ロードバイクの情報を発信しています!

バーレーン・ メリダのGMにはチームスカイのあの人が就任

海外情報
Photo by Todd Gardner on Unsplash

チームスカイ発足当初から、長年のコーチだったロット・エリングワース(Rod Ellingworth)が、この夏Team Ineosから脱退する。

すでに、チームのホームページからは彼の名前は消えている。

Team Ineosパフォーマンスディレクターのロット・エリングワースは、バーレーン・メリダに加入します。

ただ、彼の役割はあきらかなっていなかった。彼のチームでの驚きの役割とは。

 

スポンサーリンク

バーレーン・メリダは強くなるか

https://www.cyclingweekly.com/news/rod-ellingworth-set-become-bahrain-merida-team-principal-422805

現在、バーレーン・メリダのゼネラルマネージャーはブレント・コープランド(Brent Copeland)が率いている。このGMの役割をロット・エリングワースが引き継ぐようです。

コープランドは、チームにおける役割を継続的に縮小する予定です。

ロット・エリングワースは現在チームIneosからガーデニング休暇を貰っており、正式に夏にチームを去ります。

チームイネオスになって、スポーツスタッフは変わりませんでした。しかし、GM デイブ・ブレイルスフォードの右腕であったロット・エリングワースが抜けるのは、チームにとって大きな損失です。

ロット・エリングワースは、カベンデッシュを育てたことでも有名で、カベンデッシュもロットに多くのことを学んだと言っています。

 

http://www.cyclingnews.com/news/ellingworth-its-right-to-have-an-inquiry-but-world-class-sutton-will-be-greatly-missed/

ロット・エリングワース(Rod Ellingworth)

ロット・エリングワースは今後、世界の舞台で彼の元ボスと直接対決するでしょう。

バーレーン – メリダでは、チームイネオスのように、かなりの財政的支援を受けています。

チームはバーレーン国によって所有されいます。

そしてF1でも有名なイギリスの自動車メーカー、McLarenがバーレーン・メリダのスポンサーになる予定。

チームに近い情報筋の1人は、F1レベルの分析をサイクリングに適用する計画があり、チームとして

IneosのDarth Vaderに対するHan Solo

という野望があると述べた。

まあ、全面対決してやる覚悟なんでしょうね。

 

 

バーレーン – メリダ氏はコメントを控えたが、マクラーレンのプロサイクリング担当マネージングディレクター、ジョン・アラート氏は、次のように述べている。

「チームランキングでは、現在12位かそこらです。 他のチームを見ると良いライダーが沢山いる。

我々は層を厚くするために良いライダーを必要としています。」

バーレーン・メリダの、今シーズン末の選手獲得が見ものです。

フルームは大きな打撃と発言

ロット・エリングワースがIneosから脱退することが発表されて間もなく、クリス・フルームはそれがチームにとって「大きな打撃」になるだろうと述べた。

「ロッドはチームスカイの始まる前から、私にとって大事な人でした。それは大きな打撃です。 突然、私たちはTeam IneosのRod Ellingworthを見逃すことになります。

私達は明らかに彼に全力を尽くしたいと願っています、彼は将来新しいチームに豊富な知識と経験を加え続けるでしょう」

 

そして、チームは来年モビスターからミケル・ランダを迎えます。

総合をミケル・ランダ。タイムトライヤルでは世界チャンピオンのローハン・デニス。

ポッツォヴィーヴォや、カルーゾもおり、さらに来シーズンに向けて選手を獲得していけば大きな戦力となるでしょう。

そして、ゼネラルマネージャーにはロット・エリングワースが就任。選手を育てることに関しては彼の右に出る人はいないですから、相当な戦力アップとなることは間違いないです。

チームイネオスに真っ向から対抗して欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました