ロードバイクの情報を発信しています!

2023 パリ~ルーベは過去最速を記録 ワウト・ファンアールトはパンクしてもKOM獲得 その他小ネタ集

海外情報
Photo credit: DancingOnThePedals.net on Visualhunt
この記事は約9分で読めます。

まず、2023パリ~ルーベは、スタートからの追い風もあったために過去最速のペースを記録。

これまでの記録は、昨年ディラン・ファンバーレが記録した45.792km/h。これをマチュー・ファンデルプールが大幅に塗り替えている。

 

スポンサーリンク

過去最速を更新

 

今回のパリ~ルーベは記録が更新されるための条件も良かった。数日前には雨だったが、当日は晴れ。水たまりなども少ない状態。更に、前半から少しの追い風。

このため開始80kmまでアタック合戦が止まらない状態に。マチュー・ファンデルプールに言わせるとジュニアレースのように最初から最後まで走りまわっていたというほど。

 

では、今回のパリ~ルーベのスピードを過去と比べてみると

  1. 46.841 km/h :  2023年 マチュー・ファンデルプール(256.6km)
  2. 45.792km/h:2022年 ディラン・ファンバーレ(257.2 km)
  3. 45.204km/h:2017年 グレッグ・ファンアーヴェルマート(257 km)
  4. 45.129km/h :  1964年 ピーター・ホスト(265km)
  5. 44.190 km/h:2013年 ファビアン・カンチェラーラ(254.5 km)
  6. 43.566km/h:2016年 マシュー・ヘイマン(257.5 km)
  7. 43.547km/h:2018年 ペーター・サガン(257 km)
  8. 43.476km/h:2012年 トム・ボーネン(257.5 km)
  9. 43.476km/h:2015年 ジョン・デゲンコルブ(253.5 km)
  10. 43.406km/h:2008年 トム・ボーネン(259.5 km)
  11. 43,305km/h:1996年 ヨハン・ムセウ(262 km)
  12. 43.105km/h:1980年 フランチェスコ・モゼール(264 km)

 

昨年よりもアベレージが1km/h以上速いとは凄まじい。まず、平地は時速50km/h以上でずっと走っていたことになる。

この記録は、条件、バイクの性能によってさらに上がることも考えられる。次に抜くのは誰になるだろう。

 

ワウト・ファンアールトはパンクしてもKOMを獲得

 

セクター4のカルフール・ド・ラルブルでマチュー・ファンデルプールとジョン・デゲンコルプが接触したあとに、ワウト・ファンアールトはアタック。

 

このセクターのSTRAVAの距離は1.97km。

 

ワウト・ファンアールトのSTRAVAより

 

ワウト・ファンアールトは、2分50秒で駆け抜けている。ワウト・ファンアールトによると、セクターを抜ける前からパンクしていたというから、アタックしてすぐにパンクしていたのかもしれない。

パンクしなかったら、もっと記録は良かったはず。

ワウト・ファンアールトは、今回ゴールまでのKOMも獲得している。ただ、これよりもマチューのほうが速かったのだけど。

ちなみにマチュー・ファンデルプールは、今回Stravaの記録を公開していない。というか、1月途中から公開していないのは残念。

影のKOM獲得は、マチュー・ファンデルプールかも。

 

キャメロン・ワーフはハーフマラソンを追加

WURF Cameron strva

 

INEOS Grenadiersのトライアスリート、39歳のキャメロン・ワーフは22分44秒遅れの128位でゴール。

問題はその後で、キャメロン・ワーフはなんとハーフマラソンの距離を走っている!

なんという超人的な体力なんだろうか。しかも、とんでもないスピードで走っているから凄い。

 

キャメロン・ワーフのインスタグラムの投稿では

「パリ・ルーベでは、あなたはバットかボールかのどちらかです。今年の私は、まさに後者だった🥴。

私ができることは、集団の後方に座り、相手のチームカーの通過を阻止し、彼らのライダー🤷‍♂️🤣 を支援すること。

もっと深刻なのは、万が一ライダーがトラブルに見舞われた時に備えて、良いポジションにいることだ。残念ながら何人かの選手が転倒してしまったので、私は彼らを安全に集団に送り届けるために、いいポジションにいた。

ゴールした後は、不安もあったが、スニーカーを履いてハーフマラソンに参加することにした。

この日は、次のアイアンマン😁に向けて、脚に大きな疲れを感じながら走る絶好の機会だった。パリ・ルーベでどんな一日を過ごしたとしても、それは必ず思い出になるはずです🪨。」

信じられんほどの体力。さすがはアイアンマンだ。

 

ジョシュア・ターリングは19歳で出場の記録

 

INEOS Grenadiersのジョシュア・ターリングは19歳で出場。

1937年以来、地獄のクラシックに参加した最年少記録だった。

途中、彼は不運に見舞われ、序盤で一人になってしまった。結局、制限時間が過ぎてからのゴールとなったが、「それだけの価値はあった」と、ゴール後にEurosportに語っている。

「転倒して2回パンクして、パリ〜ルーベを走ったことになる。超クールだった。

ルーク・ロウと一緒に最初の数レーンをリードできたのは良かった。その後、転倒してしまったので、第一集団に戻るために追いかけなければならなかった。そのあとのストリップで、2回パンクしたんだ。

もし私が完走しなかったら、私のガールフレンドは満足していなかったでしょう。

ルーベの競輪場では、あんなに多くの観客を見たことがない。ここに来た甲斐があったよ。疲れたけど、今夜はまた眠れるね。」

今回のタイムアウトは26分18 秒。ジョシュア・ターリングは32分46秒遅れで、タイムオーバー。それでも走り切っている。

今回タイムアウトは3人。最終走者のBingoal  WBのカール・パトリック・ラウクは、サポートカーもなくなったので、観客から食料を貰って完走している。

 

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュは21番が優勝する?

 

マチュー・ファンデルプールは、背番号21。

実は、今年のモニュメントの勝利したライダーのゼッケンナンバーは全て21。

  • ミラノ~サンレモ マチュー・ファンデルプール ゼッケン21
  • ロンド・ファン・フラーンデレン タディ・ポガチャル ゼッケン21
  • パリ~ルーベ マチュー・ファンデルプール ゼッケン21

 

これは偶然?   前回優勝者がゼッケンナンバー1をつけるので、今年は連続して優勝したライダーはいなかったということになる。

偶然かもしれないけれど、次のモニュメントであるリエージュ〜バストーニュ〜リエージュはゼッケンナンバー21が優勝するかもしれない。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュは、4月23日開催。さて、ゼッケンナンバー21は誰になるでしょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました