ロードバイクの情報を発信しています!

F1 のスペシャリストSwiss SideとTeam Skyがパートナーシップ

https://www.swissside.com/blogs/news/swiss-side-on-board-with-team-sky 海外情報

チームスカイは2019年シーズンに向けてスイスサイドと提携しました。

空力を専門とするSwiss Sideの高性能エンジニアリング専門家は、チームスカイの公式レース&空力シミュレーションパートナーになることに合意しました。

 

スポンサーリンク

Swiss Side

https://www.swissside.com/blogs/news/andreas-raelert-prolongs-contract-with-swiss-side

フォーミュラ1で50年以上の経験を持つ、スイスサイド 「パフォーマンスエンジニアリングのワンストップショップ」はスピードを最大化するためにサイクリングの世界に彼らの専門知識をもたらす空力のマーケットリーダーです。

この提携により、チームスカイはスイスサイドと密接に協力して、特にタイムトライアルレースに重点を置いて、レースに関するチームのパフォーマンス戦略を強化する予定。

 

パフォーマンス戦略は、装備の選択、環境条件、道路状況、景観、個人およびライダーのグループの生理学的能力など、レースに影響を与える可能性があるすべてを網羅しています。

 

https://www.swissside.com/blogs/news/swiss-side-aero-tip-drinking-straw

Swiss Sideのアプローチは、重要な道路でのパフォーマンスを定量化し、他の複数のデータソースと連携したCdA(エアロドラッグ)測定装置を使用して空力測定を行います。

そのデータを将来のすべての開発作業と同様に「仮想ピットウォール」レース戦略シミュレーションツールにフィードバックします。

Swiss Sideの開発プロセスとアプローチのユニークな部分は、ライダーと機器を最大限に活用するために、すべてのデータ入力をリンクさせることです。

 

https://www.swissside.com/blogs/news/swiss-side-on-board-with-team-sky

CdA測定装置

 

4アーム開発アプローチ

Swiss Sideは開発に注力し、パフォーマンスとスピードに最も大きな影響を与えると特定された領域を最適化します。これは空気力学によって支配されます。

これはSwiss Side 4アーム開発アプローチと呼ばれる方法です。

https://www.swissside.com/blogs/news/swiss-side-on-board-with-team-sky

4アーム開発プロセス

 

Team Skyのテクニカルオペレーション担当責任者であるCarsten Jeppesenは、次のように述べています。

「私たちのレース戦略を最大限に活用することが重要であり、「仮想ピットウォール」は、すべての時間ベースのレース環境で時間を稼ぐための最適な戦略を見つけるための最善の可能性を与えてくれます。
我々は、ライダー、機器の選択、そしてレースコンディションを最大限に引き出すために、スイスサイドと密接に協力することを楽しみにしています」

 

スイスサイドの共同創設者兼CEOのJean-Paul Ballardは、次のように述べています。

「私たちはチームスカイと強い相乗効果を共有します。

チームと同じように、スピードに熱狂的に夢中になっており、彼らのパフォーマンス戦略に向けて貢献し、それが重要なレースの日にタイムアップするのを手伝ってくれることをとても楽しみにしています」

 

これで、チームスカイのタイムトライヤルでのタイムはまた縮まりそうです。チームスカイが着用しているカステリのAero Race 6.0ジャージとAero Race 4.0のビブショーツも空気抵抗を削減しています。

これらもあわせて、総合的に更に突き詰めていくんでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました