ロードバイクの情報を発信しています!

別府史之の移籍チームはフランス! 来シーズンもヨーロッパで走る

海外情報
Photo TeamDelko_MP_ twitter
この記事は約4分で読めます。

fumyこと別府史之のTrek-Segafredoからの契約解除は突然のことだった。

 

契約解除から一点、翌日にfumyの移籍先が発表。

移籍先は、フランスのプロコンチネンタルチームであるデルコ・マルセイユ・プロヴァンス(Delko Marseille Provence)。

 

スポンサーリンク

デルコ・マルセイユ・プロヴァンス

 

デルコ・マルセイユ・プロバンスは来年度、フランス2番目のUCI ProTeamとなることが予想されおり、パリ〜ニースやパリ〜ルーベといったUCI WorldTourカテゴリーのレースの出場権も獲得予定となっている。

すでに、日本選手の石上優大、岡篤志、中根英登も登録済みだ。

当然、fumyは最年長でチームに彼の経験を伝えていく役目を担うことになるだろう。

fumyは、アマチュア時代にこのチームの前身であるヴェロクラブ・ラポム・マルセイユで走っていた。

現在もチームマネージャーを務めているフレデリック・ロスタンとは旧知の仲で、今回の移籍について彼の尽力もあったのだろう。

 

fumyの思い

fumyが掲げているジャージは2002年のヴェロクラブ・ラポム・マルセイユで走っていた時のチームジャージ。

 

フミユキ、あなたは2020年にチームに参加しましたが、この選択の理由は何ですか?

私にとって新しい挑戦です。私のキャリアで新しい方向性を取り、別の次元を与える時でした。 変化、新しい目標が必要です…サイクリングへの情熱を維持するために本当に必要です。

 

 ワールドツアーで数年間過ごした後、2020年のシーズンにどのように投影しますか?

13年近くワールドツアーチームに参加しました。UCIカレンダーの最も美しいレース、クラシック、ステージレース、そしてビッグツアーに参加する機会がありました。

私の経験を若いランナーの利益に役立てたいと思います。それだけではありません。

私は東京での2020年のオリンピックに選ばれることを目指しています。しかし、そのためには36歳でも何も得られないので、私は自分自身を証明しなければなりません。

 

Photo TeamDelko_MP_ twiter

デルコ・マルセイユ・プロヴァンスの今シーズンのユニフォームは上の写真のような感じ。

 

 2002年、18歳のときにヴェロクラブ・ラポム・マルセイユに参加しましたが、このカムバックは何に影響を与えましたか?

私はおそらく15年後にマルセイユに戻る運命にありました…チームはフレデリック・ロスタンの動機のおかげで大きく進化しました。

同じモチベーションを共有していれば、すべてが達成可能です。「フレッド」は彼のライダーとスタッフを信じており、それが違いを生むだろう。

チームのために走り、繁栄したいです。 すべてが始まった出発点に戻ることができたことを誇りに思います!

 

fumyは再び、フランスの地で走ることになる。若い選手を導いて輝く走りを見せて欲しい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました