ロードバイクの情報を発信しています!

ツアー・オブ・アルプス第3ステージ またも逃げ切りだ~。逃げ切ったのは誰だ?

海外情報
Photo credit: Pixelteufel on VisualHunt
この記事は約9分で読めます。

第2ステージの山岳でサイモン・イエーツが1級山岳から独走し見事に総合首位に。

45秒差でパヴェル・シヴァコフをリードする展開となった。第3ステージは丘陵ステージなので、総合が大きく動くことはないだろう。

残念なお知らせは、Uno-X Pro Cycling Teamからコロナ陽性反応が出てチームが撤退したこと。

フレッシュ・ワロンヌではUAE-Team Emiratesのディエゴ・ウルッシが陽性反応で撤退しており、プロトンにもコロナは忍び寄っている。ワクチン打っているのにね。

 

スポンサーリンク

第3ステージ

第3ステージ photo tourofthealps.ec

 

コースマップを見ると、4か所の登りが見られるが分類されているのは2箇所だけ。

ただ、最初のPiller Sattelの登りでも748mからスタートして1,559mまで登らないといけない。下って次の山岳ポイントに登る前にスプリントポイントがある。

2番目の登りは、16.3kmあるが平均勾配は3.3%と緩やか。逃げにはピッタリかもしれない。分類されていない山岳を越えると、最後に小さな3級山岳がある。

3級山岳は4kmで平均勾配5.6%なので、ここまで逃げていれば後は下るだけだ。

 

14人の逃げ

photo Tiz-cyclingストリーミング 以下同様

 

スタートからアタックの応酬。

残り127kmで切った逃げには、第1ステージで逃げ切り勝利したジャンニ・モスコンも含まれている。

  1. アントニオ・ニバリ (Trek – Segafredo)
  2. ジャンニ・モスコン (INEOS Grenadiers)
  3. マッテオ・ファッブロ (BORA – hansgrohe)
  4. フェリックス・グロクチャートナー(BORA – hansgrohe)
  5. マイケル・ストーラー(Team DSM)
  6. ハーマン・ペーンシュタイー (Bahrain – Victorious)
  7. トニー・ギャロパン (AG2R Citroën Team)
  8. PINOT Thibaut (Groupama – FDJ)
  9. TEJADA Harold (Astana – Premier Tech)
  10. VAN GARDEREN Tejay (EF Education – Nippo)
  11. DE MARCHI Alessandro (Israel Start-Up Nation)
  12. IDARD François (AG2R Citroën Team)
  13. AVASI Edward (EOLO-Kometa)
  14. CHRISTIAN Mark (EOLO-Kometa)

 

ジャンニ・モスコンが先頭で残り2つ目の山岳を越えていく。タイム差は2分8秒。メンバーは少し変わっており現在12名となっている。

 

12名となった先頭集団は、すでに下っている。残り45.4kmで1分50秒のタイム差。この人数ならば、逃げ切れそうな感じだが、どうだろう。

 

下りで結構タイム差を縮められてしまった。残り32.3kmで1分15秒ほど。これは厳しい。

 

下りでパヴェル・シヴァコフが落車してしまう。これは痛い。かなり擦過傷と打撲があるようだがなんとか集団には復帰。

 

集団は、サイモン・イエーツのためにTeam BikeExchangeがラスト37kmから引いている。

 

最後の3級山岳で先頭集団が動き始めた。ハーマン・ペーンシュタイー (Bahrain – Victorious)がアタックだ。これにジャンニ・モスコンが飛びつく。

 

ジャンニ・モスコンがアタックだ。

 

これに、マッテオ・ファッブロ (BORA – hansgrohe)だろうか。おついてきた。

 

後方から二人が追いつき4人となる。

  1. マッテオ・ファッブロ (BORA – hansgrohe)
  2. フェリックス・グロクチャートナー(BORA – hansgrohe)
  3. ジャンニ・モスコンi (INEOS Grenadiers)
  4. マイケル・ストーラー(Team DSM)

 

下りも快調に4人で先頭交代している。

 

メイン集団からは、ペッリョ・ビルバオ (Bahrain – Victorious)がアタックをかけている。これにAG2R Citroën Teamのフランソワ・ビダールがジョイン。

 

これはいい感じだ。残り7.2kmでメイン集団とは1分7秒のタイム差。完全に逃げっただろう。

 

ちぎれた第2集団から前は見えている。15秒のタイム差だ。

 

だめだ~、後ろは上手く回らない。ルイスレオン・サンチェスもいらだっている。だが、ここにペッリョ・ビルバオとフランソワ・ビダールが追いついてきた。

 

後方から、ルイスレオン・サンチェスが先頭で追い込んできた。ジャンニ・モスコンはラスト300mからロングスパートだ。

 

フェリックス・グロクチャートナー(BORA – hansgrohe)が追い込んできた~。

勝ったのはどっちだ~。

 

おーっ、ラインを先に踏んでいるのはジャンニ・モスコンだ~。

なんと、ジャンニ・モスコンは第1ステージに続いて2度目の逃げ切り勝利となった。これは凄いことだ。手首骨折からの復帰ステージで2度も逃げ切り勝利するとは素晴らしい。

ジャンニ・モスコンは総合15位までジャンプアップ。タイム差は2分12秒となったので、もう逃げさせては貰えないだろう。

走りはクラシック的だけど、強いモスコンが帰ってきたと言って良い。来シーズンは移籍となるかもしれないけれども、頑張っておくことは大切だ。

 

こちらはハイライト動画
Tour of the Alps – Stage 3 – Highlights

 

 

リザルト

第3ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 MOSCON GianniINEOS Grenadiers20304:04:25
2 GROßSCHARTNER FelixBORA – hansgrohe1018,,
3 STORER MichaelTeam DSM5120:01
4 FABBRO MatteoBORA – hansgrohe 7,,
5 DE MARCHI AlessandroIsrael Start-Up Nation 4,,
6 NIBALI AntonioTrek – Segafredo 3,,
7 BIDARD FrançoisAG2R Citroën Team 2,,
8 BILBAO PelloBahrain – Victorious 1,,
9 SÁNCHEZ Luis LeónAstana – Premier Tech  ,,
10 PERNSTEINER HermannBahrain – Victorious  0:13

新城幸也はメイン集団で帰ってきた。46秒遅れの66位でゴール。クリス・フルームは8分7秒遅れの91位。

パヴェル・シヴァコフは落車したけど、なんとか集団に復帰して無事に2位をキープ。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 YATES SimonTeam BikeExchange510:52:10
22 SIVAKOV PavelINEOS Grenadiers 0:45
310▲7 BILBAO PelloBahrain – Victorious 1:04
43▼1 MARTIN DanIsrael Start-Up Nation ,,
54▼1 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech 1:08
65▼1 CEPEDA Jefferson AlexanderAndroni Giocattoli – Sidermec ,,
76▼1 HINDLEY JaiTeam DSM 1:27
87▼1 CARTHY HughEF Education – Nippo ,,
99 GUERREIRO RubenEF Education – Nippo 1:52
108▼2 SCHULTZ NickTeam BikeExchange ,,

集団アタックをかけて第2集団に合流したペリョ・ビルバオが一気に3位に上がってきた。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1 DE MARCHI AlessandroIsrael Start-Up Nation15
21▼1 YATES SimonTeam BikeExchange10
34▲1 THOMPSON ReubenGroupama – FDJ10
43▼1 SIVAKOV PavelINEOS Grenadiers8
55 QUINTANA NairoTeam Arkéa Samsic6
66 DINA MártonEOLO-Kometa6
77 ENGELHARDT FelixTirol KTM Cycling Team5
88 CARTHY HughEF Education – Nippo4
9  MOSCON GianniINEOS Grenadiers4
109▼1 BAIS DavideEOLO-Kometa4

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 CEPEDA Jefferson AlexanderAndroni Giocattoli – Sidermec10:53:18
23▲1 OSORIO AlejandroCaja Rural – Seguros RGA1:51
34▲1 RIES MichelTrek – Segafredo2:13
46▲2 FETTER ErikEOLO-Kometa,,
55 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo,,
67▲1 LIPOWITZ FlorianTirol KTM Cycling Team2:38

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました