ロードバイクの情報を発信しています!

2022 リエージュ〜バストーニュ〜リエージ ジュリアン・アラフィリップのケガの様子 早期復帰は難しい

海外情報
Photo by Federica Galli on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、天国と地獄が一緒にやってきたような感じだろう。

まず、レコム・エヴェネプールは残り29,2kmからのアタックを決めて逃げ切り勝利。これは歴史的な勝利といってもよいほどのビッグニュース。

しかし、ジュリアン・アラフィリップは残り60kmでの落車でリタイヤ。チームはジュリアンとイラン・ファンワイルダーを失っている。

二人の医療アップデートがチームから報告されている。

 

スポンサーリンク

ジュリアン・アラフィリップは重症

 

この落車では約25人が巻き込まれており、有力ライダーも12人含まれる非常に大きな事故だった。

下りであり、時速60km/h出ている。

  • ジュリアン・アラフィリップは肩甲骨の骨折、2本の肋骨の骨折、肺の虚脱
  • イラン・ファンワイルダーは、顎の骨折

 

ロマン・バルデが助けに降りている様子もみられる

 

落車の様子をロマン・バルデが語っている。

悪夢だった。トム・ピドコックとTotalEnergiesのライダーが目の前で転倒し、僕も右側から転倒してしまった。でも、大丈夫でしたよ。見回すと、5、6メートル下にジュリアンがいた。

とてもひどい状態だったので、精神的なショックは大きかった。誰も来てくれないし、本当に助けが必要だったんだ。動けないし、息もできないし、本当に緊急事態だったんだ。

ジュリアンは意識はあったが、本当に話すことができなかった。だから、無事でいてほしい。整備士が来て、医者が来たが、道路は完全にふさがっていた。

多くのライダーが不調だったが、誰もジュリアンを見ていない。道路からも見えなかったんですね。あの後、本当にショックでした。私にとってのレースは終わった。特に怪我がないのが嬉しいだけだ。

自転車競技では、すべてが急速に変化する。でも、あのクラッシュの後は、僕にとってあまり意味のないレースになってしまった。

ウィリアム・ボネが参加した2015年のツール・ド・フランスでの大転倒を思い出した。あの事故でも多くのライダーが巻き込まれ、最悪の状況だった。

 

 

ロマン・バルデは、間違いなく集団に復帰出来ていたはず。だけど、ジュリアン・アラフィリップのためにいち早く、崖下に降りている。バルデの行動は称賛されるべきだ。

 

ジュリアン・アラフィリップとイラン・ファンワイルダーは、当分復帰出来そうもない。二人共状態は安定しているということだけど、今は見守るしかない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました