ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタ最後の山岳決戦 今夜も波乱が巻き起こるのか?

海外情報
Photo lavuelta twitter
この記事は約4分で読めます。

第19ステージは、平坦ステージと思われたが波乱が巻き起こった。

スプリンターの争いとなると思われたステージで序盤の落車。モビスターが待たなかったことにより、多くのライダーから不満の声が。

 

この影響で追走が一時ゆるんだのが幸いしたのか、レミ・カヴァニャ(Deceuninck – Quick Step)が単独で逃げ切り。

これも、追いつかれると思ってましたが見事でした。さあ、最後の山岳ステージでも波乱が待っているんでしょうか?

 

スポンサーリンク

第20ステージ アレナス・デ・サンペドロ〜プラタフォルマ・デ・グレドス 190.4km

第20ステージ photo:Unipublic

 

ブエルタの最後の山岳ステージも190.4kmと長く厳しい。

ここまで、走ってきた選手には疲労がたまっているはずだ。レースリーダーのユンボ・ヴィズマだが、昨日のステージの落車でトニー・マルティンを失っている。

ステージ序盤にステファン・クライスヴァイクもリタイヤしており、アシストが少なくなり厳しい状態であることは間違いない。

最後まで、モビスターとアスタナの攻撃は終わらないはずだ。

 

1級山岳ペドロベルナルド

(全長18.4km/平均4.4%)

https://racecenter.lavuelta.es/#/stageprofile

 

スタートから40km地点にあらわれるペドロベルナルド峠は、わずかな下りしかない。

すぐに次の2級山岳と繋がっており、とても長い山岳となる。

勾配は、それほど厳しくないが、次の2級山岳とあわせると登坂距離は、27キロにもなる。

ここは、ユンボ・ヴィズマのアシストが引いてクリアーしそうだ。

 

  • 2級山岳  PUERTO DE SERRANILLOS(全長9km/平均4.8%)
  • 2級山岳  ALTO DE NAVATALGORDO(全長3km/平均7.2%)
  • 3級山岳 PUERTO DE CHÍA(全長3km/平均4%)

山岳ポイントだけみると、3か所しかないが実際には、山岳ポイントとなっていない峠が2箇所ある。

平坦のないコースは一度遅れると取り返す場所のない厳しいコースだ。最後に逃げを狙ってくるライダーもいるだろう。

 

1級山岳ペニャ・ネグラ

(登坂距離14.2km、平均勾配5.9%)

https://racecenter.lavuelta.es/#/stageprofile

今大会の最後の戦いとなる場所。

勾配こそきつくないが、登坂距離は14.2kmもあり最後のアタックがかかる場所だ。

フニッシュ地点は、3級山岳PLATAFORMA DE GREDOS(登坂距離9.4km・平均勾配3.8%)。

一応山頂フニッシュとなっているが勝負をかけるならば、ゴール手前30kmにある1級山岳でアタックをかけて逃げ切らないとタイムが稼げない。

最後まで、プリモッシュ・ログリッチはマイヨロホを守れるのか?  総合順位の顔ぶれは変わるのだろうか?

最後の決戦も見逃せない。

 

無料ストリーミングでも観戦可能

スカバーの契約してない方は、ストリーミングでどうぞ。

3サイト紹介しているので、どれかで見れます。

 

選手のゼッケンナンバーが分かれば、名前の確認も出来ます。

 

放送が始まる前は、ブエルタの公式サイトで、ライブチェックすると現在の位置とタイム差が出てます。

このLIVE情報、途中で見るのにも結構便利で良いです。

 

https://racecenter.lavuelta.es/#/stageprofile

 

ブエルタの公式ツイッターはこちら。

https://twitter.com/lavuelta/

 

私は、パソコン2台立ち上げて、ストリーミングとライブ情報を見ながらチェックしてます。

最後の決戦ですね!

 

第19ステージのハイライト。こちらは衝撃映像もあるので心臓の悪い方は閲覧注意です。
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました