコースプロファイルシミュレーションでは、Tarmacが勝利を収めた。

 

photo @gettysport

 

価格は高いが、その分多くのものを得られることは間違いない。

スペシャライズドはコンポーネントとホイールを独自に設計しているが、どの場合も専用コンポーネントブランドの製品に匹敵するか、それ以上のものになっている。

スペシャライズドのS-Works Powerクランク、カーボンレールのS-Works Powerサドル、S-Works Aerofly IIハンドルバー、CeramicSpeedベアリングを搭載したRoval Rapid CLX 60 Discカーボンホイール、スペシャライズドのTurbo Cottonタイヤがセットになっている。

 

Trek Emonda SLR

Trek Émonda

 

トレックが新型エモンダの空力特性を改善することに注力したのは驚くことではない。

トレックだけでなく、ジャイアント、スコット、スペシャライズド、フォーカスなどもこの路線を採用しており、平地を時速40kmで走っていなくても、空力は重要であるという事実に取り組んでいる。

新しいフレームでは、フォークレッグ、ダウンチューブ、シートチューブ、シートステーに切り落とされたエアロフォイルが採用されており、ブランドによれば、前モデルよりも183gの空気抵抗を削減していると言う。

興味深いことに、カットされていない一体型のシートマストは丸く、キャップも丸くなっており、トレックはこれがコンプライアンスの維持に役立つとしている。

 

photo Trik

 

183gの抗力は抽象的な数字だが、トレックは2018年型エモンダと2021年型エモンダを比較して、ライダーが350ワットで世界の様々な有名な登り坂を登る際にどれだけ時間を短縮できるかをモデル化した。

  • アルプ・デュエズでは15秒
  • アングリルでは11秒
  • ステルヴィオでは21秒
  • 台湾KOMチャレンジでは80秒
  • ウィランガ・ヒルでは4秒

の短縮となるという結果が出ている。新しいエモンダに乗るだけで速くなると言う訳だ。

旧モデルと比較して1時間走ると60秒速くなり、8%の勾配を1時間走行すると18秒速くなるという実験結果も出ている。

エモンダの最新版では、トレックはプロジェクト・ワン・プログラムのICON、KOM、Ultimateにいくつかの新しいカラースキームを追加している。

 

Canyon Ultimate CF SLX Disc 9.0

(Image credit: Canyon

 

CANYONのダイレクト販売によるコストパフォーマンスに異議を唱えることは困難だろう。

このモデルは809,000円とかなりの投資額になるが、2021年のアルティメットCF SLXシリーズや、アルティメットCF SLならば低価格で手に入れることができる。

女性用も用意されており、VCLSポストが同等の女性用バイクに含まれているなど、仕上げキットも男女で異なる。

CANYONは、女性用フレームセットは男性用よりも軽量で空気力学的に優れていると主張しているが、ETAPディスクバージョンの重量が7.07kg(女性用)と6.92kg(男性用)と主張しており、これと矛盾している。

デュラエースバージョンでは、ケーブルが見えるものの、統合されたコックピット、DT Swiss ARC 1100 DicutホイールとSchwalbe Pro One Evo 25mmタイヤ、そしてSelle Italia SLR Boost Superflow Kit Carbonioサドルが採用されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました