ロードバイクの情報を発信しています!

南アフリカチャンピオンをTeam Qhubekaコンチネンタルのマーク・プリッツェンが獲得

海外情報
Photo by bert brrr on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

南アフリカ選手権ロードのチャンピオンになんと、Team Qhubekaコンチネンタルチームのマーク・プリッツェン(Marc Pritzen)が勝利した。

ワールドチームのTeam Qhubeka ASSOSの下部組織のライダーで21歳の若者だ。

 

スポンサーリンク

南アフリカ選手権ロード

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Qhubeka ASSOS(@qhubekaassos)がシェアした投稿

 

コースは178km。周回コースとなっていたが、マーク・プリッツェンは8秒差のソロでフニッシュラインを越えている。

2位はウィリー・スミット(Burgos-BH)。ロックダウン中にZwiftで1,000kmライドを達成していたライダーだ。

2019年はカチューシャ・アルペシンで走っており長距離が得意なライダーだ。

3位はTeam Qhubeka ASSOSのニコラス・ドラミニ。国立公園を走っていて、保全当局SANParksの職員に腕を折られた事件はひどかった。

 

彼らプロライダーを破ったのだから、マーク・プリッツェンは凄い。彼は、2日前に行われた南アフリカ選手権U23の個人タイムトライヤルでも優勝している。

今回の勝利で、プロチームへの昇格もあり得るかな。

こちらはユーザーがまとめてくれたハイライト

 

リザルト

RnkRiderTeamTime
1 PRITZEN Marc OliverTeam Qhubeka4:51:42
2SMIT WillieBurgos-BH0:08
3DLAMINI NicTeam Qhubeka ASSOS,,
4MAIN KentProTouch0:10
5BARRETT Travis ,,
6STEDMAN Travis 0:18
7BEERS Matthew ,,
8GIBBONS RyanUAE-Team Emirates0:22
9BENEKE CalvinProTouch,,
10WORSDALE Alexander 0:24

昨年優勝したライアン・ギボンズ(UAE-Team Emirates)は8位となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました