ロードバイクの情報を発信しています!

万歳ゴールの典型例 ジュリアン・アラフィリップの後継者は続くのか?

海外情報
Photo credit: PeterThoeny on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

自転車のゴールシーンで、万歳をするのはライダーの通常の反応だ。

嬉しいから、ついガッツポーズや万歳ゴールをしてしまうのだけど、これで抜かれるライダーのなんと多いことか。

今回のはアマチュアレースでのことだけど、これが優勝者は他チームのライダーを2人も抜いてのゴールだから面白い。

 

スポンサーリンク

万歳ゴールのはずが~

問題のゴールシーンはこちら

 

フランスの小さなU23レース(Grand Prix de Saint-Symphorien-sur-Coise)で、EC Saint-Etienne-Loireのアルサックとメルは勝利への道を歩んでいた。

しかし、フィニッシュの数メートル手前で起こったことは、二人には驚きだったに違いない。

EC Saint-Etienne-Loireのライダーたちは、テレビ中継を楽しみにしながら、腕を組んでフィニッシュラインを越えようとした。

しかし、19歳のフランス人ライダーのシモン・リュエは、猛烈な追い上げの末、この2人をゴール前で抜き去ってしまった。

後ろには、彼らのチームメイトも見える。完全にチームで勝っておきながら最後に抜かれるなんて~。

結構、観客は後ろから来てる、来てると騒いでいるんですけど、まあ気付かないものですね。フランス人にはジュリアン・アラフィリップの後継者が多いのかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました