ロードバイクの情報を発信しています!

ロットを襲う悲劇。フィリップ・ジルベールも骨折していた

海外情報
Photo by Jonatán Becerra on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ロット・スーダルはツール・ド・フランス初日から悲劇が繰り返されている。

まずはカレブ・ユアンとジョン・デゲンコルブがラスト65kmで落車してデゲンコルブは膝を痛めてゴールしたもののタイムアウト。

 

同じく落車したフィリップ・ジルベールは病院で検査を受けていた所、なんと膝の骨折が判明。第2ステージをスタートすることなく去ることが決定した。

 

スポンサーリンク

ツールでは2度目か

ロットのツイッターでは、ジョン・デゲンコルブとフィリップ・ジルベールが並んでベットにいる。

フィリップ・ジルベールはゴール後に病院に直行。長い検査の後に膝蓋骨骨折が判明してしまう。

ジルベールによると、先頭から20番手付近を走っていて落車に巻き込まれた。

 

すぐに起きたかったのだが、それは不可能だった。

クラッシュバリアに数分間座った後、私は一人で立ち去った。ペダルに力をかけることができなかった。

助けがなければ、完走できなかっただろう。痛みが多く、2018年に受けた痛みと似ている。

じん帯にも損傷があるかと思われたが変位のない骨折だそうだ。

フィリップ・ジルベールは2018年ツールでも第16ステージでトップを走りながら落車している。

 

丁度カサルデッリが落車して亡くなった場所でもある。

その時の膝の映像が上記記事の中にあるが、膝が2倍くらいに腫れあがっている。今回もそんな状態となれば今シーズンの復帰は難しい。

たとえ復帰出来てもクラシックが走れるとは思えない。

 

二人のドロップアウト

ロット・スーダルはツアー初日に2人のドロップアウトを受けてしまった。

 

ジルベールはため息をつきながら

私たちはどちらもスポーツと仕事をとても愛している。私たちは同じ闘志と同じ価値観を持っている。

私はジョンがしたことに対して多くの敬意を持っている。重大な衝突の後、彼は一人で65 km走り切り、制限時間の2分前に到着した。

彼はフルガスで走ったが、陪審員からの尊敬は得られなかった。

彼らができることは少なくとも、結果に彼を含めることだ。これは受け入れがたい。

今回のような非常にウェットで滑りやすい路面の場合、カーブなどでは何倍も気を使ってゆっくりと走らないといけない。

普通の状態ならば、問題なく走れただろうけど。もう少し選手よりの裁定があっても良いと思うのは誰しもだろう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました