ロードバイクの情報を発信しています!

エリア・ヴィヴィアーニと逃げちゃあだめでしょ

海外情報
photo deceuninck twitter
この記事は約3分で読めます。

ヨーロッパ選手権男子エリートロードはイタリア代表のエリア・ヴィヴィアーニが3人の逃げからスプリントで勝利。

しかし、最後の3人になった時点で勝負は決まっていたような~。

ストリーミングで見ていたので、大事な部分だけ書いておきます。

最後にフルではないですがライブ動画があるので、詳しくはそちらで見るとわかりやすいです。

 

スポンサーリンク

コースはほぼフラット

photo uec

スタートして郊外の田園地帯を45km走り、最後は11.5kmの周回コースを11周。

コースマップの下に高低差のプロフィールがあるけれどもほぼフラット。

オランダの田園地帯の大周回は、横風分断で一気に集団が分裂。風車で有名なオランダは風が強過ぎ!

最後の小周回に入る前には、かなり人数を減らして到着。

そこから、イギリスのマッティオ・トレンティンが先頭に立って集団をフルイにかける。

 

最後の決定的な3人の逃げが出来たのは、ラスト25km。

下の動画では41分当たりの部分。前の小集団からアタックではなくてスルスルと間があいた感じ。

カーブを終えてパスカル・アンカーマンがボトルを受け取る。

後ろを見たら開いていたので踏み込んで三人になった。

逃げたのは

  • エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)
  • パスカル・アンカーマン(ドイツ)
  • イヴ・ランパールト(ベルギー)

ヴィヴィアーニとイヴ・ランバールトはDeceuninck – Quick Stepのチームメイト。

エリア・ヴィヴィアーニとパスカル・アンカーマンはスプリンターなので3人で逃げたのでは、イヴ・ランパールトに勝ち目なし。

 

3人は、順調にタイム差を広げていく。

 

エリア・ヴィヴィアーニも積極的に前をひく。

 

3人の逃げは強力で、後ろのノルウェーやオランダが一生懸命に走っても追いつかない!

 

このまま3人で行くと勝ち目のないイヴ・ランパールトは残り7kmで右からアタック!

(下の動画では1時間10分後半)

 

パスカル・アンカーマンはつけなかった。

 

パスカル・アンカーマンの足がないと見たエリア・ヴィヴィアーニがアタック!

 

見事にパスカル・アンカーマンを置き去りに~。

 

最後のゴールの部分はこちら。

イヴ・ランパールトがゴール手前500mから前に出されて万事休す。

まあ、世界最高峰のスプリンターと二人で勝負してもかないませんよね。

しかも、チームメイトで先輩だし~。

エリア・ヴィヴィアーニは、1週間前のPrudential RideLondon-Surrey Classic (1.UWT)に続いて2連勝!

 

3人となった時点で勝負が見えていた感じのレース。

オランダらしく風と石畳のあるコースでフラットコースにもかかわらず集団は分断。

ちなみに、イギリスチームのマーク・カヴェンディシュは2分21秒遅れの31位。

完走出来た選手が42人というサバイバルなレースでした。

 

こちらは男子ロードのLIVEフルバージョン
Elite Men’s Road Race LIVE | European Championships 2019 | GCN Racing

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました